ドルマイコーチ軟膏 効果 副作用



消毒液とカットバン、胃腸の薬、風邪薬くらいは何処の家庭でも常備薬として保管していると思いますが、市販薬の中には化膿性疾患用薬に分類される塗布剤で抗菌作用と抗生物質の両方の成分を含む薬もあるようです。こんな便利な薬があるとほとんどの傷は家庭でも治療できそうな感じがしますよね。


常備薬の1つとして薬箱に入れておきたいものですが、中にはステロイド成分を含むものもある為、簡単には考えられません。


そこで今回は、常備薬に欲しいと思うドルマイコーチ軟膏と言う市販薬について解説いたします。

スポンサーリンク

ドルマイコーチ軟膏はどんな薬?

ドルマイコーチ軟膏は、ゼリア新薬から製造販売されている軟膏で皮膚炎や化膿性湿疹などに伴うかゆみなどに対して効果を示す塗布薬で、抗菌作用と抗生物質の2つを併せ持つ皮膚疾患治療薬です。


主な成分は、抗菌作用のあるバシトラシンとフラジオマイシン硫酸塩とかゆみや炎症を抑えるヒドロコルチゾン酢酸エステルであり副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)を含みます。


これら2種類の配合で効能が広い為、家庭に1つ常備しておくと便利な軟膏であると言えます。

ドルマイコーチ軟膏の効果・効能は?

一般には、抗生物質と副腎皮質ホルモン剤を配合した薬は、医師の処方が必要になりますが、ドルマイコーチ軟膏は市販薬となっており細菌感染症や炎症性の皮膚疾患に効果を発揮することからニキビ治療薬としても高い効果があります。

効果・効能は、以下のようになります。

・湿疹

・皮膚炎

・あせも

・かぶれ

・しもやけ

・虫刺され

・蕁麻疹

・トビヒ

・めんちょう

・毛のう炎

などに効果があります。

ドルマイコーチ軟膏は火傷にも使える?

ドルマイコーチ軟膏には火傷の効能はありませんが、副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)を含む軟膏は、火傷の赤みや痛みに対して即効性がある為、使う事は出来ます。

しかし、安全を考えた場合、ドルマイコーチ軟膏に似た薬剤でドルマイシン軟膏がありますが、こちらはステロイド成分を含まない為、火傷の治療には適しています。


ドルマイシン軟膏に関してはこちら
ドルマイシン軟膏のやけどへの効果と注意点についての解説


しかし、火傷の熱傷にはⅠ度からⅢ度までと段階があり、市販の薬が使えるのはⅠ度までとなっている為、流水で冷やし早めに病院を訪れる事が望ましいです。

スポンサーリンク

ドルマイコーチ軟膏に副作用はある?

どんな薬にも体質に合わない事や、使い方次第では副作用も考えられます。
ドルマイコーチ軟膏の副作用はほとんどないと言われていますが、場合によっては以下のようなものがあげられます。

・皮膚の発疹

・発赤

・かゆみ

・かぶれ

・患部の水虫

・たむしなどの白癬

・にきび

・化膿症状

・持続的な刺激感

などがあり、長く使い続ける事は副作用を招く結果にもなるため注意が必要です。

使用上の注意事項を良く読み守る事で副作用を防ぐ事も出来るものです!

ドルマイコーチ軟膏を塗る際に気をつけることは?

ドルマイコーチ軟膏には副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)を含むため妊娠中や授乳中や小さな子供さんへの使用は避けた方が安全です。また、ニキビ治療にもよく使われることから塗る前には洗顔後に化粧水で肌を整えた後、患部だけに塗るようにしましょう。目のような粘膜の部分には塗らないように注意が必要です。


また、ドルマイコーチ軟膏は抗生物質が含まれている為、耐性菌を生み薬の効果の効き目が無くなる事もあるので長い期間の使用は避ける事です。使用期間はおよそ1週間から2週間以内が目安となっていますので症状が改善されない時は、医師に相談する事が大切です。


また、ドルマイコーチ軟膏を以前塗った際に、一度アレルギー反応の現れた人は注意が必要です。使用後すぐに蕁麻疹や声のかすれ、くしゃみ、喉の痒み、息苦しさ、動機、意識の混濁などが現れたらアナフィラキシーショックの可能性がある為、早めに病院へ行くことが必要です。

まとめ

ドルマイコーチ軟膏は細菌感染症と炎症性の皮膚疾患に効果を発揮し、効能も広いことから家庭の常備薬としても大変重宝します。特にニキビの治療薬として高い効果を発揮するので年頃の子供さんがいるご家庭には必需品となるようですね。

しかし、使い方を間違えると大変な事にもなりかねない為、薬は使用上の注意書きをよく読んでから使う事にしましょう。

以上、ドルマイコーチ軟膏の効果・効能と副作用についての解説でした。

ニキビ薬はこちらもおすすめです
間宮アロエ軟膏のニキビへの使用効果と注意点についての解説

スポンサーリンク