ゼビアックスローション 効果 副作用



ゼビアックスローションは、医療機関で処方されるニキビの治療薬ですが、塗布形態はローションタイプで、抗生剤薬品でニューキノロン系に属し、ニキビの種類でも赤・黄ニキビには効果を示しますが、白・黒ニキビやニキビ跡の治療薬としては、効果に期待が持てないとされています。


ゼビアックスローションは商品名で、主成分は、オゼノキサシンと呼ばれる抗菌物質を2%含有している外用抗菌治療薬で、ニューキノロン系の抗生剤は、特にブドウ球菌属やアクネ菌と言った菌種に適応しており、それらの菌が、DNAの複製を阻害する作用効果で、ニキビ等の皮膚化膿性炎症や、皮膚の細菌感染を治療する事に適応すると言われています。


ゼビアックスローションの製造は、内服抗菌剤オゼックスを製造している富山化学工業が担っていますので、薬効についての問い合わせ等、消費者対応には万全を期していますので、医師の処方に従い安心して使用できる薬です。

スポンサーリンク

ゼビアックスローションはどんな症状に効果が期待できる?

ゼビアックスローションは、赤く炎症して腫れてしった赤ニキビの症状や、ニキビに黄色ブドウ球菌が付着し、繁殖過程で化膿してしまった膿疱時に、ローション液を塗布すると、含有されている抗生剤の成分が、皮膚に炎症を起こす菌であるアクネ菌の活動を抑制し、炎症を抑えながら鎮静化してくれます。


このように、ゼビアックスローションは、皮脂が毛穴に詰まってできる白ニキビや、詰まった皮質の酸化で生じる黒ニキビには、効果を期待するのは難しく、細菌が原因でのニキビに有効に効くとされています。


ゼビアックスローションは、他のニキビ治療ではあまり許されない、顔以外の背中にきびにも使用が可能で、一日1回の使用で済みますので、使い勝手も良いと思います。


【効能効果】

表在性皮膚感染症、ざ瘡(化膿性炎症と伴うもの

スポンサーリンク

ゼビアックスローションの購入方法は?

ゼビアックスローションは、抗生剤が主として含有されている薬で、耐性菌を出現させてはいけない為に、自己治療となる市販薬では取り扱う事ができません。


購入方法は、医療機関を受診され、症状に応じた医師の処方箋によって購入できる外用抗菌治療薬です。

ゼビアックスローションの薬価は?

ゼビアックスローションの基準となる薬価は、年によって変動する事がありますので、医師や薬剤師にその都度ご確認ください。


【ゼビアックスローション薬価 2016年度~】


2%1g 薬価80.5円 、1ボトル10gで805円ですので、3割負担の方は、240円となります。


1日1回の塗布となりますので、症状にもよりますが、余裕を持った数量での購入が良いかと思いますので、頻繁に医療機関を受診できない方は、医師に相談されて下さい。

ゼビアックスローションに副作用はある?

ゼビアックスローションは、副作用を起こす頻度が少ないと言われていますが、抗生剤を使用していますので、耐性菌を発生させない注意が必要です。


また、塗布後に塗った部分の皮膚に痒みや、乾燥感、刺激感が生じる可能性があるとされていますので、症状が酷い場合は、副作用の可能性がありますので、直ちに塗布を中止し、医師や薬剤師に身体の変調を伝えてご相談して下さい。


また、ゼビアックスローションと類似した成分を含有する薬は、効果を増す場合や、副作用の原因にもなりますので、ご注意下さい。

スポンサーリンク

ゼビアックスローションを塗る際に気をつけることは?

ゼビアックスローションは、ボトルタイプでローションは、粘り気がありますのでピンポイントで、患部に塗る事ができますし、液ダレの心配もありませんので、医師の処方に従ってお使い下さい。


通常は、1日1回の塗布で良いとされていますが、約1ヵ月使用しても効果がでない時や、炎症が治まった時は、耐性菌を出さない為にも、ゼビアックスローションの使用は止める事とされていますので、塗る開始時に、医師や薬剤師に確認しておくのが良いかと思います。


また、塗布時に急に生理的機能が悪くなって、免疫力が低下している場合は、無理に塗布せずに、医師や薬剤師と相談後、治療上の有益性が認められる迄、塗布を避けた方が無難です。


更に、抗生剤が、体質的に使用できない方や、過敏性の既往歴がある方、授乳中・妊娠・妊娠していると思われる方、小児への塗布は安全性が確立していない為、医師や薬剤師と相談後、塗布の有益性が認められる迄、使用を避けた方が無難です。


参考までの記載事項に、キノロン系合成抗菌薬の経口剤で、光線過敏症の報告があるそうですので、塗布後の日射にはお気を付け下さい。


ゼビアックスローションは、眼には使用できない事と、誤って目に入った場合は、すみやかに水でよく洗い流して下さい。


ゼビアックスローションの保管場所は、常温で直射日光が当たらず、湿気のない涼しい場所へ保管し、使用期限の過ぎた商品は廃棄し、小児の手の届かない場所への保管をお願致します。

まとめ

ゼビアックスローションは、他の抗菌薬と比較すると、抗菌作用が強く、効き方も持続しますので、治療薬としては良い薬ですが、稀に効き目がでない為に、長期間使用してしまう方がおりますが、耐性菌が発生してしまう確率が高くなり、逆に効き目が無くなってしまいます。


素人判断はできませんが、キノロン系の外用抗菌薬には、アクアチム・ゼビアックスと言った薬もありますので、耐性菌の問題が残りますが、ゼビアックスローションが効かない場合は、医師と相談されお使い下さい。


ニキビにお悩みの方にはこちらの記事もおすすめです
ドルマイシン軟膏のニキビへの効果と注意点について解説

スポンサーリンク