内出血 顔 治し方



転んだり、どこかに打ち付けたときなどに出来る「あざ」ですが、どんどん変色していき広がる為、気になりますよね!しかもそれが顔であったら、暫くはひきこもりの状態にもなりかねない為、出来るだけ早く治したいものです!


また、巷では「若い時のあざは、出来にくく・治りやすい」とか「歳を重ねてから出来たあざは、出来易く・治りにくい」とも言われるほど、老化が進むごとにあざも治りづらくなるようです!


しかし、そんなあざも対処方法で早く治ると言う事をご存知でしたか?



日常生活の中でどんなに気を付けていても起きてしまう怪我は防ぎようがないですよね。


それが人の目につきやすいならば、尚更テンションも下がってしまいます!


女性ならお化粧をすることで或る程度は隠す事が出来ても、男性の場合はそうもいきません。せいぜいマスクを着用することぐらいだと思いますが、そんな内出血も時間の経過と共に消えるどころか益々色も濃くなり広がってしまうようです。


しかし、「顔にあざが出来た!」と思った時点で早急に処置をすることであざは最小限にとどめる事ができるようです!

スポンサーリンク

あざが出来てしまう原因は?

体や顔などの部分をどこかに強く打ち付けた場合、皮膚の毛細血管の一部が損傷して出血を起こしてしまいます。その部分の皮膚が切れる事で血液は外へ流れ出ますが、皮膚の中で血液が溜まってしまうと内出血となり後のあざへと移行する原因となります。


内出血の段階ではその部分が赤く腫れて熱を持ち痛みもある為、その時点で冷やすことであざの進行具合も最小限に抑える事が出来るようです!


また、打った覚えがないのにあざが出来る場合は、病気である事も考えられるため、一度医療機関で受診することが必要です!

スポンサーリンク

治し方は?

あざを早く治す為には、最初が肝心であり打撲や打ち付けた直後に先ず冷やす事が大切です!

そのままで放置しておくと炎症部分や内出血も広がり後に出来るあざの大きさにも影響する為、最初の処置が大切であると言えます。


その対策として以下のようにまとめてみました!

○患部を24時間以内に冷やす

打撲や打ち身などの直後は熱を持って炎症を起こしており皮下出血がある状態である為、冷やす事で血管が収縮して内出血の量も減り腫れや内出血を抑える事できます。

その冷やし方としては以下のような方法があります。
・氷水で絞ったタオルを当てる

・アイスノンや保冷剤などで冷やす

・冷えた缶ビールなどをタオルにくるんで当てる

などなど様々な冷やし方がありますが、先ずは冷やす事が大切だと言う事です。
しかし、冷やし過ぎても凍傷をおこしてはまた困った事になる為、ほどほどが一番良いようです!

○患部を温める

冷やした患部が落ち着いたら今度は逆に温める事が大切です。


24時間以上経過した場合、打った患部は赤みや腫れが消えて青紫色に変色してしまい所謂、あざとして残ります。また、それ以降は色素沈着が進みしばらく残る状態になってしまうため、温める事で肌から色素沈着した色素を追い出す事が出来ます。


その方法としては、入浴中に軽くマッサージをするなどや蒸しタオルを乗せる事も効果があります。

○食事療法

シミや色素沈着を早く治す為には、毎日の食事にビタミンCを摂りいれる事が良く、新陳代謝を活発にすることで治りも早くなると言う事です。

血液にとって必要な成分は、「鉄分」と「ビタミンC」でありこれらの成分を努めて摂る事で肌の回復に繋がります!

成分を含む主な食べ物は以下のようになります。

・鉄分・・・小松菜、レバー、パセリ、・・・など等

・ビタミンC・・・ブロッコリー、ピーマン、レモン、イチゴ、ゴーヤ・・・など等

○薬の使用

薬剤にも肌のシミや内出血などによい働きをするものもある為、それらを利用することで早く治る物と思われます。

また、漢方薬にも内出血などに効果があるものが多い為、試してみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

日常的に気をつけたいことは?

高齢者などは反射神経が衰えている為、少しの段差などに躓き転ぶ事も多いので注意が必要です。常日頃の食事や生活習慣を見直し運動などをして足腰を丈夫にする努力も大切です。


また、若い人の歩きスマホなどは前を良く見ていない為、思わぬ事故にも繋がることから注意が必要です!

まとめ

日常生活の中で怪我はどんなに注意しても回避できない事ですが、日頃の運動やストレッチなどで体の柔軟性を保つ事により大事に至らないこともあります。


しかし、打ち身などであざを作ってしまった場合は、最初の処置をしっかりしてその後の対策を上手に行う事で早く治ることから実践してみてはいかがでしょうか!


以上、顔の内出血(あざ)の治し方についての徹底解説でした。


あざについてにお悩みの方にはこちらの記事もおすすめです
内出血・あざを早く消す効果的な方法について解説

青あざができやすいのは病気なの?原因と対策について解説

スポンサーリンク