アダムA錠 効果 副作用

アダムA錠はどんな薬?

頭が痛かったり、歯が痛くなったりしたことはありませんか?


頭痛で悩んでいる方は15歳以上で日本人の3人に1人いるといわれています。


気温や季節の変わり目などに頭痛になる方も多いです。


そんな悩みを緩和する役目があるのが鎮痛剤です。


鎮痛剤は他にも歯の痛みや生理痛に効きます。女性は鎮痛剤を利用している方は多いです。


毎日の生活に少しでもやわらげたい痛みに大事なお薬です。


アダムA錠は鎮痛剤の一種です。


安価でよく効くと評判です。このアダムA錠、実はイブA錠のジェネリック薬品です。


ジェネリックとはお聞きになった方も多いと思いますが、効果や効能、安全性が実証されたお薬と同じ効果を持つ価格の安いお薬です。


アダムA錠はイブプロフェンを主成分にしています。これは痛みのもとを抑える効果があります。


イブA錠と同じ成分と聞いて身近に感じますね。

スポンサーリンク

アダムA錠はどんな症状に効果的?

では、アダムA錠はどんな症状に効果があるのでしょう。


先にお話しましたが、日本人の多くの方が毎日、いろいろな痛みに悩ませれています。


そんな日本人の頭痛や歯の痛み、生理痛、肩こりがひどい方は肩こりに鎮痛剤はおすすめです。他にも熱が出たときの解熱効果があります。


だからこそ、鎮痛剤は私たちの身近なお薬で、大事なお薬です。


1日3回まで服用できます。


服用して痛みから解放してあげましょう。


しかし、飲んで何時間か経ってまた同じ症状や痛みに悩まされるようならば専門医に受診することを勧めます。


鎮痛剤は痛みを和らげますが、治すためのお薬ではありません。


痛みが長引く場合、何かしら病気の可能性があります。


日常生活にも支障をきたし始める可能性があります。


長引く痛みは、専門医を受診しましょう。

スポンサーリンク

アダムA錠の副作用にはどんなものがあるか?

ではアダムA錠の副作用ですが、お薬にはどんなものにもいい面と悪い面があります。


アダムA錠は、発疹や吐き気食欲不振、胃痛など引き起こす可能性があります。


ほかにもめまいや耳鳴り、むくみも挙げられます。


重度の副作用としては喘息の症状がでたり、肝機能障害やアナフィラキシーなどのショック障害がおこることもあります。


もし、飲んでなにかおかしいな??と思ったら直ちに服用をやめましょう。


どのお薬でもありますが、体に合う合わないは起こります。合わないものは無理して服用せず、専門医に受診してください。

アダムA錠を飲む際に気をつけることは?

アダムA錠を飲むときは空腹時は避けましょう。


胃に負担がかかる可能性があります。


そして、1回服用したら4時間以上空けましょう。


よくあるのが、飲んで緩和されて痛みを忘れていたら、また痛みが起こり、すぐに間隔をあけずに飲むことです。


必ず、間隔は処方どおりあけてから飲みましょう。


そして、他の鎮痛剤と併用したり、風邪薬、乗り物酔い止めなどと併用することもやめましょう。


服用後は運転にも気をつけましょう。眠気が起こる場合があります。


飲酒も避けてください。


など、などアダムA錠に限らず、お薬を飲むときは必ず気をつけることがあります。


しっかり飲んでしっかり痛みを和らげるために大事なことです。

まとめ

アダムA錠は痛みに対して強い味方です。


頭痛がひどくて起き上がれないときもあるでしょう。


そんなとき、我慢しないで利用していただきたいです。


痛みを我慢して改善するのもひとつの方法ですが、痛みを早くとって心と体を安定させるのも大事です。


痛みが起こると、人は自然と、またあの痛み・・・と心が沈むことがあります。


アダムA錠を飲むことで痛みが緩和されると思うと、自然と痛みが怖くなくなります。


よくお薬をお守り代わりに・・・という方がいらっしゃいますが、まさにその通りです。


痛いときはこれを飲めばいいと思えば自然と、気持ちも体も余裕がでるかもしれません。


これがお薬との付き合いではないでしょうか?

スポンサーリンク