エキザルベ軟膏 効果 副作用



現代では皮膚疾患に良いとされる薬が数多く販売されるようになり、昔ほどニキビで顔が赤くなっている子供さんは見られなくなりましたね。


また、皮膚疾患に使われる塗り薬の多くにはステロイド成分が含まれているものが多いですが、その強さを段階的に分けて使用することで昔ほどステロイドに対する恐怖は無くなっているようです。


患部の症状に合わせて使い分けをすることから副作用の問題もなくむしろ早く効いて良い働きをすることが確認されており赤ちゃんのおむつかぶれや顔などにも皮膚科では処方しているようです。


今回は、そんなステロイドを含みながらも安全性が高いとされているエキザルベ軟膏の塗り薬について解説したいと思います。

スポンサーリンク

エキザルベ軟膏はどんな薬?

エキザルベは、薬局やドラッグストアでは扱っていない皮膚科処方の軟膏であり、混合死菌浮遊液とヒドロコルチゾン(ステロイド)の2つの配合で皮膚の傷の炎症を抑えながらばい菌の感染を防ぎ傷の治りを早める塗り薬です。


ところで、混合死菌・・・って何だろうと思う方はおりませんか?

少しだけその2つの配合についての説明をしたいと思います。

◎混合死菌浮遊液

この菌はエキザルベ軟膏特有の成分であり、様々な菌の死骸を含んでおり皮膚の防御力を高めて傷の治りを早めてくれる事が確認されています。

混合死菌浮遊液に含まれる死菌は以下のものになります。

・大腸菌死菌 
  
・ブドウ球菌死菌

・緑膿菌死菌

・連鎖球菌死菌

添加物として、ラノリン、ワセリン、フェノールなどが含まれます。

これらの菌は死んでいる菌である為、もちろん感染することはなく、死菌を塗る事によって皮膚にばい菌が入りにくいとされています。

ヒドロコルチゾン

これはステロイドでありますが、その働きは炎症を抑えてくれる作用があり、皮膚の腫れや痛み、痒みなどを抑えると言われています。

ステロイド成分は、使い方次第では良薬にもなり得ると言えますね。

そのステロイドですが、強さによって5段階に分かれています。
  ・Ⅰ群(最も強力)
  ・Ⅱ群(非常に強力)
  ・Ⅲ群(強力)
  ・Ⅳ群(中程度)
  ・Ⅴ群(弱い・最弱)

このように、患部の症状によっても使い分けが出来るようになっています。

エキザルベ軟膏に含まれるヒドロコルチゾンはこの中のⅤ段階に属しており、ステロイドの強さは最弱のレベルで安全性が高いとされています。

スポンサーリンク

エキザルベ軟膏の効能はあせもにどのように働く?

エキザルベ軟膏は、2つの配合成分によって皮膚の赤みや痒みを取りさる働きをする為、あせもの症状にはよい働きをします。


配合成分のヒドロコルチゾンが炎症や痒みを抑え、混合死菌浮遊液で細菌感染を防ぎ抵抗力を高めてくれます。

エキザルベ軟膏の効能はニキビにどのように働く?

ニキビの原因菌となる物には、アクネ菌、マラセチア菌、黄色ブドウ球菌などがあり、エキザルベ軟膏に含まれる混合死菌浮遊液はニキビのもとになるアクネ菌やマラセチア菌、その他の菌が増殖することを防いでくれて、ヒドロコルチゾンがその炎症を抑えると言うこの2つの成分の作用でニキビに効果的に働きかけます。


要するに、この2つの配合成分のパワーによってニキビやあせも、その他の皮膚疾患を確実に治療してくれると言う事です。

エキザルベに副作用はある?

配合成分のヒドロコルチゾンはステロイド製剤であり、レベル的に5段階(最弱)で安全性は高いと言われていますが長期に渡って使い続ければ、副作用も考えられます。


しかし、その副作用発生率は1.43%と報告されておりけっして高くはないようです。


その主な副作用は以下のようなものになります。
 ・皮膚刺激症状 
 ・発疹、発赤
 ・湿潤
 ・灼熱感

これらの副作用が報告されていますが、使用を中止することで自然と改善されるものです。

スポンサーリンク

エキザルベ軟膏を塗る際に気をつけることは?

エキザルベ軟膏にはステロイド成分でもあるヒドロコルチゾンを含むため、長期に渡っての使用は控えるべきです。

また、以下のような疾患のある場合は使用はできない為、注意が必要です。
 
・皮膚結核、単純疱疹、水痘、帯状疱疹、種痘疹
 
・真菌症(カンジダ菌、白癬菌)
 
・潰瘍(ベーチェット病は除く)、第2度深在性以上の熱傷、凍傷

これらの感染症の場合は更に免疫力が下がる事により重い症状になるため、エキザルベや他のステロイド剤を含む軟膏は塗布しないよう注意が必要です!

まとめ

安全性が高いと言われる薬でも、ステロイドを含む薬は長期の連用は避ける事が良いようですし、ステロイド製剤の含まれる軟膏を塗布することで重篤な状態にもなる感染症もある為、注意が必要です。


また、副作用が認められた場合は使用を中止して医師に相談することが大切だと言えそうです。


以上、エキザルベ軟膏のあせもやニキビへの効果と副作用についての解説でした。


ニキビにお悩みの方にはこちらの記事もおすすめです
ドルマイコーチ軟膏のニキビへの効果と注意点についての解説

紫雲膏のニキビやシミへの効果と副作用について解説

間宮アロエ軟膏のニキビへの使用効果と注意点についての解説

スポンサーリンク