霊黄参 効果 副作用




霊黄参は、病中病後の滋養強壮や、日頃の疲労が蓄積し、一晩寝ても疲れが解消されず、食欲が無く思うように栄養の摂取が出来ない為に、栄養バランスが崩れて免疫の低下を招いて、風邪や、それに似た微熱やのぼせ等の、不調が生じた時に、薬用強壮剤として含有されている人参と、牛黄の成分が、弱った身体を正常化に導き、新陳代謝機能を活発化にしながら、自然治癒力や免疫力の改善に効果があるとされている市販薬(第3類医薬品)で、服用や携帯しやすいカプセルタイプの滋養強壮剤です。

スポンサーリンク

霊黄参の成分は?

霊黄参の成分として、

牛黄100mg
(牛の胆嚢、胆道や胆管にできる結石で、割ると年輪模様がみられ、中国で最も古い薬物書「神農本草経」には、不老長寿薬・万能薬として2000年前より作用効果が記載され、結石を持つ牛を発見される確率は、僅かな為に希少価値のあるものとされ、牛に胆石ができる原因は、ほぼ人間と同じ疾患とされています。)


ニンジン600mg・ニンジン祖エキス末300mg
(漢方で生薬として使用する人参は、薬用人参、朝鮮人参、高麗人参などで、ウコギ科オタネニンジンの根が原料とされ、湯通し後に乾燥したもので、弱った胃腸など消化器系機能を蛋白合成を促進し、消化吸収機能や、軽度の荒れた胃腸内を整えたり、身体全体の新陳代謝向上にも効果があります。)


添加物として、ゼラチン、黄色5号、ラウリル硫酸ナトリウムを含有しています。

霊黄参の効果・効能は?

栄養不足やストレスで生じやすい精神的・心理のゆがみ等の高ぶった精神を、鎮痛鎮静する精神面の安定効果があります。


また運動や日々の溜まった肉体の疲れを回復増強する効果や、血液の循環が悪くなり、貧血や冷え症、肌荒れ時の増血保湿作用効果や、肝硬変や肝炎など肝機能に障害を起こした際の、細胞再生促進作用と、新陳代謝を活発にする成分の作用効果が、細胞を若返らせて身体力を増強し、老化防止、生活習慣病の予防にも効果が有るとされています。


【効能効果】

滋養強壮、虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え性等の諸症状

霊黄参は狭心症に効果が期待できる?

霊黄参の成分である牛黄は、胆汁の流れる道を邪魔し、臓器機能障害を生じし兼ねない胆石なのですが、中国では古来より、宝石のように大事にされていた漢方です。

心臓の動きを円滑にする強心作用として、血の流れを良くし、血液内の栄養のバランスを保持させ、血管内の脂肪や悪玉たんぱく質など、梗塞の原因となる物質の滞りを無くし機能改善をするので、狭心症や動脈硬化、動悸・眩暈と、細くなった血管を拡張し血圧を下げる高血圧の改善、更に不整脈を起こさない循環器系の疾患にも、効果が有るとされています。


また、狭心症は自律神経の乱れによって、精神的なストレス・緊張・不安・過度の疲労蓄積や・ホルモンのバランス乱れ等が、原因で生じるとも言われています。


霊黄参に含有される牛黄・ニンジン成分には、自律神経を整える成分が含有されていますので、自律神経内の副交感神経を活性化し、交感神経とのバランスを整えてくれる効果もあり、精神的な乱れで生じる狭心症にも効果があります。

霊黄参は風邪に効果が期待できる?

風邪の症状には、耳鼻科、循環器、呼吸器系など様々な原因が揚げられ、症状も人によってマチマチな感冒疾患です。


霊黄参の成分内には、風邪で免疫力が低下し、末梢の赤血球数が減少し、白血球数を増加させている血液成分を抑制する効果があります。


また抗酸化作用により免疫機能回復効果が高まり、新陳代謝を向上し、殺菌解毒・解熱鎮痛、鎮静を、炎症部位でその効果をあらわし、同時に血流を良くする成分が冷えた身体を温めて、安定した体力を取り戻せる事に期待が持てます。

スポンサーリンク

霊黄参には副作用がある?

霊黄参を服薬された後に、次の症状が現われた場合は、副作用の可能性がありますので、直ちに服薬を中止し、医師や薬剤師・登録販売者に身体の変調を伝えてご相談して下さい。


皮膚系部分として発疹・発赤・かゆみが生じる可能性があります。

霊黄参を飲む際に気をつけることは?

服薬方法は、15歳以上の方限定で、1回に付き2カプセルを、一日2回食間時に、水かお湯で服用して頂き、15歳未満の方の服薬は避けて下さい。


霊黄参は、漢方薬で即効性を望める薬ではありませんので、過剰なる服用や、飲み合せによっては効果を増してしまい、副作用の原因にもなりかねませんので、用法・用量を守られて服薬して下さい。


高齢者や妊娠中の方で、極度に生理的機能が低下している場合は無理に服薬せずに、医師や薬剤師と相談後、服薬治療上の有益性が認められる迄、服薬を避けた方が無難です。


霊黄参の服薬を行う期間は、明記されていませんが、長期連用する場合や、改善が無い場合は、医師や購入先の薬剤師・販売登録者の方に、ご相談の上ご使用下さると安心かと思われます。


霊黄参の保管場所は、強い力がカプセルに加わると割れてしまったり、品質管理上、直射日光が当たらず湿気のない涼しい場所へ保管し、使用期限の過ぎた商品は廃棄し、小児の手の届かない場所への保管をお願い致します。


また、誤用の原因を防ぐためにも、他の容器に移し替える事は控えるように保管して下さい。

まとめ

霊黄参は、万能薬として古くから中国で、使用されてきた牛黄と、薬用人参が配合された保健薬で、救心製薬から第3類医薬品として発売されています。


高価な市販薬ですが、愛好家も多くその服薬効果は、身体全体の軽度な疾患には、幅広い分野での効能・効果は実証されていますが、服薬には副作用が伴う事がありますので、服薬の際には明記されている内容を把握され、用法・用量を守られてご使用下さい。

関連記事

半夏瀉心湯の効果・効能や副作用について解説

若甦温の効果・効能や副作用について解説

温経湯の効果・効能と副作用について解説

紫華栄の効果・効能や副作用について解説

痛散湯の成分・効果・副作用について解説

スポンサーリンク