ノーシンピュア 効能 副作用


藤田ニコルさん出演の可愛らしいコマーシャルで有名な、アラクスから販売しているノーシンピュア。


女性が購入しやすいピンクを基調としたパッケージで、買いやすさをサポートしています。


そこで今回は、そんなノーシンピュアについて効果や副作用を詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

ノーシンピュアはどんな薬でどんな成分?

ノーシンピュアは解熱鎮痛剤で、様々な痛みや解熱作用により辛い症状を和らげてくれる薬です。


主成分はイブプロフェンという、生理痛の元であるプロスタグランジンという痛み物資を抑える成分で出来ています。


これにイブプロフェンの働きを助けるだけでなく、鎮静作用で生理のイライラを鎮めるアリルイソプロピルアセチル尿素。


そして、同じくイブプロフェンの働きを助けて頭痛を緩和する無水カフェインが配合されています。


ノーシンピュアは小粒の錠剤で飲みやすく、周りがフィルムコーティングされているおかげで苦味が少ないことが特徴です。


ノーシンピュアは配合成分の相乗効果で、素早く痛みに効く薬なのです。

ノーシンピュアはどんな症状に効果的?

ノーシンピュアはパッケージから分かるように女性向けの鎮痛薬で、主に生理痛に効果を発揮します。


イブプロフェンが子宮に届きやすい鎮痛成分なので、これが主成分のノーシンピュアは生理痛が主な効能なのです。


もちろん他の頭痛や歯痛などの痛みにも効果はありますので、日常で感じるあらゆる痛みに対して使うことができます。


痛み出してきたなというタイミングで使うことで鎮痛能力を最大限発揮することができるので、早めに飲むことが大切です。


ひどく痛みが出てから飲むと、薬の効き目が弱くなってしまうことがあります。

スポンサーリンク

ノーシンピュアの副作用にはどんなものがある?

ノーシンピュアの主な副作用は吐き気や胃痛、食欲不振などの胃の不快感です。


これはどんな解熱鎮痛剤にも起こりうる副作用なので、防いでいくには空腹時に薬を飲まないことが重要です。


そして、稀にアナフィラキシーのような重篤な副作用が起こることがありますが、これは薬を長期連用していたり、用量を超える量を飲んだりしたときに起こりやすくなります。


正しい使い方で食後に痛いときだけ飲むようにすれば、重い副作用は滅多に起こることではありません。


ただ、何らかの解熱鎮痛剤でアレルギー反応が起こった経験がある場合には、医師に相談してから飲むようにしてくださいね。


わたしは昔抗生物質でアナフィラキシーを起こしたことがあるのですが、そのとき同時に解熱鎮痛剤のアレルギー検査もしてもらいました。


少しでも心配なことがあるときには、医師に相談してから服用することをオススメします。

ノーシンピュアを飲む際に気をつけることは?

ノーシンピュアは15歳以上から飲むことのできる解熱鎮痛剤です。


15歳未満の場合で生理痛があるときには、子どもでも飲める別の薬を服用するようにしてください。
※子どもでも飲める生理痛の薬はこちら→バファリンルナJの効果・効能と副作用について解説


また、頭痛薬は常用するような薬ではありません。


基本的に3日飲み続けて治らないようであれば、病院を受診して原因を探ってもらってください。


そして妊婦さんがノーシンピュアを飲む際には、必ずかかりつけの産婦人科に相談してから服用することにし、出産予定日12週以内の場合には服用を中止してください。


胎児に悪い影響が出る場合があります。


長期連用せずに、たまに飲む程度で用量用法を守っていれば多くの人が心配する鎮痛剤の依存症にはまずなりません。


多くても月に10日以内を目安として、飲み過ぎには注意するようにしましょう。

まとめ

女性のための生理痛に効く解熱鎮痛剤、ノーシンピュアについて効果や副作用をご紹介してきましたが、いかがでしたか?


ノーシンピュアは、生理痛をはじめとしてあらゆる痛みに素早く効いてくれる便利な薬です。


16錠入りは可愛いピルケースに入っているので、少しでも憂鬱な気持ちが治まってくれるアイテムです。


バッグの中に入れておいて、もしもの時には早めに飲むようにして辛い痛みを取り去りましょう!

スポンサーリンク