アスクロン 効果 副作用




風邪は万病の元


と古くから言われています。


なぜ、万病の元?風邪くらい薬飲んで寝れば治る、なんてコメントが聞こえてきそうですが、風邪は長びくと肺炎や喘息の元となります。


喉の器官が細くなり、呼吸しにくくなり、日常生活に支障がでたり、年齢を重ねていくと肺炎が命取りになったりします。


だから、風邪ひとつ、油断しないでいただきたいのです。


もし、熱が下がったのに咳やたんが切れなかったり、体があったまって眠る?!というときに咳がでて睡眠妨害になるくらいになったら大変です。


そうなる前に「アスクロン」で症状を改善しましょう。

スポンサーリンク

成分は?

ではアスクロンにはどんな成分が入っているのでしょう?


メトキシフェナミン塩酸塩という気管支拡張薬が含まれています。


器官が腫れたり収縮したりすると気管が狭くなりぜーぜー、ヒューヒューと音が鳴り呼吸が苦しくなります。


気管を広げ、呼吸をラクにする効果がこの成分にはあります。


ノスカピンという成分も含まれていて、咳を沈め、呼吸をラクにします。


カンゾウ祖エキスやグアヤコールスルホン酸カリウムは、たんの排出を促し、喉に絡んだたんを柔らかくして外に出す効果があります。


マイレン酸カルビノキサミンという抗ヒスタミン薬も含まれており、咳をしずめます。

主な効果・効能は?

アスクロンは、先ほども述べましたが、とまらない咳や切れないたん、ヒューヒューぜーぜーいう喉の炎症に改善効果があります。


たんは、呼吸気管の通りを狭くします。


咳は、たんを出そうとするために出ますが、たんがかたかったりすると外に出ることが出来ずに咳だけが激しく出てしまします。


そんな咳やたんの炎症にアスクロンはおすすめです。


気管を広げてたんを外へ出やすくしてくれます。

スポンサーリンク

咳喘息や気管支炎にも効果的?

では、咳喘息や気管支炎になったときにアスクロンは効果があるのでしょうか?


まずここで大事なのは、使用前に確認することです。


それは「大人の喘息」かどうかということ。



もし、大人の喘息であれば、市販のお薬での完治は難しいです。


症状がつらい状況であれば、病院での治療をしましょう。



小児喘息も一緒です。


子供の喘息は不安定です。


気候や環境で改善も悪化もします。


小児喘息も持っているお子様、ひどい咳でむせたりはいたり、咳が止まらなかったりしたら病院でしっかり診てもらいましょう。



市販薬は一時的な喘息を和らげるものとしてお使いください。


喘息や気管支炎にはステロイド吸入薬と抗アレルギー剤


で改善をするのが一般的な治療法です。



おすすめの内服薬がアスクロンです。


気管支を広げ、呼吸を楽にするメトキシフェナミン塩酸塩が配合した鎮咳去痰薬です。


しかし、ステロイド吸入薬は日本には流通していません。


実際に喘息や気管支炎になった場合は、内科、もしくは呼吸器科にての受診をおすすめします。


早めの受診をおすすめします。

スポンサーリンク

副作用がある?

では、副作用ですが、アスクロンを服用中はほかの風邪薬や鎮静剤、抗ヒスタミン剤配合の鼻炎薬や酔い止め、アレルギーのお薬を服用しないでください。


乗り物の運転も眠気を起こすので避けてください。


他にも医師の治療を受けている方、妊娠されている方、可能性がある方、高齢者、薬でアレルギーを起こしたことのある方、高熱、排尿困難、心臓病、高血圧、糖尿病、緑内障、甲状腺機能障害の方は医師への相談の上、服用の判断してください。


そして、服用して発疹やあかみ、吐き気、嘔吐、めまい、動悸などの症状が出た場合は、ただちに服用を止めて専門医に受診しましょう。


症状が改善しない場合も専門医に受診してください。

飲み方で気をつける点は?

アスクロンは8歳以上で服用できるお薬です。


年齢が達していない場合は服用しないでください。


分量をしっかり守って食後に1日3回服用しましょう。


アスクロンは服用したら、しっかり水分を取ってください。


喉が乾燥しないように水分をしっかり取ることでたんが出やすくなったり、咳を鎮めたりしますので、意識して水分は取るようにしてください。


お子様のお薬の管理は親がしっかりしましょう。


1回封を開けたら2日以内に飲みきりましょう。

まとめ

風邪がきっかけで喘息や気管支炎になる方は多いです。


健康で今まで喘息とは無縁な方でも、起こる可能性があります。


特に大人の喘息や気管支炎は治りが遅く、治療をしっかりしないとまたぶり返す可能性もあります。


おかしいな?と思ったら症状が軽いうちにアスクロンでしっかり治しましょう。


休養と食事も大事です。


もし、治りが悪いときは早めに病院に行きましょう。


喘息にお悩みの方にはこちらの記事もおすすめです
喘息や咳喘息に効果的な薬は!?市販薬にはどんなものがある?

スポンサーリンク