頭痛 寒気 吐き気



お酒は適度に飲めば「百薬の長」と言われるように身体にとって良い働きをします。

確かにお酒を飲むことで緊張がほぐれてリラックスした気分になりストレス解消に繋がりますよね。また、お酒を飲むことで入眠効果も得られることから眠れない夜は少量のアルコールを摂る人もいるようです。

しかし、これはあくまでも少量のアルコールを摂取した場合のはなしで、摂りすぎれば逆効果だと言う事をご存じでしょうか?

今回は、そんなお酒を飲み過ぎて眠れないときの原因やその対策などについて解説したいと思います。

スポンサーリンク

お酒を飲み過ぎて眠れない・・・

仕事帰りにお酒を飲み過ぎて終電に間に合わず、近くの公園などで気持ちよさそうに高いびきをかきながら眠っているサラリーマンを見かけますが、お酒を飲むとこんなに気持ちよく眠れるものかと勘違いしてしまいそうですよね。

しかし、アルコールは飲み過ぎれば毒にもなり脳を興奮状態に保つ事から、いざ寝ようと思いベッドに入ってもなかなか眠れないと言う事になり寝つきは悪くなるようです。

つまり、このサラリーマンの場合は熟睡しているように見えていても、実際は質の悪い睡眠を続けているだけのことで、ある意味、慢性化している状態だと言えます。

御気の毒様・・・

お酒はほどほどが一番のようですよ!

なぜお酒を飲み過ぎて眠れない時があるの?

イライラ 薬 ツボ



時々ドラマなどで眠れない夜に「ブランディーを1杯飲んで眠る!」と言うシーンがありますが、お酒を飲むとぐっすり眠れると言う事を認識してしまいますよね。

しかし、これはあくまでもアルコールを少量摂った場合の事で、大量のアルコールを摂った場合は、逆効果のようです。

そもそも睡眠と言うメカニズムから考えると、睡眠には深い眠りである「レム睡眠」と浅い眠りの「ノンレム睡眠」の2種類からなっており、通常はこの2つの睡眠がバランスを保ちながら交互に働く為、快眠へとつながるものです。

しかし、大量にアルコールを摂取した場合、アルコールの作用によりこの2つのバランスが崩れ、浅い眠りである「ノンレム睡眠」だけが続く為、熟睡できない事から疲れが取れない、又は寝不足の状態になってしまうと言う事が起きてしまいます。

しかも、アルコールは脳を興奮状態にする為、大量に飲んだ場合は寝つきも悪くなり、アルコールの利尿作用によってもトイレが近くなりその結果よく眠れないと言う事に繋がります。


お酒を飲むと眠れない理由を動画で解説↓



スポンサーリンク

飲み過ぎて眠れない時の対処法は?

・対処法①(アルコールの量・時間)

睡眠の質は、お酒の種類ではなくアルコール量と時間帯に影響します。

肝臓がアルコールを分解できる限度は日本酒で1合、ビールなら中瓶で1本程度とされており、これに必要な時間帯は約3時間と言われています。

つまり、飲む量を少なくすることは当然のことですが、寝る3時間前までに飲み終える事でアルコールの分解が終わっている為、睡眠中に目が覚めると言う事は回避できるものと考えられます。

・対処法②(水分補給・ビタミン補給)

肝臓がアルコールを分解する為には大量の水分が必要になります。また、アルコールによって脱水を起こす場合もある為、お酒を飲むときは水を用意して交互に摂るか、飲んだ後はスポーツドリンクのようなものを摂る事が良いようです。

また、同時にビタミンB1も大量に失われる為、ビタミンB群を含む果物やサプリメントなどを摂る事もおすすめします。

・対処法③(抱き枕)

眠っているときの脳は麻痺状態と同じであり筋肉が弛緩して寝返りなどが難しく、翌朝は疲れがとれないと言う事になります。

その為、寝る姿勢は横向きが良い事から抱き枕を使う事で寝る姿勢が安定すると考えられます。


これらの他には肝臓に良いとされるサプリメントなどを、お酒を飲む前後に飲む事をお薦めします。

スポンサーリンク

お酒を飲む際に気をつけることは?

明るい性格 なるために2



お酒を飲むときは、次の日に響かない程度にとどめる事で、二日酔いも免れるものと思われますし、何と言っても質の良い睡眠によって1日の疲れが無くなる事を考えればお酒は飲み過ぎない事が一番だと思います。

その他の注意点としては以下のようになります。

・眠れないからと言って毎日お酒に頼る事は慢性化を引き起こす事になるのでやめましょう。
・睡眠薬と一緒に飲まないようにする。

まとめ

お酒は、少量なら寝つきも良くなりストレスの発散にも繋がりますが、適量以上に飲み過ぎた場合は脳が興奮状態になる為、なかなか眠れないと言う状態を作ってしまいます。

また、寝ていても熟睡できていない事から疲れがとれないと言う事にも繋がります。

毎日、毎日気を遣って家族の為に働き続ける体は思った以上に疲れ切っているものです。

熟睡できると勘違いしてお酒を大量に飲んでも逆効果である為、お酒は飲み過ぎない事が一番であり、どうしても飲まなければならない時はお酒の側に水を用意して眠りにつく3時間前には切り上げるようにしましょう。

家族にとっても大切な身体です!大切にしましょうね!

以上、お酒を飲み過ぎて眠れない時の原因と対処法についての解説でした。


お酒を飲みすぎた時の対処法について以下の記事で解説しています↓
お酒を飲みすぎた時の対処方法を徹底解説

スポンサーリンク