ヨクイニン錠 効果 副作用




ヨクイニンは、漢方的な考え方に沿い、ハトムギの皮を剥いだ種を生薬として、特に顔肌のイボ・吹き出物の消炎作用や、水分のバランス調整を行う作用があるとされ、肌荒れや、潤いが乏しく乾燥肌の方や、アレルギー等で痒みがある症状時に服薬すると、その有効成分によって皮膚への栄養補給や、利水作用が円滑に行われ、肌のトラブルに効き目があると言われています。


ヨクイニン錠は、数社からヨクイニン成分をそのまま固めたものや、白くコーティングされたものが一般的には流通していて、服薬用法も似ており、用量は含有成分量よりも、錠剤の大きさの違いで一回に飲む錠数が決められています。


ヨクイニンを用いての、肌トラブル治療の一般的な処方内容は、

漢方の基本的な考えである

・気(身体を支えるすべての源となる力)

・血(身体の器官や組織に栄養を与えるもの)

・水(食物摂取中に、熱と水のバランス調整を行い身体に必要な水分をもたらすもの)

について、製造元各社での解釈は、粗一致しており、肌の炎症トラブル時で、漢方を服薬されたい方にとっての商品選択は数社品目があり、ヨクイニン錠は、第3類医薬品(コンビニ・ドラッグストア・調剤薬局・通販で購入可)に指定されていますので、薬剤師や登録販売員にご相談頂きたいと思います。


また、イボやニキビ、アトピー性皮膚炎やアレルギー疾患などで医療機関を受診し、処方薬としてヨクイニン錠を出される事が、医師の診断によりあります。


ヨクイニン錠の処方箋は、保険が適用されるので、漢方薬の特徴である長期間の服薬代は、市販薬を購入するより経済的にも楽ですし、また何よりも適切な診断・治療が行える事を思うと、一度医療機関を受診される事をお勧め致します。

スポンサーリンク

ヨクイニン錠の成分は?

ヨクイニンの素であるハトムギには、たんぱく質・カルシウム・カリウム・鉄・ビタミンB群・ナイアシン・糖質・脂質など、

皮膚の消炎には欠かせない成分が詰まっていて、その種子を製剤加工しているヨクイニン錠には、水製乾燥ヨクイニンエキス、メタノールエキス、トウモロコシデンプン、乳糖などの成分が含まれています。

ヨクイニン錠の効果・効能は?

ヨクイニン錠は、昔から肌を綺麗にすると言われていた、はと麦茶と同じであるハトムギの種子から採取され、その採取方法や錠剤製法加工も進化し、処方薬はもとより、市販薬として販売店に多数陳列されるようになりました。


ハトムギ一成分であるヨクイニンは、3大栄養素成分がバランス良く含有されていて、新陳代謝を高めて、肌の賦活再生を促進し、ターンオーバーを正常化する有効成分で、肌のトラブルで悩む方には愛好者が多いと言われていて、身近なコマーシャルでは化粧水で知られる“雪肌精”などにも使用されているようです。


ヨクイニン錠は、肌の新陳代謝を高める事により、リンパや血流の流れを良くし、皮膚に酸素や栄養素を供給する作用があるので、シミを薄くする作用やソバカス、そして皮膚を作り変える作用が、厚くなった角質層を取除き、保湿・殺菌効果が増してニキビ治療やアトピー性皮膚炎、ザラザラ肌(鮫肌)等に効き目があります。


更に、ヨクイニン錠のでんぷん糖質が胃腸の粘膜を、胃酸から守ってくれますので、ストレスや疲労で胃腸などに負荷が罹りやすい症状を緩和する等、今ではヨクイニンの抗ウイルス作用の効果を用いて、白血病や皮膚癌細胞を抑制する研究(末梢血リンパ球内で、NK活性細胞の増殖が確認済み)が行われています。


人間は、いつも体調が良いとは限らず、外部から感染菌やウイルス等の細菌や、自らの疲労やストレスなどの蓄積が原因で免疫力が低下し、様々な病気になってしまい、胃腸に負担が罹り、食欲不振・胃腸虚弱になり、その為に血液循環も悪くなる事から、身体全体への栄養補給の滞り、酸素供給不足での血色不良や、肉体疲労等、老廃物が体内から抜き切れず、血液の再生や濾過をする肝臓や腎臓に負荷が及んでしまいます。


