ボーコレン 効果 副作用

ボーコレンの成分は?

ボーコレンは、漢方薬の「五淋散」料エキスとされる方剤で、排尿時の痛みや、頻尿、残尿感、尿濁など、下腹部に不快を覚える時に服薬すると、11種類の生薬乾燥エキス(煎じ)成分が、急性時での酷い排尿痛や、慢性的な痛みを伴う頻尿、残尿感などの不快な症状を、鎮静緩和してくれる作用があり、デリケートな部位での、主とした排尿トラブル時の解消薬として効果が得られる方剤です。


ボーコレンに含有される生薬成分として、

茯苓(鎮静・利尿排出作用)

当帰(血液循環を良くする作用)

甘草(新陳代謝、免疫力の向上・ストレス改善作用)

地黄(強壮・補血・止血作用)

沢瀉(体内水分代謝機能を調整作用)

木通(抗炎症・鎮痛・利尿作用)

滑石(消炎・利尿作用)

車前子(消炎・利尿作用)

芍薬(血流改善、冷え症緩和作用)

山梔子(精神不安抑制作用、鎮静、消炎、解熱薬、黄疸改善作用)

黄ゴン(解毒・細菌毒素の腸粘膜炎症の修復・解熱作用・抗アレルギー作用)

が配合されています。

スポンサーリンク

ボーコレンの主な効果・効能は?

ボーコレンは、排尿時の痛み・頻尿・残尿感・尿の濁りの症状を改善する効果に期待が持てる方剤です。


ボーコレンは、特に大きな疾患を患っていない方でしたら、早期の排尿時のトラブルで生じる、下腹部の不快感などを、鎮痛緩和してくれます。


通常、下腹部に違和感を覚えた時は、尿道から入り込んだ細菌が、リンパや血流にのって、膀胱や腎臓器官に炎症を齎せて、症状を酷くしてしまい膀胱炎・腎盂炎・尿道結石・胆機能障害等など、高熱を伴う全身のだるさと、吐き気、腰や背中の痛み、血尿など様々な病気を誘発する可能性があります。


ボーコレンは、排尿時の違和感を覚える初期段階で、悪化しないうちに服薬すると、抗菌作用成分も含有されており、尿路器官炎症を消炎鎮静緩和し、不快な痛みや熱感を徐々に取除き、効果を実感できる方剤です。


また、普通の体力がある方向きで、幅広い層の方が服薬できる方剤でもありますので、排尿時に違和感を覚えたら、早めに服用してみて下さい。


市販薬であるボーコレンは、生薬配合量が初めから定量化されていて、自分の体質や症状にあったとは限りません。


この為に、記載通りの効果・効能が生じるとは限りませんので、漢方薬剤師や漢方医の診断を受けて、自分の体質や症状に合った用法・用量で、服用されるのが最善です。


長期連用する場合や、1ヶ月間服薬しても効果が無く、症状が改善されない時は、一度服薬を中止して医師や薬剤師にご相談下さい。


【効能効果】

頻尿。排尿痛・残尿感・尿のにごりなどの諸症状


頻尿にお悩みの方にはこちらの記事もおすすめです
ユリナールの効果・効能や副作用について解説

スポンサーリンク

ボーコレンの値段は?

ボーコレンは、持ち運び便利なパウチタイプの錠剤で、小林製薬から第2類医薬品として販売されていて、調剤薬局・ドラッグストアで購入できます。


1日3回の服薬回数ですので、余裕を持った数量での購入が良いかと思います。


記載してある価格は、通常価格ですので、これを基準にしてネット通販(社によってかなりの差があります)、ドラックストアで購入すると、更に安価な値段で購入できると思います。

ボーコレン(48錠・1600円)、(96錠・3000円)

ボーコレンは授乳中も飲める?

ボーコレンの服薬用法・用量記載事項には、授乳中の方は医師や薬剤師と相談の上、使用をして下さいと明記されています。


医療機関で、排尿痛や膀胱に炎症が生じた治療薬には、尿路感染を抑える上でも、抗生剤が処方されるパターンが多いと思いますが、体質的に服用出来ない方や、授乳中・妊娠・妊娠していると思われる方などは、医師や薬剤師と相談後、服薬治療上の有益性が認められる迄、服薬を避けた方が無難です。


ボーコレンは、漢方薬ですので、ボーコレンに含有されている成分と重複する漢方薬との飲み合せは、効果を増す場合や、副作用の原因にもなりますので、ご注意下さい。

スポンサーリンク

ボーコレンには副作用がある?

ボーコレンを服薬された後に、次の症状が現われた場合は、副作用の可能性がありますので、直ちに服薬を中止し、医師や薬剤師・登録販売者に身体の変調を伝えてご相談して下さい。


消化器系として、食欲不振・胃部不快感などの症状が出る可能性があります。


また、ミオパチー症や間質性肺炎など、予期しない発熱・眩暈・息切れや動悸など、呼吸に異常が現われる場合もありますので、直ちに服薬を中止して医師や薬剤師と相談して下さい。


また、初めての服薬開始時のむかつき・食欲減退は、次第に慣れてきますが、頻度が多く辛い場合には、医師や薬剤師へご相談下さい。

ボーコレンを飲む際に気をつけることは?

ボーコレンは漢方薬ですので、食前もしくは食間である空腹時に、水かお湯で服薬してください。

基準服薬用法・用量は、15歳以上は(1回4錠/1日3回)・7歳以上~15歳未満は(1回3錠/1日3回)・5歳以上~7歳未満は(1回2錠/1日3回)・5歳未満の方は、服用は避けて下さい。


既往症で医師の治療を受けている方、過去に高血圧・心臓病・腎臓病の診断を受けられた方、胃腸が弱く下痢しやすい方は、服薬開始時に医師や薬剤師にご相談されておくと安心です。


高齢者や妊娠・授乳中で、極度に生理的機能が低下している場合は、無理に服薬せずに、医師や薬剤師と相談後、服薬治療上の有益性が認められる迄、服薬を避けた方が無難です。

まとめ

ボーコレンは、生薬で構成されていますので、他の漢方薬に含まれる生薬成分との重複である、飲み合せに注意を要しますが、西洋薬の抗生剤との併用で、排尿時のトラブルが緩和され、精神面でも楽になった方もおられます。


今般の医薬品の進歩は、日進月歩で動いておりますので、主治医や薬剤師の意見を聞きながら、ご自分に合った西洋・東洋医学融合処方を見つけてはいかがでしょうか。


下腹部関連の症状にお悩みの方にはこちらの記事もおすすめです
膀胱炎の治し方って薬以外あるの?自然治癒はする?

スポンサーリンク