婦宝当帰膠 効果 副作用



女性は、人生においていろいろ経験をします。


生理が始まり、妊娠、出産、更年期、閉経、どれも体に負担がかかったり、体質が変わるくらい体の変化を経験するのです。


出産においてはホルモンが急激に変わるために、自律神経や情緒不安定になったりすることがあります。


更年期も体の変化が著しく変わるところで、多くの女性は悩み、体質の変化についていけない方は薬や漢方で体の調子を整えたりします。


この経験の中で、冷え性になったり、疲れやすくなったり肩こりや生理不順、急な発汗やのぼせ、立ちくらみなど起こります。


病気ではないけど、体がしんどいなぁとかやる気がおこらないなぁとかそんな体の不調におすすめなのが「婦宝当帰膠」です。

スポンサーリンク

婦宝当帰膠はどんな症状に効果的?

先ほど述べましたが、婦宝当帰膠は女性特有の悩みに改善効果があります。


女性はそのライフスタイルから忙しく体の負担も大きいです。


疲れても簡単に休めるものではないし、病気ではないけどしんどいなぁ、肩こりが激しいなぁなどさまざまな体の不調と共存しています。


婦宝当帰膠には血を補い、体を温め、血の巡りを良くするといわれている、せり科の生薬が配合されています。


3つのバランス、エネルギー、水、血がそろって体調は維持されます。


どれがかけても体調不良になります。


この3つを整えて、貧血、冷え性、生理痛、めまい、更年期障害などの悩みを改善させます。

婦宝当帰膠の飲み方は?

飲み方のポイントは、まず飲む前にビンをよく振ります。2~3回ふります。


付属のキャップで軽量してお湯で3~4倍程度薄めます。


付属のスプーンは真ん中が4ml、すりきりが10mlです。


飲むときはゆっくり飲んで効果を実感してください。


なお、管理としてはビンに雑菌がつかないようにきれいに拭く取りましょう。


夏は冷蔵庫に入れることをおすすめします。


なお15歳以上が服用できるお薬です。


飲み方は4mlを1日2回服用です。

スポンサーリンク

婦宝当帰膠には副作用がある?

気になる副作用ですが、個人差がありますが、人によっては胃もたれや便がゆるくなる方がいらっしゃいます。


胃腸が弱くて下痢になりやすい方、今までにお薬アレルギーを経験の方、医師の受診をされている方は医師へのご相談の上、服用をしましょう。


また、1ヵ月ほど服用しても効果・改善がみられない場合は服用をやめて婦人科などでご相談しましょう。

婦宝当帰膠は妊娠中も使える?

妊娠中も婦宝当帰膠は服用ができます。


産後も大丈夫です。


血の巡りを安定化することで妊娠中も産後も体調のホルモンの変化にたいして体の変化に対応してくれます。


ネットの情報ですが、中には流産防止とのことで飲む方もいらっしゃいます。


ただ、それはなんともいえません。


体調に合わせて必要なら飲んでください。

スポンサーリンク

婦宝当帰膠は不妊治療にも使える?

不妊治療に効果があるかはわかりません。


しかし、血の巡りが改善することで子宮や卵巣のまわりの血の巡りもよくなり、生理を安定的にしたり、子宮の周りを冷えから守ることで結果として体質改善につながり、結果として妊娠につながることはあります。


特に虚弱体質だったり疲れやすかったり、経血が水っぽかったり、量が少ない方には改善効果があります。


ただ、先ほども話しましたが、おなかがゆるい方やむくみがある方は、改善効果があらわれないかもしれないので症状に合っているかをしっかり確認のうえ、服用しましょう。

婦宝当帰膠を飲む際に気をつけることは?

まずは飲み方です。


専用スプーンで薄めて飲みますので、スプーンや婦宝当帰膠のキャップなどは清潔に保ちましょう。


生理不順でも15歳未満には服用できませんので、ご理解ください。


開封したら、期間をあけないでしっかり飲みましょう。


古くなったら、無理して服用しないでください。


漢方です、


いつ飲むということはありませんが、できれば時間を毎日決めて飲むことをおすすめします。


習慣のひとつにして、体質改善に努めましょう。

まとめ

 
女性は、口に出しませんが、毎日不調と共存している方が多いです。


肩こり、腰痛、のぼせやめまいなど体調不良の方が多いです。


マッサージや温泉などで体をいたわりたいですが、そんな時間はありません。


家事に育児に仕事に追われます。


そんな方に少しでもご自分の体をいたわって欲しい・・・


それが婦宝当帰膠です。


いたわって飲んでみましょう。


冷え性が改善したり、疲れやすさが少し楽になるかもしれません。

関連記事

ツムラの女性薬ラムールQの効果・効能や副作用について解説

ルビーナめぐりの効果・効能や副作用について解説

実母散の効果・効能や副作用について解説

命の母aの効果・効能や副作用について解説

スポンサーリンク