朝 スッキリ 起きる 方法



誰もが一度や二度は、朝の目覚ましに気が付かない経験はあると思いますが、それが毎日続くと、不安やストレスが溜まってしまいます。


目覚ましの音量や、繰り返し等の設定をしても気が付かず、寝坊してしまう事には、何らかの支障があるはずです。


軽度な症状であればよいのですが、放置すると過眠症(ナルコレプシー)や、睡眠時無呼吸症候群と言った自分では治せない、生命に関わる病気もありますので、長期にわたって朝、目覚ましに気がつかず起きられない方は、注意が必要です。

スポンサーリンク

朝スッキリと気持ちよく起きられないときに考えられる原因は?

現代社会では避けられない、日々の不規則な生活から生じてしまう、生活習慣病を起こしやすい要因の幾つかが、該当している時や、端的に耳の障害・起床障害(他の疾患が深い可能性大)等が、原因として揚げられます。


その一つ目は、自律神経である交感神経と副交感神経の調和のバランスが乱れると、朝の目覚ましに気が付かない時があります。


睡眠時の自律神経の状態は、交換管神経が優位になっている事が良いとされていますが、不規則な時間に追われる生活習慣が身に付くと、疲労やストレスが溜まり、人間が持っている体内時計も崩れます。


それにより、脳から睡眠への通常伝達が行われなくなり、交換神経が夜になっても優位性を持続している為に、なかなか睡眠状態になれず、朝方に寝てしまい2度寝をしてしまします。


また、仕事・学校、居住地、気候など、環境の変化に対応できない場合も、ストレスが生じてしまい、精神的な負荷が様々な病気を誘発して、不眠傾向になってしまう事があります。


起床障害は、睡眠障害との合併症が多いので、頻尿、胸痛、頭痛、眩暈、睡眠時無呼吸症候群などの症状が多く出る時は、医療機関を受診され、服薬や生活指導、食事指導などの助言を受けられて下さい。

スポンサーリンク

朝スッキリと気持ちよく目覚めるために必要な事は?

朝スッキリ気持ちよく目覚めるためには、質の良い睡眠をとる事が大事とされています。


質の良い睡眠とは、7時間前後の睡眠が良いとされ、その睡眠中には、睡眠の質となる深い睡眠(レム)と、浅い睡眠(ノンレム)が交互にバランス良く持続していく事が朝のスッキリとした目覚めに繋がっていきます。


しかし、生活習慣病の一つである自立神経失調症を招く、栄養のバランスの乱れ、過度の運動や運動不足、精神的なストレスの蓄積など、知らぬ間に身体に負荷が罹っていると、睡眠のバランスが崩れてしまいます。


特に、就寝時の穏やかな精神状態を保つ機能である、副交感神経に異常が生じると、睡眠時間は取っていながら、睡眠の質が悪くなり、朝にスッキリとした目覚めができなくなると伴に、日中に眠気や疲労が漂ってしまう症状が出てしまいます。


就寝前のリラックスは、個々に違いはあると思いますが、一般的には、入浴やマッサージ、ハーブ系の心地よい匂い、温かめの牛乳や白湯が良いとされています。


ストレスが溜まってため息が出る方へ、朗報です。
ため息の原因とからだへの効果・効能について解説


カフェインの摂取は覚醒作用が強いので、避けた方が良さそうです。


更に、睡眠前のアルコールも、睡眠導入効果はありますが、眠りは浅くなり質を落とす傾向と、睡眠時無呼吸症候群と言う、呼吸が一時的に止まる病気や、高血圧・肥満に罹りやすくなり、他の病気を招く事がありますので、避けた方が良さそうです。


また、日々の規則正しい生活や、同じ時刻の就寝・起床が、睡眠サイクルを円滑にし、質の良い睡眠となり、翌朝のスッキリとした目覚を助長してくれます。


朝は、太陽の日差しが、体内時計を動かしてくれますので、可能な限り足元の方のカーテンは薄日を通す生地、枕元のカーテンは暗めの生地と、工夫されるのも部屋の環境改善として参考にしてみて下さい、

スポンサーリンク

どうしても起きられない時、頼みの目覚まし時計を紹介

時計1:ピクシス

セイコークロック・スーパーライデンデジタル電波時計 大音量NR523K(大音量で有名)

時計2:インティ

光目覚まし時計(人間が本来持っている体内時計のように、朝の目覚めに使用したい方向け)

時計3:CIMA-TECH

大音量で爆裂振動式で有名

まとめ

単純に、疲労やストレスなど生活習慣の改善をする事で、朝の目覚めが良く成る方は幸運で、過眠症といった自覚症状が無く眠ってしまう病気は、事故など日常生活に過大なる損害を起こしてしまう可能性があります。


朝スッキリ目覚める事が出来ない時や、異常な眠気が続く場合は、医療機関を受診され、適切な治療をされて下さい。


ストレスを感じて寝苦しい方にはこちらの記事もおすすめです
ストレスによる頭痛や吐き気がひどいときの対策について解説

スポンサーリンク