間宮アロエ軟膏 ニキビ 効果

ニキビにお悩みではありませんか?


男女問わず、お肌の悩みは多種多様、皆さんが悩んでいます。


ニキビは治っても跡が残ったり、毛穴が開く原因になったり、将来的なお肌を左右する可能性がある厄介なものです。


だいたい10代からニキビは体験します。


小学高学年から始まります。


多感な時期に悩む子供も多いはずです。


ホルモンバランスの変化により起こりますが、顔にできる分みなさん、早く治そうと焦っていろいろなものにチャレンジします。


しかし、それが返って肌を悪化させることがあります。


ニキビは、時期が来ると落ち着く、もしくは治るものです。


わかっていても試したくなる気持ち、なかったことにしたくなる気持ちよくわかります。

スポンサーリンク

間宮アロエ軟膏はどんなお薬?

では、間宮アロエ軟膏のお話をします。


間宮アロエ軟膏は、水仕事によるぱっくり傷や乾燥時期に起こるしもやけ、あかぎれなどの皮膚トラブルを改善する効果があります。


日本には昔からあるアロエ。


その効果は万能と呼ばれ、家の軒先に皆さんがアロエを作っており、やけどや保湿に使っていました。


アロエには抗菌作用、消炎作用、保湿作用、血行促進作用などの働きがあります。


そのアロエ葉末を配合しているのが特徴です。


傷ができた皮膚は表面が削られた状態です。


その表皮の壊れた細胞を再生、修復する力が間宮アロエ軟膏にはあります。


ほかにも外部刺激から保護するワセリン、肌に潤いを与えるオリーブ油、蒸発を防ぐラノリンなどが配合されており、肌再生に勤めます。

スポンサーリンク

間宮アロエ軟膏はニキビにどのように効果的?

ニキビにこの間宮アロエ軟膏が効果があるという口コミがあります。


しもやけやあかぎれなど、傷や乾燥に対して改善効果がある間宮アロエ軟膏がどうニキビに効果があるのでしょうか?


実際にお試しした方の感想ですが、脂性のニキビの方はおすすめしないとのことです。


先に述べましたが、オリーブ油やワセリンなど保湿成分が配合されているので、脂っぽいお肌に塗るとべたべたが更に増して、お肌の呼吸がしにくい状態になることが考えられます。脂に油を足すことで、肌バランスを更に崩す可能性があります。


ただ、痛いニキビに間宮アロエ軟膏が効果があるという口コミが在ります。


痛いニキビとは?


ニキビを気になってつぶしてしまったときに赤くなったり、膨れたりするニキビです。


指先で押すと痛いニキビです。


その患部に間宮アロエ軟膏を塗って一晩ほど経つと炎症が治まり、痛みもひくそうです。


ニキビの症状にあわせて軟膏を使うことですね。


ただ、間宮アロエ軟膏自体にニキビに効果があるという記載はありません。


あくまでも個人差もあります。


本当に気になり、どうにか治したいとお考えならば、皮膚科などおすすめします。

間宮アロエ軟膏を塗るタイミングは?

ニキビ対策として先ほど、お話しましたが痛いニキビにおすすめします。


そのときの塗るタイミングは、やはり日中より寝る前など効果があります。


お肌は夜10時から夜中2時までに再生、生まれ変わるといわれています。


そのときに塗って寝ていれば日中紫外線を浴びたり、外気の刺激に触れたりする時間より効果が期待されます。


ただ、そのときは髪の毛や毛布などが顔にかからないようにしてお眠りください。


髪にも毛布にも細菌がいます。


間宮アロエ軟膏で保護されていても、炎症を起こしたニキビに細菌がついて化膿する可能性がありますのでお気をつけください。

スポンサーリンク

間宮アロエ軟膏を使用する際に気をつけることは?

まず、医師の受診をされている方、薬でアレルギーの出る方は専門医にご相談の上、ご使用ください。


塗って、皮膚が赤くなったり、かゆみが出たりしたときは直ちに使用をおやめください。


そして、塗る際は患部を清潔にし、手もきれいにしてから塗ってください。


雑菌が入ると化膿します。


またニキビにおいて普通の脂を伴うもの、お肌が乾燥している方のニキビには適さない可能性があります。


痛みや腫れがあるニキビにお試しください。


しかし、あくまでも傷やあかぎれのお薬です。


ニキビに適さない可能性はあります。


もちろん個人差もありますのでもし、ニキビがひどくなるようなら使用をおやめください。

まとめ

ニキビは若い人の勲章?!なんて言葉がありますが、そんな言葉ありがたくない?!方がほとんどです。


ニキビのないきれいなお肌の方をみるとうらやましくなりますね。


ドラッグストアーに「これでニキビがきれいになる」なんて言葉を見つけると試したくなりますね。


ニキビは、洗顔が大事です。


泡をたくさん立てて、その泡を顔に置くつもりでやさしく洗顔するのが大事です。


毎日丁寧にすることで徐々に改善されます。


まちろん、間宮アロエ軟膏のような家庭の常備薬で改善できれば更にいいですね。


ニキビはあせらず付き合っていくのが、ひどくならない、跡を残さないコツです。


間宮アロエ軟膏の他の効能についてはこちらの記事で紹介しています
間宮アロエ軟膏の痔への使用効果と注意点について解説

間宮アロエ軟膏のアトピーへの使用効果と注意点について解説

スポンサーリンク