アロパノール 効果 副作用



怒りたくないのについイライラが溜まって怒ってしまう、緊張したくないのに人に会うと緊張しちゃう、仕事でみんなが抵抗なくしているお仕事にプレッシャーを感じてしまう、体力や精神が弱くてこんな自分に嫌になってしまう・・・そんな経験ありませんか?


私たちは日々いろいろな環境の下に、さまざまな悩みを抱えていきています。


しかし、そんな中どうしても乗り切れないときがきます。


小さな悩みの積み重ねかもしれない、眠れなかったり、疲れが取れなかったり、なんか不安になったりすることが起こることがあります。


そんなときに「アロパノール」をおすすめします。

スポンサーリンク

アロパノールの主な効果・効能は?

では、アロパノールはどんな効果や効能があるのでしょうか?


神経が高ぶってすぐにかっとしやすかったり、怒りやすかったり、感受性が豊かで何事にも刺激を受けてしまうなどのお悩みのかた、神経症や不眠症、歯ぎしりしやすい方更年期障害の方に効果があるとされています。


他人に普段から気を使いやすい方、いい人になりたくないのにいい人を演じている方、悩み事を抱えて布団に入ってからも一日の反省会をしてします方、そんな方におすすめします。


悩みは人に聞いてもらったり、気分転換すればいいなんて言われていますが、実際にそれは難しいです。


気分転換は何がどうなの?それだけで更に悩みが増えるだけです。


自分を責めないで自分を信じてあげましょう。そんな方にアロパノールは力を与えてくれるはずです。

スポンサーリンク

アロパノールの成分は

アロパノールという名前から、安定剤的なイメージをお持ちかもしれませんが、このアロパノールは生薬配合の漢方です。


抑肝散という成分が入っています。


この成分の中にはさらに、ブクリョクという気持ちを落ち着ける作用、動悸を鎮める作用、サイコという筋肉の緊張を和らげる成分、チョウトウコウという脳の血流や循環を良くする成分などが配合されています。


この生薬の力で緊張や不眠、イライラした心の状態を緩和する効果があります。

アロパノールの口コミにはどんなものがある?

では、ネット情報を参考に口コミをまとめました。

・不眠症、もしくは眠りが浅い方がアロパノールを服用して、なんとなく睡眠がゆっくり取れるようになりました。

神経症に効果があるという記載を読んだ方が気持ちを落ち着かせるために購入したり、更年期の女性がイライラが最近増えてきたので購入しました。

・まだ飲み初めで気持ちの安定の効果はわからない

・気持ちを落ち着けたいときにおすすめ

等々男女問わず購入されています。そして、不眠改善が目的の方が多かったです。

アロパノールには副作用がある?

アロパノールの副作用というよりは抑肝散が主成分なのでそれにたいしての副作用があります。


例えば食欲不振や肝機能低下、下痢や吐き気、むくみや倦怠感などです。


気をつけていただきたいのは、お薬アレルギーをお持ちの方はしっかり医師へのご相談が重要です。お薬は、どれでも合う、合わないはあります。


服用しておかしいなと思ったら、無理して服用することはやめましょう。


病院を受診してご自分に合ったお薬をいただくのも方法です。

スポンサーリンク

アロパノールを飲む際に気をつけることは?

アロパノールは眠気がくる可能性があります。運転などはお気をつけください。


アロパノールは顆粒、内服、錠剤があります。顆粒は小さなお子様から服用できますが、親の管理の下、飲ませましょう。


食前、もしくは食べてから2~3時間経った食間から服用しましょう。長期間服用しても改善がみられないときは服用は中止して専門医にご相談することをおすすめします。

まとめ

私たちは隣の芝生がよく見えます。この人は仕事できていいなぁ、毎日元気だなぁ、プラス思考でてきぱき仕事をこなすなぁ、育児しながらお仕事してすごいなぁなんていつの間にか、自分と他人を比べて落ち込んだり、失敗から立ち直れなくて眠れなくなったり。


神経症も不眠症もまじめな方、しっかりしようといろいろなことを普段からがんばっているからこそ起こる症状です。
それだけしっかりされているんです。だから、体をご自分をいたわってください。


そんな方にアロパノールは元気に快適に過ごすためのお手伝いをします。


神経が高ぶり夜眠れない方にはこちらの記事もおすすめです
不眠症の辛い症状とその原因と対策について解説

スポンサーリンク