ふくらはぎ 押す 痛い

ふくらはぎを押すと、思わず声に出してしまうくらい痛いと感じること、ありませんか?

わたしもふくらはぎが痛いときがありますが、同時にむくみが出ていることも多いので辛いです。

多くは立ち仕事やずっと同じ姿勢をしている人に起こりやすいのですが、具体的にはふくらはぎを押すと痛いのはどのようなことが原因なのでしょうか?

病気などが絡んでいないかも、心配ですよね。

また、ふくらはぎの痛みを取るためにはどうしたら良いのかをご紹介していきます。

スポンサーリンク

痛みがきになる!

立ち仕事などで下半身のむくみが起きたり、運動のしすぎで筋肉痛になったりすると、ふくらはぎを押したときにとっても痛くなってしまいます。

ふとしたときに屈伸運動をしたときなど、特に痛みを感じやすいので日常生活でも支障が出てくることもあります。

ふくらはぎを押すと痛い…そんなとき、からだの中では何が起こっているのか気になりますよね。

次の項目からは、ふくらはぎを押すと痛い原因についてを詳しく説明しましょう!

何が原因?

マッサージなどをしたときに、ふくらはぎを押すと痛い!

考えられる原因は、どんなものがあるのでしょうか?

・筋肉痛

普段運動しない人がいきなり運動をしたり、激しい運動をした後に起こりやすい筋肉痛。

じっとしている分には問題ないのに、押すと痛い…そんな症状が特徴です。

筋肉痛は、筋肉疲労があってからだいたいは次の日に起こる場合が多いです。

なんとなくだるかったり、押すと痛かったりするので、動きたくない…と思ってしまいます。

・むくみ

立ち仕事などで足が常に下の位置にあると、重力で体内の水分が溜まっていってしまい、むくみが起こってしまいます。

また、からだの老廃物がたまっているときなどに皮膚の下に溜まりやすく、嫌なむくみが出やすくなってきます。

この場合、ふくらはぎを押してみると…重くて痛いんですよね。

スポンサーリンク

考えられる病気はある?

主な原因は、筋肉痛とむくみの2つなのですが…

気になることとして、ふくらはぎが痛いときに考えられる病気はあるのでしょうか。

考えられるのは、生活習慣病のひとつである動脈硬化によって起こる、血行不良からの痛みです。

この動脈硬化という病気は、症状が少し進行した状態からふくらはぎの痛みが出てくるのが特徴です。

歩いたり、押したりすると痛みが出るのですが、からだを休めると痛みが消える…

そんな場合や、足の指先がうっ血して赤黒くなっている場合には早急に病院で治療する必要があります。

このような状態のときには、動脈硬化の病気が進行している証拠です。

「少し休めば痛いのは治るし、だましだましやっていけば大丈夫だろう」

と、治療を先延ばしにしていると…ある日突然意識がなくなるなど、命に関わる場合がありますので注意が必要です!

治すためにはどんな方法がある?

まず、筋肉痛のためふくらはぎが痛い場合には、お風呂でしっかり温めながらマッサージをおこなうのが効果的です。

血行を良くして、疲労物質である乳酸をなるべく早く排出できるようにしていきましょう。

また、ストレッチなどをして筋肉を少しずつ伸ばしていくのも、早く筋肉痛が治るコツですよ!

むくみがある場合には、利尿作用のあるカリウムを多く含む食品、例えばバナナやキウイなどを多く食べて、尿で余分な水分を出していきましょう。

ふくらはぎの痛みがあるときには、足を高くして寝るのも余分な水分が上に流れやすいのでオススメです。

布団の足元にクッションなどを置いて、その上に足を乗せて寝るようにしましょう。

また、ずっと同じ姿勢でいるのを防ぐために立ち仕事では屈伸運動をしたり、デスクワークではこまめにトイレに立つなど工夫して、足を動かすようにしましょう。

まとめ

ふくらはぎを押すと痛い!そんなときに考えられる原因、隠れているかもしれない気になる病気、そして対処法についてご説明してきましたが、いかがでしたか?

日常でふくらはぎが痛いと感じやすいのは、筋肉痛やむくみが起きている場合がほとんどです。

病気の場合は、動脈硬化など血管の病気が隠れている可能性もあります。

少しでもおかしいな?と思ったら、早めに病院で診てもらうことをおすすめします。

対処法はお風呂でのマッサージや足を高くして寝るなど、普段からすぐにできることばかりです。

早速今日から実践して、つらいふくらはぎの痛みを改善していきましょう!

スポンサーリンク