親指 腹 痛い

親指の腹が痛い!

指先に痛みを感じたことはありますか?指は重要です。皆さんは意識していませんが、思い出してください。

包丁で指先を切ったとき、絆創膏をして傷口を治しますが、その間不便ですよね?指先を扉で挟んだとき、痛みはあるし、腫れたら指先をかばって日常を送り、じれったいくなります。

普段は気づかない指先の大切さを経験する瞬間ですね。

では、指は指でも親指の腹が痛いときありませんか?

親指は指の中で大きいのでトラブルも起こりやすいです。

しかし、親指の腹が痛いと食事でおはしを使ったり、ペンで字を書いたりするときにうまくできません。親指は、痛みが続くと日常に支障をきたすだけでなく、ストレスも感じるようになります。

では、痛みの原因は何があるのでしょう?

スポンサーリンク

親指の腹が痛いときに考えられる原因は?

では、親指の腹が痛いとき考えられる原因の1つが突き指です。突き指は、靭帯が損傷することで起こりますし。靭帯損傷がひどいと治療を必要としますし、痛みが長期化しますのでお気をつけください。

痛みがピリピリ感じる場合は、神経が圧迫されている可能性があります。なにが原因で圧迫されているか、専門の病院で受診することをおすすめします。

リュウマチの可能性もあります。リュウマチは、朝の痛みが強く、日中になると痛みが和らぎます。長期で痛みますので、なかなか治らない場合はリュウマチが原因のことがあります。免疫力が強く体に反応して、攻撃しなくてもいいところに免疫が攻撃して起ります。

ほかにも親指の腹を使いすぎが原因で、腱鞘炎のようになることがあります。

最近は携帯やパソコンを使う機会が増えました。親指の使いすぎの痛みも増えてきています。年齢とともに指関節が変形して痛みを生じることもあります。さまざまな原因が考えられます。

スポンサーリンク

親指の腹が痛いときの対策は?

親指 腹 痛い

対策1・・・保温やマッサージをする

親指の腹が痛むとき、まずは血行を促しましょう。神経を圧迫しているとき、指先まで血液が届きにくくなっている可能性があります。冷えや緊張から起こります。

まずは、お風呂で指先を温めてゆっくり痛みをみながら無理のない範囲で優しくマッサージしましょう。

一緒に首や肩ももんだり、動かしたり、マッサージして指先だけではなく、体の血行を促しましょう。

ただ、気をつけていただきたいのは、突き指や腱鞘炎で患部を温めたり、マッサージしたら炎症を悪化させる可能性があります。このようなときは、患部を冷やして炎症を抑えましょう。


指の痛みの治し方

対策2・・・手を休ませる

手を指先を使うことが多くなったことは、先ほどお話しました。そのことで、親指も疲労が溜まります。体は疲れたら、今日は無理することはやめようとか、早く寝ようとか思いますが、普段から使っている親指は、そこまで考えたことがないと思います。だからこそ、休ませてあげましょう。

仕事でパソコンなど使う機会が多い方は、休憩時間にはホットタオルで手を包んで休憩させてあげるのもおすすめです。

理想は、パソコンうやスマホの時間を減らすことです。

スマホはついつい見てしまいますね、あっという間に1時間経ちます。それをやめるのは難しいです。ただ、親指や手の負担を軽減するために30分短くして他の時間にすることが1週間に3日でもできたら指の休憩になります。

現代的な悩みですが、将来的に加齢による痛みや関節の変形を防ぐ可能性もありますので将来のために、手を休めることを意識しましょう。

対策3・・・病院に受診する

親指の腹が痛いとき、確実に突き指だ!とか腱鞘炎など原因がはっきりしているといいですが、よくわからないけど痛みが続くとか日常的に支障が出てきたときに、早めの治療のために病院の受診をおすすめします。

もしかしたら、靭帯が切れているかもしれません。関節が曲がっていたからかもしれません。さらにリュウマチかもしれません。もしリュウマチなら、悪化しないようにステロイド治療など行う必要があります。

リュウマチは、血液検査やレントゲンなどで原因を突き詰めていくために、病院が重要です。

何が原因かわからないときは、整形外科や神経内科などでしっかり原因を見つけ、治療しましょう。

スポンサーリンク

日常的に気をつけることは?

親指の腹が痛むことを避けるために、日常で指先に力を入れすぎることは避けましょう。
さらに普段から、肩こりや首の痛み、頭痛がある方は、血行の流れが悪い可能性があります。そのため親指まで影響を与えてくる可能性があります。

先にもお話した、お風呂でのマッサージなどで血行促進を普段からすることをおすすめします。体全体の緊張や疲れも軽減することになり、自律神経も乱れにくくなります。

スポーツをしている方は、球技系で指先を使う機会がある方は、突き指を防ぐためにテーピングをして運動をしましょう。

まとめ

親指 腹 痛い



親指の腹の痛みは、日常生活と直結しています。

だからこそ、指をいたわってあげましょう。指先は血管が多く集まっている場所です。毎日軽く、指先を押さえたりもんだりするだけで予防ができます。

あって当たり前の指、痛みがなくて当たり前の指ですが、私たちは指先が使えることで便利な生活を送っています。
少し休憩も大事ですね。


関連記事手の指が腫れて痛い!原因は?病院は何科?

スポンサーリンク