ナロンエース 副作用 効果



大正製薬から販売されているナロンエースは、榮倉奈々さん出演のコマーシャルが最近流れていることで知られています。


ただ実際に店頭で値段を見てみると、ちょっと他の一般的な頭痛薬に比べて高い気もするような…。


実は、ナロンエースは他の頭痛薬とは違った特徴がある薬だったのです。


そこで今回は、そんなナロンエースについて効果や副作用をご紹介していきます。

スポンサーリンク

ナロンエースはどんな薬?

ナロンエースは頭痛、生理痛や歯痛といった様々な痛みを抑えたり、熱を下げるために使われる解熱鎮痛剤です。


つい最近リニューアルしたばかりで、パッケージも可愛らしくなり手に取りやすくなりました。


ナロンエースの服用は症状の根本的な治療にはなりませんが、一時的に痛みや熱を下げることで苦痛を取り除くことができます。


昔に比べて錠剤も小さくなり、また丸みのあるデザインで飲みやすくなりました。


辛い頭痛でも比較的効果が強いことで知られており、弱い鎮痛剤が効かないときにナロンエースを飲むと効く、という場合も多いです。

ナロンエースはどんな症状に効果がある?

ナロンエースは主に頭痛や生理痛に効果を発揮します。


主成分がイブプロフェンなのですが、この成分が痛みのもとであるプロスタグランジンを抑えていきます。


さらにナロンエースの場合はそれだけではなく、同じく鎮痛成分のエテンザミドが中枢にて痛みが伝わらないようにブロックしてくれるのです。


痛みのもとと痛みの伝わりをダブルでブロックすることで、より鎮痛効果が高くなっています。


このふたつの主成分の働きを助けてより素早く痛みを取るために、ブロモバレリル尿素と無水カフェインが配合されています。


素早く痛みを取ってくれることがナロンエースの特徴で、もちろん熱を下げる効果も早く効き目が現れてきます。

スポンサーリンク

ナロンエースの副作用にはどんなものがある?

ナロンエースの副作用として一番に考えられるのは胃腸の症状です。


イブプロフェンがプロスタグランジンを抑制するときに胃酸を溶かしてしまう働きがあるので、空腹状態で飲むと胃が荒れる恐れがあります。


また皮膚のかゆみや発疹、稀ではありますが、ひどい症状としてはアナフィラキシーなどの命に関わる副作用のリスクもあります。


これには、あくまで痛いときにだけ単発で飲むようにして長期連用しないこと、そしてなるべく食後に飲むようにすることを心がけていきましょう。


副作用かなと感じたら、すぐにナロンエースを持って病院で医師に相談をしてください。

ナロンエースを飲む際に気をつけることは?

ナロンエースに関わらず他の解熱鎮痛剤でも言えることなのですが、用量用法を正しく守って飲むことが一番大切です。


症状を抑えるつもりで服用したのが、逆に体調不良を招いてしまうこともあります。


また服用は痛みが治まったらやめて、必要なときにだけ飲むようにしてダラダラ飲み続けないことも重要です。


そしてナロンエースは15歳以上にならないと服用できないタイプの薬のため、それまでは大人がしっかり誤飲を防ぐために管理をするようにしましょう。


妊娠中と授乳中は服用することが原則できませんが、特に出産予定日12週以内の臨月の妊婦さんは絶対に服用してはなりません。


胎盤を通して赤ちゃんに重大な悪影響が出ることがわかっています。

まとめ

痛みのもとを抑えて、さらにその痛みを伝わりにくくするダブルの成分が素早く痛みに効く解熱鎮痛剤、ナロンエースについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?


ナロンエースは効き目がとにかく早いことと、割と強めな頭痛でも効果が期待できるというところが魅力です。


副作用がなるべく起こらないように、ナロンエースを飲むときには必ず箱に入っている添付文書を読んでから服用するようにしてくださいね。


そして、妊婦さんや授乳中のお母さんは自己判断でナロンエースを飲むことはやめましょう。


正しく飲んで、痛みから解放されてスッキリした毎日を送っていきたいですね!

スポンサーリンク