ヨクイニン錠は、何らかの支障で身体のバランスが崩れて生じてしまう生体機能を、新陳代謝を活発化し、主に青年性扁平疣贅・尋常性疣贅や、肌の鎮静、消炎、賦活、保持する内服治療薬ですので、病中病後や虚弱体質な方など、軽度な身体の不調時に様々な方にお使い頂けて効果がでる商品です。

スポンサーリンク

ヨクイニン錠はイボに効果的?

各商品の効果欄をみると、イボ(青年性扁平疣贅・尋常性疣贅)(青年性ウイルスによって感染した水イボ)は明記されていて、このような一般的なイボは、良性の腫瘍ですので、新陳代謝の作用によって免疫反応が起き、イボが取れる効果があると言われていますが、現段階で100%の効果を望む事は難しく、液体窒素を使用した治療と併用しながらの改善策もありますので、医師や薬剤師に相談されて、ご自分に合ったイボ除去を行って下さい。

ヨクイニン錠には副作用がある?

ヨクイニンは、基本的には副作用がでる薬ではありませんが、漢方薬は本来ならば、漢方医に診てもらい症状に合った薬を調合してもらうオーダーメイドのはずです。


ところが今般は、市販薬が当り前のように流通していますので、厳密に言えば購入した商品が、自分の症状に合った用法・用量なのか分からずに服薬している為、稀に、胃に不快感や下痢、発疹等の症状が出る可能性がありますので、直ちに服薬を中止し、医師や薬剤師・登録販売者に身体の変調を伝えてご相談して下さい。

スポンサーリンク

ヨクイニン錠を飲む際に気をつけることは?

ヨクイニン錠は、漢方薬で即効性を望める薬ではありませんので、過剰なる服用や、飲み合せ(特にマオウ成分は、交感神経を刺激しますので、循環器系の疾患者や既往歴の方は、注意が必要です)によっては効果を増してしまい、副作用の原因にもなりかねませんので、用法・用量を守られて服薬して下さい。


また、ヨクイニン錠を服薬する年齢や用法用量は、購入された商品に明記されていますが、高齢者や妊娠中の方で、生理的機能が低下している場合は、服薬治療上の有益性が、危険性を上回る時に限り、服薬をされて下さい。


なお、小児の投与に関しての安全性が、各メーカーにおいて現状確立がされてないと言う事ですので、5歳未満の方の服薬は、成分上や、咽に閊える可能性も考慮に入れ、避けて頂きたいと思います。


ヨクイニン錠の服薬を行う期間は、約1ヵ月を目途にし、改善が無い場合や症状にもよりますが、服薬開始時に、購入先の薬剤師や販売登録者の方に、ご相談の上ご使用下さると安心かと思われます。


概ねの商品がヨクイニンをエキス製剤にする事により、生薬と比較すると服薬量が減少される事や、保存性もよいので、品質が維持されやすくなっていますが、ヨクイニン錠の保管場所は、品質管理上、直射日光が当たらず湿気のない涼しい場所へ保管し、使用期限の過ぎた商品は廃棄し、小児の手の届かない場所への保管をお願い致します。


また、誤用の原因を防ぐためにも、他の容器に移し替える事は控えるように保管して下さい。

まとめ

ヨクイニン錠は、疾患の治療薬としては様々な症状に用いられている漢方薬で、市販薬としてはコマーシャル等でご存知の方が多いと思いますが、医療機関でも処方箋として用いられている薬です。


このように幅広い分野での効能・効果は実証されていますが、薬には副作用が伴う事がありますので、服薬の際には明記されている内容を把握され、用法・用量を守られてご使用下さい。

関連記事

イボコロリ絆創膏の効果・効能と使い方について解説

オロナインH軟膏の効果・効能と副作用について解説

イソジン軟膏は水イボやウイルス性イボに効果的?

ドルマイシン軟膏のニキビへの効果と注意点について解説

ドルマイシン軟膏のヘルペスへの効果と注意点について解説

スポンサーリンク