アスタットクリーム カンジタ 効果 副作用

アスタットクリームの成分は?

アスタットクリームは、医療機関で処方箋として出される抗真菌薬で、一般名は「ラノコナゾール」と言う塗り薬です。


含有成分としては、主に皮膚感染した真菌と呼ばれるカビの治療に用いられ、白癬やカンジタ、癜風などに効果があるとされています。


アスタットクリームの主成分は、イミダゾール系に属し、真菌の増殖を抑制する静真菌に作用する成分より強力である、殺真菌作用の働きを持っている為、確実な効果に期待がもてると言われています。


このようにアスタットには、真菌細胞膜を構成しているエルゴステロールと言う、膜のみだけを標的に殺菌する作用があるので、他の細胞を傷付ける事無く、効果的に真菌を殺菌してくれます。


以上のように、アスタットクリーム成分の特徴は、ピンポイント効果のある塗り薬で、副作用の頻度は少なく、成分自体皮膚湿潤性が高く、皮膚角質層に長期間留まる事ができる為、一日1回の塗布で良く、同類内服薬に比べると安全性、使用勝手が良いと言える成分で構成されている薬です。

スポンサーリンク

アスタットクリームはカンジタに効果がある?

アスタットクリームは、皮膚真菌症の治療薬ですので、常在菌の一種であるカンジタ菌の異常時にも効き目が得られると言われています。


カンジタ症とは、カンジタ菌と呼ばれる、常在菌である真菌が膣内で繁殖して生じる膣炎で、主に既往症歴があって、長期間抗生剤を服用し、膣内酸性度が低下していた場合や、免疫力が低下して新陳代謝が良好時でない場合に、何らかのストレスがきっかけで発症する疾患です。


カンジタ症は、日和見感染の一つなので、軽度であれば自然に治る事が多いようですが、排尿時の障害・酷いかゆみや痛み・おりものの異変時は、医療機関での治療が適している疾患ですので、医師や薬剤師と相談しながら、アスタットクリームを使用して戴くと、効果がより得られると思います。


アスタットクリームは、基本は処方箋のみでの使用となりますが、店頭販売している調剤薬局もあるようですので、市販薬ではありませんが医療機関や薬局の薬剤師にお聞き下さい。

スポンサーリンク

アスタットクリームは他にどんな症状に効果が期待できる?

アスタットクリームは、皮膚真菌症の治療塗布薬ですが、水仕事が多い方の、指の間と爪に生じやすい、カンジタ性指間びらん症・爪囲炎や、身体でも湿気を帯び易い股間・脇下・陰部などの間擦疹、皮脂が溜まりやすい部位の脂漏性湿疹に対しても、効果に期待が持てる薬です。

アスタットクリームに副作用はある?

アスタットクリームは、薬ですので副作用が無いとは言えませんが、全身に及ぶ重篤な症状を招く事は無いとされています。


稀に、アスタットクリームを塗布された後に、次の症状が現われる場合があり、その際は、副作用の可能性と診断される事がありますので、直ちに使用を中止し、医師や薬剤師・登録販売者に身体の変調を伝えてご相談して下さい。


皮膚系として、接触性皮膚炎・刺激感・発赤・かゆみ・小水疱・角化の悪化などの局所症状が出る可能性があります。

アスタットクリームを塗る際に気をつけることは?

初めてアスタットクリームを塗布する時には、パッチテストとして、身体の見えない部分に数量塗り、アレルギー反応が無いかの確認をしてから使用すると、安心かと思いますので、医療機関からの指示が無い時は、ご参考にされて下さい。


また、カンジタ症などでのアスタットクリームの使用効果は、かなり良いとされていますが、同時に尿路感染症を患っている方は、排尿痛や膀胱に炎症が生じた治療薬として、抗生剤が処方されるパターンが多いと思います。


この場合は、医師の判断で、体質的に塗布と服薬が並行して出来ない方や、授乳中・妊娠・妊娠していると思われる方などは、治療上の有益性が認められる迄、使用を避けた方が無難な事がありますのでご留意ください。


アスタットクリームに含有されている成分と類似・重複する薬との併合は、効果を増す場合や、副作用の原因にもなりますので、ご注意下さい。


医師・薬剤師からの指示がでると思いますが、基準となる用法・用量は、1日1回患部に塗布しますが、患部を清潔にした状態で、やや広めに多く使用して下さい。


患部やその周辺部位が、ただれが酷く、また出血時などは使用を控えて下さい。また、眼に入った場合は直ぐに水で洗い、担当医師や眼科医にご相談されて下さい。


スポンサーリンク

まとめ

アスタットクリームは、真菌の細胞膜の膜のみを阻害し、真菌の発育を止めて殺菌しますので、ニキビや吹き出物、湿疹などのアクネ菌や表皮ブドウ球菌には、効果が期待できませんので、ご注意下さい。


ご参考までですが、市販薬でアスタットクリームの含有成分であるラノコナゾールと、同濃度配合薬が痒み止めや皮膚修復再生薬として、販売されていますので、ご紹介しておきます


ピロエースZ(液・クリーム・軟膏)

ピロエースZジェットスプレー

ラシミールプラス:ノバルティスファーマ


白癬菌によって生じる不調にはこのようなものがあります
指の皮剥けの原因と改善方法・治し方について解説

スポンサーリンク