ドルマイシン軟膏 ニキビ 効果




中高生のお肌の悩みで多いのは、やっぱり「ニキビ」でしょうか?


けれど、ニキビは思春期だけのものではなく、いわゆる大人ニキビ(20歳以上のニキビ)もあります。


このニキビができてしまうと、ついつい気になって触り過ぎて潰してしまったり、お手入れを間違えていると、次第にジクジクしてきて跡が残ったりと悩みを持つ人は多い事でしょう。


そんなトラブルになる前に、「ドルマイシン軟膏」を試してみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

ニキビのできる原因は?

思春期の頃の肌は、大人の肌と違って活発なホルモンの働きによって過剰に皮脂が分泌しやすくなっています。

その過剰に分泌された皮脂が毛穴をふさいでしまうことがニキビの主な原因なので、皮脂腺が多いTゾーン(おでこや鼻が中心)にニキビができやすいという特徴があります。

それに比べて大人ニキビは、肌の新陳代謝のリズムが崩れる事で、厚くなった角質層がうまくはがれずに、毛穴をふさいでしまうことが最も大きな原因だといいます。

年齢とともに肌の代謝は衰えていくので、大人ニキビができてしまうと、思春期頃と比べて跡として残りやすいやっかいな肌トラブルなのです。

ドルマイシン軟膏とは?

ドルマイシン軟膏は、化膿、靴擦れ、やけど、唇の乾燥など様々な皮膚トラブルに効く軟膏で、外用薬として常備されているご家庭もあるのではないでしょうか?


バシトラシンやコリスチン硫酸塩という2種類の抗生物質が含まれていて、これらがニキビの改善に効果を発揮してくれる成分です。


肌につけても刺激がほぼなく、さっぱりとした付け心地なので使用されている方は多いようですね。

スポンサーリンク

ドルマイシン軟膏はニキビに効果的?

ニキビの元となる菌を殺菌する2種類の抗生物質の効果によって、ニキビを根本的に絶つ働きをしてくれます。


またニキビの菌を殺菌する事によって、ニキビの炎症もおさまってきますので、ニキビ跡も残りにくく効果的と言えます。

ドルマイシン軟膏を塗る時に注意することは?

つける前には洗顔をするようにしましょう。


直接手にとってつけます。1日1~2回の使用をおすすめします。


ドルマイシン軟膏は抗生物質を使用しているので、合わない人は副作用が出る事もあります。


主な副作用は、発疹、赤み、かぶれ、かゆみなどですが、初めて使う時は肌が慣れないので多少刺激を感じる事もあるようですが、非ステロイド薬なので比較的刺激が少なく、副作用もでにくいとされています。また、比較的即効性が高いと言われており、ニキビ跡でも4週間程で効果が表れ出すようです。


しかし、人によっては肌に合わないという方もおられるかもしれませんので、効果が全く感じられない、副作用と思われる症状が出たときなどは、使用を中止して皮膚科を受診して相談するようにしましょう。

まとめ

肌の修復や再生は、寝ている間に分泌される成長ホルモンによって促されると言われています。寝る前には洗顔で肌を清潔にしておくことはとても大切ですね。


またニキビの原因には、ストレスや生活習慣の乱れも大きく影響するようです。


嫌なニキビができるのを防ぐためにも、食生活では偏った食事にならないようにタンパク質やビタミンをバランス良く摂り、規則正しい生活を心がけて、充分な睡眠時間も確保するようにしましょう。


特にニキビができやすい人は、スキンケアも大切です。


皮脂の分泌が多い事を気にするあまり、洗顔で皮脂を落とす事ばかり考える人が多いようですが、実は「保湿」する事の方が重要なのです。


洗顔した後のスキンケアは保湿までしっかりするようにしてくださいね。


紫外線も肌にダメージを与える原因になるので、紫外線対策もしっかりと注意しましょう。

関連記事

ドルマイシン軟膏のヘルペスへの効果と注意点について解説

ドルマイシン軟膏のやけどへの効果と注意点についての解説

ドルマイシン軟膏の効果・効能と副作用について解説

アットノンの効果・効能や効果的な使い方について解説

アットノンはほくろや色素沈着、ニキビ跡にも効き目があるか解説

間宮アロエ軟膏のニキビへの使用効果と注意点についての解説

スポンサーリンク