ダン鼻炎錠 効果 副作用

ダン鼻炎錠はどんな薬?

季節の変わり目に、鼻水やくしゃみに悩ませれていませんか?


はぁ、またこの時期が来たと花粉に憂鬱になりませんか?


花粉症やハウスダストへのアレルギー反応は、体内の過剰反応といわれています。


体内に入ってきた体にない細菌や物質を外に出そうとくしゃみや鼻水の症状がでます。


ある特定のものに対して過敏に反応して症状が続きます。


本当に厄介なものでこればかりは「なった人でないとわからない」とよく言われます。


動物の毛に反応する方もいます。


日常生活でしんどい思いをされている方も多いです。


そんな鼻水やくしゃみに「ダン鼻炎錠」をおすすめします。

スポンサーリンク

ダン鼻炎錠はどんな症状に効果的?

初めにお話していますが、ダン鼻炎錠は、鼻水、くしゃみ、涙目など鼻の不快感を改善するお薬です。


ヨウ化イソプロバミドが鼻水や涙が過剰に出るのを抑えます。


塩酸プソイドエフェドリンとメチルエフェドリン塩酸塩が鼻粘膜の充血や腫れを抑え、鼻づまりを改善させます。


鼻の通りが悪くなることで頭が重くなったりします。


そのような症状にも効果があります。


しかし、飲まれても鼻水が止まらなくて日常生活に支障をきたすことがあります。


そのような時は専門医にご相談をおすすめします。

ダン鼻炎錠を飲むタイミングは?

では、ダン鼻炎錠の服用タイミングは?


1日3回、1回に1錠づつ服用間隔は4時間以上あけて水かぬるま湯でお飲みください。


胃腸が弱い方は、食事の後に服用することで胃が荒れるのを防ぎますのでおすすめします。


寝る前に飲むと、ぐっすり眠れます。


もし、夜に鼻水が出て眠りが浅くなる方は鼻水を改善する効果も含めて寝る前の服用もご検討ください。

スポンサーリンク

ダン鼻炎錠の副作用にはどのようなものがある?

すべての鼻炎薬に注意書きで書かれているものですが、鼻炎薬はほかの風邪薬や鼻炎薬、去痰剤や乗り物酔い止め、胃痛鎮痛薬など抗ヒスタミン成分が含まれているお薬と併用はしないでください。


鼻水が出て風邪かも?と思われて時、風邪薬を服用したらダン鼻炎錠は服用しないでください。


前立腺肥大による排尿困難な方、薬でアレルギー反応を起こした経験がある方、高血圧、心臓病、甲状腺機能障害、糖尿病のかたも服用は避けてください。


医師の治療を受けている方、妊婦さん、授乳中の方、高齢者、緑内障、腎臓病、モノアミン酸化酵素阻害剤で治療を受けているかたは専門医にご相談の上、服用の有無の指示に従ってください。


なお、服用して皮膚の発疹や赤み、吐き気、嘔吐、めまい、頭痛、けいれん、排尿困難、顔のほてりなど、今までなかった症状が出てきた方は直ちに服用を止めて、医師への受診をしましょう。


ほかにも、動悸、息切れ、皮膚の青白さ、鼻血、発熱、血尿などの症状にも同じく服用をやめて医師への受診をおすすめします。


5日ほど服用しても効果が感じられない場合も服用はやめてください。


そして、症状が改善されても服用する、長期服用もしないでください。


もちろん、服用中はアルコールは飲んではいけません。

スポンサーリンク

ダン鼻炎錠を飲む際に気をつけることは?

ダン鼻炎錠を服用したときは、まず車の運転や機械を扱うなどのことは避けてください。


鼻炎薬全般に言えることですが、アレルギー改善薬は、眠気がきます。


運転はしないでください。


そして、ダン鼻炎錠は15歳以上の服用できるお薬です。


お子様には服用できませんのでお気をつけください。


錠剤なので管理にはお気をつけください。

まとめ

お薬にはご自分との相性があります。


いまや鼻炎薬は、多くの方の悩みであると同時に多くのお薬が存在します。


そのなかでダン鼻炎錠を服用して改善できたらうれしいですね。


1回2錠や3錠の服用が必要なお薬がある中、1回1錠とシンプルに飲めます。


時間がないときにありがたいですね。


ただ、鼻炎薬はしっかり用法を飲んでしっかり症状を改善してあげる必要があります。


ダン鼻炎錠も用法を確認してお飲みください。


鼻水にお悩みの方にはこちらの記事もおすすめです
→鼻水止める方法が知りたい!効果的な食べ物、飲み物について解説

→鼻水を止める方法が知りたい!効果的な薬、ツボについて解説

コルゲンコーワ鼻炎フィルムの効果・効能と副作用についての解説

スポンサーリンク