ランニング 初心者



天気のいい日なんかは思わず外に出てランニングしたくなりますよね。今回はそんなランニングについての記事を書いていこうと思います。


いきなりランニングを始めようと思っても、ウェアもシューズも一体どんなものにしたらいいのか、無い場合は買わなければいけなかったりと、なかなか準備に手間取ってしまうかもしれません。


ましてやどのくらいの時間やるべきなのか、距離はどのくらいに設定するべきか、考えなくてはなりません。

スポンサーリンク

ランニング初心者がめざす距離は?

基本的に初心者が考えるべきことは、明確な目標設定でしょう。


距離としては始めは1km以内が良いでしょう。最初からあまり長い距離を走ると、身体への負担も大きく、さらに怪我をしてしまっては元も子もありません。


最終的に長い距離走るとし、まずは少ない距離から徐々に走りこんで行きましょう。始めは以外と長く感じてしまうものです。慣れていったら距離を伸ばし、3kmほど走れるようになればよしと言えるでしょう。時間の経つのも忘れ、すらすらとできるようになれば、今後もさらに距離を伸ばしていくといいでしょう。


まずは少ない距離で様子を見ましょう!

ランニングの距離はどのように測定する?

ランニングの距離はやはり、自分にあった距離が望まれます。むやみやたらと走るのはあまり望まれません。それで身体に支障をきたしたとなっては元も子もありません。


測定の仕方としては、最近ではスマートフォンでもアプリがあり、自分がどのくらい走ったのかを記録してくれます。大変便利なものです。そしてその結果を見ながら、自分のペースを決めることができます。上手にアプリを活用してランニングをしましょう。


また自分の走るペースを知ることで、一体どのくらいの速さで、どれくらい時間をかければいいのかという関係を把握すれば、どのくらい進むのかという距離を知ることができます。

ランニングの距離を測定できるアプリについて

ランニングの距離を測定するアプリとして最も有名なものに、iPod に備わっている、nikeとの共同アプリがあります。


このアプリ、手軽に自分の走った距離を測ることができます。


そして音楽を流しながらできるというのも、このアプリの最大の特徴になります。


この他にもお父さんsoftbankのアプリは、万歩計と同じ要領で距離を測定することができます。

ランニングの距離とカロリー消費の関係は?

そこで1つ気になってくるのが、ランニングの距離とカロリー消費の関係です。この関係を知った上でのペース配分を行うことが大事です。


さてこの2つには一体どんな関係があるのでしょうか。


当然ランニングの距離が長くなれば、消費するカロリーも増えてきます。


しかし、その計算は簡単に行うことができます。



消費カロリー=体重×距離



この計算式を覚えておけば、一体どれだけカロリーを消費したか計算できるのです。


実に簡単でしょう。


基本的にランニングは脂肪を燃焼させエネルギーに変えることで体力を持続させます。


またそれは体重によっても変わってきます。長い距離を走るためにはたくさんの脂肪分を必要とし、それだけ蓄えている人が有利というわけです。

スポンサーリンク

ランニング初心者のおすすめペースは?

ランニングにおいてペースは欠かせない大事な要素ですよね。


早すぎても無理をして身体を壊してしまう恐れがあるし、遅すぎても、しっかり運動になっていなくなったりするので、やはり自分にあったペースでやることが大事です。慣れてきても決して無理はせずに途中で休憩を取るようにしましょう。焦らずゆっくりペースを上げていけばいいのです。


走りこみをするのとは違い、比較的長時間行ってもいいでしょう。そのため、日光への対策なども必要になってきます。

ぶっちゃけどのくらい走るのがおすすめ?

ランニングの距離は自分のペースに合わせて走るのがベストですが、目安としてどのくらい走ればいいのか知りたいですよね。


目安としては、まずは1kmほど走るのがいいでしょう。1kmという距離はけっこう長く感じられるかもしれません。


しかし個人差もありますが、意外と短いものです。意外とあっという間に走りきってしまうことができます。


慣れてきたら100m単位くらいで距離を伸ばしていくといいでしょう。


無理はせずゆっくりで大丈夫です。必ず途中で水分補給等をはさましょう。


また、ランニングアプリを使えば、自分の走った距離や消費したカロリーを見ながら、ペース配分をすることもできます。

ランニング初心者におすすめのシューズ・ウェアは?

ランニングする際お勧めなシューズと聞かれたら市販のシューズでいいものはたくさんあります。エアー機能のついたものなど、パフォーマンスを十分生かすことができるものばかりです。


しかし、やはり1番なのは自分の履きなれたシューズを履くことです。履きなれたシューズは、運動能力を上げるだけでなく、普段から履いているという安心感が、そのままパフォーマンスにつながってくるといすわけです。


ですから、自分にあったシューズを買うよりも、自分の履きなれたシューズを選ぶことが大切です。


それでも買わなければシューズが無いという場合は、通気性に特化したものがおすすめです。最近だと、シューズの底からの通気性がいいものも売られていて、さらに軽量化にも特化しているので、より動きやすく作られています。


ランニングにおすすめなウェアは、やはり汗を吸収しやすく、風通しの良いものが好まれます。


例えば、タンクトップなんかはものによっては、風通しが悪かったり、または日差しや直射日光を受けると、肌の傷む原因にもなるため、あまりお勧めはしません。


長時間の太陽の光から身を守るためには、覆う布も大きい方がいいでしょう。暑さを凌いで効果的に汗を流し、身体の調子を整えることができます。

まとめ

健康な身体を維持するためにも、ランニングはかかせない運動になります。定期的に汗をかいて水分補給をし、その繰り返しによって健康的な身体を手に入れましょう。


またその際は自分の能力を最大限に生かせるよう、また、パフォーマンス能力の向上のため、自分にあったシューズやウェアを選ぶことが大事になってきます。サイズや履きやすさ、動きやすさに着目し、より運動のしやすいスポーツグッズ選びをしましょう。


そして何より楽しく運動することが大事です。楽しく運動して、健康にもつながればやっていいと思うことでしょう。


またランニングはあくまでも自分のペースでやることが大事です。無理せずにきついときは休憩し、水分補給をこまめに行いながらやるといいでしょう。また自分のやる気を高めることも大事です。徐々に目標を上げ、達成を繰り返していけば、大きな自信につながることまちがいないでしょう。

関連記事

縄跳びの健康効果がすごい!?体幹は鍛えられる?消費カロリ-は?

水中ウォーキングの効果がすごい!消費カロリーや効果的な歩き方についても解説

太腿の肉離れにテーピングは効果的?原因と治し方について解説2

ふくらはぎを押すと痛いときに疑われる病気・対策について解説

ふくらはぎがだるいときの原因と効果的な治し方について解説

スポンサーリンク