首 コリコリ しこり



喉の周辺が腫れて痛む場合、ほとんどの人は風邪を疑いますよね。

よく「扁桃腺が腫れて痛い」と言う事を耳にしますが、こんな時は決まって熱が出たり、ご飯を飲み込むときに違和感を感じたりするものです。

しかし、風邪の症状が治るころにはこのような症状も解消されるものですが、喉仏周辺の痛みの中には重篤な病気もある為、簡単には考えられない症状です。

今回は、そんな喉仏の横を押すと痛いときに考えられる原因や対策などについて解説したいと思います。

スポンサーリンク

考えられる原因は?

喉が痛む場合は、風邪をひいたりインフルエンザを発症したりした時などに扁桃腺が腫れる事で起きる事が多く、特に喉仏の横を押すと痛いと言う場合はリンパ節の腫れや甲状腺機能障害も考えられることから病気のサインと受け止めて早めに対処することが必要になります。

そして、普段は喉仏の横を押しても何ら違和感などないのが普通ですが、押すと痛みを感じる場合、多くは疲労やストレスなどによって免疫力が低下したところへ細菌やウイルスなどが侵入してしまい扁桃腺炎を起こした事が考えられます。

また、扁桃腺炎が進行すると頸部リンパ節が腫れて炎症を起こす事になり重症化してしまう事もあるので簡単には考えられない症状です。

その症状を引き起こす原因としては様々な事が考えられていますが、主な物は以下のような事です。

・外耳炎、中耳炎

耳の病気が原因でリンパ節が腫れる事があり、稀にガンである事も考えられる為、注意しなければなりません。
また、歯周病などでもリンパ節が腫れる場合もあります。

・甲状腺の異常

喉の横を押して痛みがある場合は甲状腺機能障害を疑ってみる必要があります。
甲状腺の病気には代表的な橋本病があり、自己免疫の異常によって自己抗体が甲状腺を攻撃することで甲状腺ホルモンの分泌量が低下する病気です。

また、もう一つにはバセドウ病であり、自己抗体が甲状腺を刺激することで甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気です。
特に女性に多くみられる病気であり、甲状腺の腫れは良性腫瘍がほとんどだとされていますが中には悪性腫瘍の場合もある為、早めに検査をする事が大切です。


このように喉仏の横を押すと痛みがある場合は甲状腺やリンパ腺などに関係する病気も考えられるので簡単には考えずに早めに病院を受診することをお薦めします。

スポンサーリンク

痛いときの対策は?

喉 上 痛い



急性リンパ節炎のような風邪で炎症を起こした場合や虫歯や歯肉炎が原因であるときはその症状が治れば改善していくものですが、中には治療を必要とする病気もある為、早めに医療機関を受診することが一番です!

その為、ここでは喉の痛みがあっても病院に行くまでではなく、少しでもその痛みを和らげる対策としてご紹介いたします。

・対策1(うがい)

口中や喉の奥についた細菌やウイルスを洗浄することで清潔に保つ為、痛みが和らぐ事もあります。

・対策2(お風呂)

熱が高いときは控える事が大切ですが、比較的熱が安定しているときは身体を温める事で血流やリンパ液の流れが良くなり免疫力も高まります。

また、同時に水分補給も十分に行いましょう。

・対策3(薬・病院)

市販の薬でも喉の痛みを和らげる効果はあります。

のど飴やトローチなどはお薦めできます。

これらの対策を行っても改善されない場合は、早めに病院を受診することをお薦めします。

スポンサーリンク

日常的に気をつけたいことは?

風邪などから扁桃腺炎になると、悪化して慢性化してしまうため様々な余病を引き起こす事にもなります。

その為、出来るだけ慢性化させない事が重要であり普段から気をつけておくことが大切です。

・身体の免疫力を高めておく

毎日の食生活に気をつけてバランスの良い食事を摂り免疫力を高めておくことで細菌やウイルスの侵入を抑える事が出来ます。
特にハチミツは殺菌効果もある為、はちみつ入りの生姜湯はお薦めできます。

・乾燥を防ぐ

空気が乾燥するとウイルスが拡散しやすくなるため、部屋の湿度を保つようにします。
また喉の乾燥を防いだり、細菌やウイルスなどの感染防止にマスクの着用をお薦めします。

・ストレスや疲労の改善

疲労やストレスは免疫力を低下させるため、疲れた時はゆっくり睡眠をとって身体を休める事が大切です。
また、運動などで良い汗を流す事はストレスも解消することに繋がる為、お薦めできます。


喉の痛みを緩和させる方法を動画で紹介↓

まとめ

明るい性格 なるために2



寝苦しい夜は低めに設定したままエアコンをつけて休む人がいますが、次の朝、喉が痛いと言う扁桃腺が腫れる原因にもなります。

その為、健康的に日常をおくるためには毎日の食事や生活習慣がキーポイントでありバランスのとれた食生活や規則正しい生活習慣が自己免疫力を高める事に繋がります。

また、喉の痛みや腫れはその場所によっても違いがあり、特に喉仏の横を押すと痛む場合は、単なる風邪の症状だけではなくリンパ腺や甲状腺の病気が考えられるため簡単に考えず、早めに病院を受診することが大切です。

関連記事1:扁桃腺肥大の手術費用・入院期間について解説
関連記事2:喉の違和感はストレスが原因!?何科に行けば良い?

スポンサーリンク