目 黒い点



何気ない日常生活の中で突然視界の中に黒い点が見える事はございませんか?

しかも、その点が虫のように飛び回って見えたりすると気持ちが悪いものですよね。

実はこの症状は、飛蚊症と言われており視界に黒い点が見えると言う患者数の中では一番多いと疾患と言われているものです。

多くは放置しても自然に治癒する場合が多く特に心配もないですが、中には失明する病気もある為、注意が必要です。

今回は、そんな目の中に黒い点が出来るときに考えられる原因と対策について解説したいと思います。

スポンサーリンク

目の中に黒い点ができた!

外に出た途端、視界に黒い点のようなゴミか、又は虫のような物が現れる場合があり手でこすってもなかなか取れないと言う事があります。

しかも、目を動かすごとに同じようについてくると言ったなんとも気持ちの悪い現象が起きる事がありますが、一般的にはこの症状を飛蚊症と呼ばれておりご存知の方は多いと思います。

飛蚊症は、眼球の中の硝子体の中に活性酸素が発生して酸化したタンパク質などが視界の妨げになる病気であり視界に黒い点が見える場合は、ほとんどがこの飛蚊症であると言われています。


飛蚊症とは

また、多くは眼精疲労や生理的な飛蚊症である場合が多く放置しても自然に消えていく為、特に心配することもないようです。
しかし、中には眼病が原因で起きている場合もある為、簡単には考えられません。

目の中に黒い点ができたときに考えられる原因は?

目 黒い点



飛蚊症は眼球の硝子体の中に活性酸素が発生した場合に起きやすいとされており、その活性酸素が発生する原因には以下のような事が考えられます。

・紫外線の刺激
・ストレスによる刺激
・加齢

この中の紫外線の場合は、眼球のなかの硝子体内部に活性酸素が発生する原因の一つであり、近年ではオゾン層破壊などの影響から毎年のように有害な物になっています。

その為、肌だけでなく目も太陽の光にさらされない工夫が必要です。

また、ストレスや紫外線などの刺激は誰でも日常生活の中で避けられない事である為、視界に黒い点が出たと言っても全てが生理的な飛蚊症であるとは言えず、加齢や個人差などもある為、実際には分からない物が多いようです。


因みに目の病気が考えられる場合は以下のようなものになります。

・網膜剥離

眼球内部の組織が何らかの影響で薄くもろくなって剥がれたり穴があいてしまう病気であり、視力に大きく影響する病気です。

特に近視の人などはこの病気になりやすい傾向にあり黒い点が見えたあとに増えたり伸びたりした場合は早めに眼科を受診することが大切です。

・緑内障

徐々に視界が狭くなり見えない部分が広がって行く病気であり、場合によっては失明もある為、早めの治療が必要です。

・眼底出血

眼球の網膜に炎症が起き、滲み出た炎症性細胞やタンパク質が硝子体内部に侵入して異物として視界に現れる事があります。

・眼精疲労

パソコンの画面を長時間見る事でドライアイとなり、更に有害な光にさらす事になる為、目の疲労が起きやすくなります。


眼病の場合、症状的には生理的な飛蚊症と何ら変わりない為、症状から区別することは難しいですが、視界に黒い点が見える他に眼の痛みや視界の異常などが現れた場合は早めに眼科を受診するようにしましょう。

スポンサーリンク

目の中に黒い点ができた時の対策は?

飛蚊症は目の疲労や病気の初期症状である為、この段階で早めの対策を講じると回復も早く大事に至らない場合もあります。

その対策としては以下のようになります。

・対策1(眼を酷使しない)

パソコンなどを長時間使う事で眼精疲労が起きている場合が多い為、少しの間目を休ませる事が大切です。

しかし、仕事などでどうしても必要な時は、時々休憩などを入れて休むように工夫することです。

また、目の疲れをとる方法としては以下のような事が考えられます。

♢遠くの景色を見る
♢目頭のツボを軽く指圧する
♢眼球をグルグル回して目の周りの筋肉をほぐす
♢ホットアイマスクなどで目の周りを温める

・対策2(姿勢)

パソコンやデスクワークなどを行っていると無意識に猫背の状態になり、姿勢が悪くなり、その為、目にも負担をかけている事が多いです。

姿勢を正してパソコン画面との距離を適度に調整するようにしましょう。

・対策3(紫外線から目を守る)

紫外線が網膜を通る事で活性酸素を発生させてしまうため飛蚊症の症状が起きやすくなります。

その為、外に出る時はサングラスや紫外線防止のついた眼鏡をかけるなどの対策が必要です。




また、目に良いと言われる栄養素を摂取するようにすることも対策の1つになります。

例えば、大豆食品や小麦、アーモンドなどは良いとされています。

生理的飛蚊症の場合は、放置しても自然に治癒される事が多く特に目に異常を及ぼす事は少ないとされていますが、病気である場合は放置することで悪化して失明もあり得るため、症状が長引き飛蚊症以外にも症状が認められた場合は早めに眼科を受診することが大切です。

スポンサーリンク

日常的に気をつけたいことは?

パソコンやスマートフォンを使用することで目に過剰な負荷をかける事になり、その結果目に疲労やストレスが蓄積されて飛蚊症を発症する事に繋がる為、長時間の使用は出来るだけ控える事が大切です。

また、飛蚊症をサプリメントや目薬で治療することはできないと考えられていますが、リスクの回避や予防策としては、利用することも予防に繋がります。

まとめ

目 黒い点



目の中に黒い点のような物が見えると言う症状を訴える患者さんの多くは飛蚊症である場合が多く、そのほとんどは眼精疲労や加齢による生理的飛蚊症であり特に心配のない物だとされています。

しかし中には眼病のサインとして症状が現れる場合もある為、眼科でしっかり検査をする事が大切です。

以上、目の中に黒い点ができるときに考えられる原因と対策についての解説でした。

スポンサーリンク