縄跳び 健康

ダイエットの低予算で簡単にできる方法として、「縄跳び」があげられます。100円ショップでも簡単にお安く手に入りますし、比較的広いおうちでしたら、室内でも家の前でも手軽にできる運動になります。

注意することは、電気が割れてしまったら大変ですので、縄跳びをする環境を整えてくださいね。マンションでしたら下の階などに気を使うので外で行いましょう。

お子さんはもちろん、大人でもできる縄跳びです。ボクシングをされる方は、縄跳びで準備運動をしているのをジムなどの前を通りかかったら見かけることがあると思います。今回は、縄跳びのことについてまとめてみました。

スポンサーリンク

縄跳びの体への健康効果は?

近年ストレスが蓄積されている方が多いですが、縄跳びをするとストレス解消、発散にもなるのです。

無心でピョンピョン飛び続けると、心地よい疲労感で良い気分転換になります。縄跳びを飛び終わった後には、すっきりしていることでしょう。

テンポよく一定のリズムで飛び続けることで、俊敏さも身に尽き、リズム感が向上、そして自律神経も整います。

縄跳びは、全身の筋肉をバランスよく鍛える運動になります。特に下半身には効果てきめんです。

体内の血液の巡りが良くなるため、新陳代謝の向上にもつながり、自然と疲れがたまりにくくなる体質に変わります。体脂肪の燃焼にも効果がありますので、無駄なぜい肉が落ち、太りにくくなり、肥満防止にもなります。

ある程度の年齢になると、脂肪が落ちなくなってくるのに気付いている方も多いのではないでしょうか?毎日の仕事で疲れ切っていて、スポ-ツジムに行ってまで運動をする余裕もないですよね。縄跳びは、自宅でできますのでわざわざ何万もかけてスポ-ツジムに行かなくても100円程度で済みます。

スポンサーリンク

縄跳びで鍛えられる筋肉は?

全身運動になりますが、特に下半身に集中して筋肉が付きやすくなります。上半身としては、手首、お腹、背中。下半身としては、お尻、ふともも前と後ろなど。

総指伸筋・尺側手根筋・腹直筋・外腹斜筋・広背筋・大殿筋・腸腰筋・縫工筋・半模様筋・半腱様筋・ヒラメ筋などが縄跳びによって鍛えられる筋肉になります。

筋トレをしたあとに、縄跳びをすると効果的です。筋トレとしては、ストレッチとして腕立て伏せ・背筋・腹筋・スクワット・ダンベルなど、簡単にできるものになります。

体を十分に温めてから縄跳びをすると汗も流れやすくなり、脂肪も早く燃焼します。

20分間くらい有酸素運動をしないと意味がないといわれていますが、あまり普段から運動をしたことがない人には20分という時間は長いですよね。最初は、一分でも二分でも良いのです。

それを徐々に習慣になってから増やしていけば良いのです。最初から飛ばして、三日坊主に終わるよりも、簡単に短い時間ですっきり終わって、それを毎日続けてできる方が効果的です。朝起きたとき、夜寝る前の二回できれば良いですね。
ランニングは、夜は石や段差などにつまづいて転んでしまうなど怪我も起きないとは言い切れません。

縄跳びは、その点、無理な跳び方さえしなければランニングよりも怪我をする危険度はとても低いです。縄跳びの後には、足などをマッサ-ジをしてほぐしてあげましょう。

スポンサーリンク

縄跳びの消費カロリ-は?

無酸素運動(速筋)とは、瞬間的に大きな力を発揮する筋肉です。

有酸素運動(遅筋)とは、力を長時間維持できる筋肉です。

縄跳びは、スタミナと遅筋を鍛え、バランスのとれた体を作り上げます。効果が出る期間を短くすることができます。

10分でだいたい100キロカロリ-、30分では300キロカロリ-程度消費します。

基礎代謝とは、生命活動を維持するために、生体で自動的に行われている活動で必要なエネルギ-です。

一日男性では、1500キロカロリ-。女性では、1200キロカロリ-必要です。筋肉量を増やすと基礎代謝量は増えます。縄跳びも最初は少ない回数でだんだん慣れてきたら時間も増やしていくと良いでしょう。

まとめ

跳び方は、いろいろあります。片足跳び、二重跳び、駆け足跳びなど自分にあったやり方を見つけて、楽しく続けていけると良いですね。心肺機能が整い、胃腸や肝臓などの内臓に刺激を与えることによって生活習慣病も予防できます。

骨粗しょう症にも期待できますね。エア縄跳びでも良いので今日からでもぜひ試してみましょう。

スポンサーリンク