コーラ 健康



♪シュワッと爽やかーコカ・コーラ~♪のコマーシャルにつられて大人気のコカ・コーラですが、確かにに飲むと気分が爽快になりリフレッシュできますよね。

そんな爽快気分を味わえるコカ・コーラですが、元々は医療に使われていた事をご存知でしたか?

海外では日本に比べて医療費が高額である為、風邪をひいたときはコーラを飲むように勧められており、その他にも様々な治療に役立っていると言う事です。

しかし、糖分が多く含まれている為、過剰に摂取する事は健康に良くないと言われていますが、そのメリット・デメリットなどが気になるところですね。

今回は、そんなコカ・コーラの健康への影響と体へのメリット・デメリットなどについて解説したいと思います。

スポンサーリンク

コーラの成分は?

子供から大人まで幅広く愛されているコーラですが、甘くて飲むとスカッとする感触は何度飲んでも飽きる事がなくついつい飲み過ぎてしまうと言う方は多いと思います。

しかし、コーラによって砂糖依存症やカフェイン中毒も報告されている事から飲み過ぎる場合は注意が必要ですよね。

コカ・コーラはコカの葉とコーラの実が成分であり、それに幾つかの風味剤や砂糖を炭酸水に混ぜた物がコカ・コーラです。

コーラの実には4%程度のカフェインを含み、コカの葉には鎮痛成分がある為、頭痛を鎮める事から風邪薬の代用として民間療法に用いられています。

このコカの葉はコカインを示しますが、コカの葉自体はコカイン濃度が薄い為、依存性や精神作用は弱く、1903年にはコカインの使用が中止され代用としてカフェインが用いられるようになったようです。

カフェインには利尿作用があり浮腫み予防などが期待できコーラ100g中に8mgのカフェインが含まれていると言われています。

現在の成分としては、果糖ブドウ糖液糖、砂糖、カラメル色素、カフェイン、香料、リン酸、

エネルギー(100mlあたり)48kcal、炭水化物11,9g、カリウム1mg未満、リン20mg、カフェイン10mg

コカ・コーラのレシピは門外不出となり正確なところは明かされていませんが、明かされた一部のレシピからの成分ではこのようになっています。

スポンサーリンク

コーラに健康効果はある?

恥骨 疲労骨折 見極め

コーラは元々アメリカのジョン・S・ペンバートン薬剤師によって生み出された薬であり、精力増強剤や頭痛緩和剤として販売されていました。

また、海外では医療に使われており韓国では風邪をひいたときに生姜とレモンを入れたホット・コーラが民間療法として飲まれていました。コーラや炭酸ガスには副交感神経を優位にする作用があり気持ちを静める働きをする事からストレス解消効果もあります。

海外では医療に活用して様々な治療にも役立てており胃石と呼ばれる物質の溶解作用を利用して胃閉塞の治療に役立てています。

コカ・コーラの健康効果には以下のようなものがあります

・疲労回復効果
・気管拡張効果
・頭痛緩和効果
・消化促進効果
・喉の炎症を鎮める効果
・アレルギー症状を和らげる効果
・しゃっくりを止める効果
・覚醒効果
・利尿効果

これらの様々なメリットとなる効果が期待できるようです。

コーラが健康へ及ぼす悪い影響は?

コーラは私たちの健康に良い働きをする効果がある事が分かりますが、飲み過ぎれば健康に害を及ぼす事も考えられデメリットになる部分もあります。

コーラの成分には糖分が多く含まれている為、糖尿病を患っている方や血糖値を気にしている方にはリスクの高い飲み物になります。

コーラが健康へ及ぼす悪い影響は以下のようなものです。

・糖分の摂りすぎ
・発ガン性

この2つになります。

コーラに含まれる糖分は100ml中11.3gあり、1缶(350ml)に39g以上も含まれる事になります。

WHOで定められている基準値では25gですから、1缶飲むことでいかに摂りすぎるかが分かりますよね。

また、コーラに含まれているリン酸によってカルシウムを阻害してしまうため骨祖鬆症の原因にもなります。最近ではこの砂糖の代わりに人工甘味料が使われていますが、その甘味料も有害物質であり肥満や糖尿病のリスクを高めるとされています。

特に甘味料の中のスクラロースを大量に摂取することで胃腸に悪影響を及ぼし、肥満や糖尿病のリスクが高くなることが報告されており、成分のカラメル色素は発ガン性がある事も報告されています。

しかし、これらは大量に摂取した場合であり350ml缶で3本くらいなら健康へ及ぼす悪い影響は少ないとされていますが、摂り過ぎれば毒にもなりますのでご注意ください!


砂糖のとりすぎによる体への影響を動画で解説↓

スポンサーリンク

コーラを飲む際に気をつけることは?

明るい性格 なるために2

甘くて飲むとスッキリするコーラは子供も大人も大好きな飲み物であるため子供さんは水分補給に飲むことは多いと思います。

しかし、飲み過ぎれば虫歯の原因にもなりますし、カルシウムを阻害することもある為、飲み過ぎないように大人がしっかり管理することが大切です。

糖分はエネルギーとなるものなので必要ですが、摂りすぎれば高血糖、糖尿病などのリスクも高くなることから、やはり飲み過ぎない事が一番ですね。

まとめ

コカ・コーラはアメリカのジョン・S・ペンバートン薬剤師によって生み出され、海外でも医療に活用され様々な治療に役立てています。

また、たくさんの健康効果も認められており風邪の症状やストレス解消の効果も期待できる為、薦める海外の医師もいると言う事です。

しかし、糖分を多く含むため過剰摂取することで糖尿病や肥満のリスクを高める事から飲み過ぎには十分気をつける必要があります。

以上、コーラは健康にどう影響する?体へのメリット・デメリットについての解説でした。

スポンサーリンク