胃痛 吐き気 げっぷ


食べ過ぎたり飲み過ぎたりした時にゲップが出る事はありますが、あまり行儀が良くない事から我慢をする女性は多いものです。


また、欧米ではオナラよりもゲップの方がマナー違反だと言われていますが、日本ではどちらも恥ずかしいものとされており、国によっても感じ方は様々にあるようです。


ところでそのゲップですが、人によっては食べたり飲んだりした後でもないのに止まらなくなる事もあるようです。しかも、胃痛や吐き気を伴うゲップの場合は病気の可能性もある為、注意が必要です!


今回は、そんな胃痛があり吐き気やゲップが止まらない原因と対策について解説したいと思います。

スポンサーリンク

胃痛があり吐き気やゲップが止まらない!

食べ過ぎや特に炭酸飲料などを飲んだ後は、ゲップが良く出ますがこれは特に変わった事でもなく誰にでも起こり得る現象ですが、ゲップの回数が多くなったり止まらない場合は、病気の可能性もある為、注意が必要です!


また、その他の症状として胃痛や吐き気を伴ったものであれば尚更心配にもなりますよね。


さて、その原因はどんなものがあるのでしょうね?

胃痛があり吐き気やゲップが止まらないときに考えられる原因は?

ゲップとは、簡単に言えば胃の中に溜まった空気やガスなどが食堂から口腔に向かって出てくる現象を言います。


もともと胃の中には、胃液を攪拌して食べた物を消化しやすくしたり、胃の大きさを保つ為に空気が溜まっている状態であり、食道と胃の間にある弁によってこの空気の逆流を防いでおり、食べ過ぎなどで胃の中の圧力が高くなると弁が緩み空気が口腔に向かって出る現象をゲップと呼んでいます!


これは誰にでも起きる生理現象のようなもので特に心配はないですが、胃痛や吐き気が伴い止まらない症状の多くは胃酸過多症である場合が考えられ名前の通り胃酸が多く出過ぎる状態を言います。


胃酸が出すぎる原因は以下のようなものがあります。
・香辛料・カフェイン・アルコールの摂り過ぎ
・ストレス
・ガストリンの分泌過剰



ストレスで胃が痛むと言う事はよく聞きますが、人はストレスを受けると緊張状態になり交感神経が働きだすと同時に副交感神経も活発に働き始めるため胃酸の分泌が増えてしまい結果的に胃酸過多の症状を起こしやすいと言われています!


またガストリンとは、胃の出口にある幽門底部から分泌されるホルモンの事を指し、胃酸の分泌や血糖値を下げるインスリンの分泌を促進する働きがあるため、多く分泌される事で胃酸過多になるとされています!


その他、原因として考えられる事は以下のようなものがあります。
・逆流性食道炎
・胃がん
・胃潰瘍
・呑気症



呑気症は、空気嚥下症とも言われ、大量の空気を無意識に飲み込んでしまいその空気が胃に溜まりゲップとして出る症状です。俗にいう早食いの方に多くみられるようです!


長期に渡って胃痛や吐き気、ゲップが止まらないなどの症状がある場合は、重病も考えられるため早めに医療機関を受診することが大切です!

スポンサーリンク

胃痛があり吐き気やゲップが止まらない時の対策は?

対策としては暴飲暴食をなくすことが一番ですが、食べ物が胃の中にない場合でも胃酸過多の症状になる場合もある為、その限りではないようです。


その他の対策としては以下のような事が考えられます。

・対策1・・・食生活の改善

香辛料やカフェイン、アルコールなどの刺激物は胃酸の分泌を促進させる為、避けることが良いようです。

また、消化の良い物や胃酸の分泌を抑えると言われるカルシウム、マグネシウムなどを摂るようにしましょう。

・対策2・・・ストレスの発散

ストレスは胃腸の働きと密接な関係がある為、ストレスを溜めると胃腸を崩しやすく自律神経も乱れやすくなることから、運動や音楽鑑賞、カラオケなどで発散することが大切です!

・対策3・・・胃酸分泌抑制剤などの薬の利用

先ずは、薬剤師などに相談することも対策の1つです!

胃酸分泌抑制剤などを配合した市販薬もある為、利用することも良いです。

H2ブロッカー(ヒスタミンH2受容体抗薬)などは有効的です!


これらの対策が考えられますが、薬はあくまでも応急処置であり改善されない場合は、早
めに病院を受診することをお薦めします。

スポンサーリンク

日常的に気をつけたいことは?

日頃から炭酸飲料や暴飲暴食を避け、また早食い癖のある人は良く噛んでゆっくりとした気持ちで食事をする事が大切です!


また、胃に負担がかかるような脂肪分の多い物や刺激物などを避ける事で胃への負担を減らす事ができます。


気をつけていても胃痛やゲップ、吐き気などの症状を何度も繰り返す場合は、大きな病気が隠れている事もある為、病院を受診することが必要です!

まとめ

胃腸とストレスは密接な関係がある為、出来るだけストレスは溜めない工夫が大切です。しかし、現代社会ではストレスを取り去る事は難しい為、溜めない工夫よりもストレスと上手に向き合う事で軽減できるものと言えます。


また、日頃から胃腸に負担が掛らないように規則正しい食生活を心がける事が大切だと言えます!


以上、胃痛があり吐き気やゲップが止まらないときの原因と対策についての解説でした。


胃の違和感・吐き気にお悩みの方にはこちらの記事もおすすめです
→みぞおちに違和感があり吐き気・ゲップが止まらないときの対策について解説

スポンサーリンク