ストレージタイプH 効果 副作用 成分

ストレージタイプHの成分は?

ストレージタイプHは、漢方薬で処方される「半夏厚朴湯」料エキス方剤で、主として嘔吐感や吐き気・咽の違和感・不安感・気分のふさぎ等、言わば、精神面に負荷が罹って生じてしまう不快症状時の改善薬です。


ストレージタイプHの5種類の生薬乾燥エキス(煎じ)成分が、漢方医学で言う、気の巡りを良くし、ストレスからかもしれない咽のつかえ・モヤモヤ感を鎮静緩和します。


ストレージタイプHには、下記5種類の生薬成分が含有されています。

半夏・・・冷えた体内を温め、停滞した物質を動かし、新陳代謝を良くて、神経的な胃炎や嘔吐、喉の違和感を取除き、精神面を安定させて、症状を鎮静させる作用があります。

茯苓・・・不安定になった精神神経症状の緩和や、胃部内や尿細管の水分調整を行う作用で、利尿の促進や、血糖降下作用もあります

厚朴・・・体内を温め、代謝機能を促進する作用があり、主に消化器官系における緊張で生じる痛みの緩和や、不快感を取除く整腸駆風作用があります

紫蘇葉・・・体内を温め、風邪での気管支炎や発熱・悪寒の解熱鎮咳作用と、胃腸炎・消化不良時に伴う炎症などを鎮静緩和作用があります

生姜・・・生姜は加工の仕方で、効き目が違ってくる不思議な植物ですが、ここでは吐き気がしてムカムカする時の鎮静作用があります

スポンサーリンク

ストレージタイプHの主な効果・効能は?

現代社会=ストレス社会と言われるように、日々の生活を暮らしている間に、自分では意識出来ないストレスが蓄積されています。


何かいつもとは違う精神状態の不安や、イライラ感が漂う事は、不安神経症の前兆で、その症状が進んでくると、吐き気・眩暈・頭痛・喉周辺の異物感・神経性胃炎などの自覚症状が起きて、ついには不安神経症や鬱である精神症状を招きやすくなります。


このように、ストレージタイプHには、心療内科的な精神疾患障害と、消化器系内臓の水分の滞りも抑制しますので、嘔吐・吐き気・整胃腸機能をも助けてくれる効果が有るとされています。


ストレージタイプHは、個人差も当然ありますが、市販薬や西洋薬を今迄服用され、効き目があまり感じられず、満足に至らなかった方に試して頂きたい商品です。


ストレージタイプHは、他の漢方薬に比べると、体質に拘りはないとされていますが、生薬配合量が、初めから定量化されていますので、確実に自分の体質や症状にあったとは限りません。


この為に、記載通りの効果・効能が生じるとは限りませんので、漢方薬剤師や漢方医の診断を受けて、自分の体質や症状に合った用法・用量で、服用されるのが最善です。


長期連用する場合や、慢性的な便秘・腹痛の症状がある方、1ヶ月間服薬しても効果が無く、症状が改善されない時は、一度服薬を中止して医師や薬剤師にご相談下さい。

【効能効果】

気分がふさいで、咽喉、食道部に違和感があり、ときに動悸、めまい、嘔気などを伴う諸症状(喉のつかえ・神経性胃炎・不安神経症・せき・しわがれ声・つわり)

スポンサーリンク

ストレージタイプHの値段は?

ストレージタイプHは、飲みやすく持ち運び便利な顆粒タイプの薬で、武田薬品工業から第2類医薬品として販売されていて、調剤薬局・ドラッグストアで購入できます。


1日2回の服薬回数ですので、余裕を持った数量での購入が良いかと思います。


記載してある価格は、通常価格ですので、これを基準にしてネット通販(社によってかなりの差があります)、ドラックストアで購入すると、更に安価な値段で購入できると思います。


ストレージタイプH(6包・980円)、(12包・1580円)

ストレージタイプHの口コミにはどのようなものがある?

1.即効性は無いが、段々穏やかに症状が改善される感があった

2.味が苦く飲みにくい

3.半夏厚朴湯で、医療保険が適用されるので、長期間の服用時は処方箋がお勧め。

4.ストレージタイプシリーズには、7種類あるのを知らなかった。間違わないで!

5.ストレージタイプHは、箱が緑色。

6.風邪の症状でもない咽の違和感時は、風邪薬よりストレージタイプH。
喉の違和感はストレスが原因!?何科に行けば良い?

7.気分の落ち込み、不安感時はストレージタイプH。

8.スティック包装で、扱いし易い。

9.精神的な薬に抵抗感があるけども、ストレージタイプHは気楽に購入できる。

10.ストレージタイプの名の由来は、ストレス・レス・エイジからの造語(現代社会からストレスを少なくしたい)

スポンサーリンク

ストレージタイプHには副作用がある?

ストレージタイプHは、漢方薬ですので、本剤に含有されている成分と重複する漢方薬との飲み合せは、効果を増す場合や、副作用の原因にもなりますので、ご注意下さい。


ストレージタイプHを服薬された後に、次の症状が現われた場合は、副作用の可能性がありますので、直ちに服薬を中止し、医師や薬剤師・登録販売者に身体の変調を伝えてご相談して下さい。


皮膚系として、発疹・発赤・かゆみ などの症状が出る可能性があります。


また、初めての服薬開始時のむかつき・食欲減退は、次第に慣れてきますが、頻度が多く辛い場合には、医師や薬剤師へご相談下さい。

ストレージタイプHを飲む際に気をつけることは?

ストレージタイプHは、漢方製剤なので特異な匂いがしますが、溶けやすい顆粒タイプですので、食前もしくは食間である空腹時に、水かお湯で服薬してください。


【ストレージタイプH 顆粒】

基準服薬用法・用量は、
・15歳以上は(1回1包/1日2回)
・7歳~14歳は(1回2/3包 / 1日2回)
・4歳~6歳は(1回1/2包 / 1日2回)
・2歳~3歳は(1回1/3包 / 1日2回)
・2歳未満の方は、服用は避けて下さい。


既往症で医師の治療を受けている方、過去に薬で、発疹・発赤。痒みなどアレルギーの症状があった方や診断を受けられた方は、服薬開始時に医師や薬剤師にご相談されておくと安心です。


高齢者や妊娠(特につわりで服薬する時)・授乳中で、極度に生理的機能が低下している場合は、無理に服薬せずに、医師や薬剤師と相談後、服薬治療上の有益性が認められる迄、服薬を避けた方が無難です。


ストレージタイプHを1ヶ月服薬して、効果得られる時は、長期服用は可能とされていますが、つわり時の服薬は、5日間を目途にして、効果が無い場合は医師・薬剤師にご相談されて下さい。

まとめ

ストレージタイプHは、やや気分が乗らずストレスが溜まってきたと感じる時に、気軽に購入でき、不快感を取除ける生薬(医薬第2類)です。


ストレージタイプHは漢方薬ですので、今まで西洋薬で改善が見込まれない方に、一度お試し戴きたい生薬ですが、当然ながら、漢方にも服薬には副作用が伴う事がありますので、服薬の際には、明記されている内容を把握され、用法・用量を守られてご使用下さい。


ストレスで息苦しさを感じる方にはこちらの記事もおすすめです
ストレスを感じて息苦しいときの原因と解消法についての解説

スポンサーリンク