呉茱萸湯 効果 副作用



呉茱萸湯は、4つの生薬エキス(煎じ)を用いて、当初は冷え等による消化管の機能改善薬として、胃内の胃酸や余分な水分の排出抑制、腸内の水分補正、血流改善の促進効果に期待し、製剤化された生薬でした。


その後、漢方学の教えと臨床経験から、冷えなどが原因で胃腸の具合が悪くなるのは、血や気の流れが悪くなった時に、生じている事が分り、更に頭痛や肩こり、背中周辺の痛みにも相互関係している事も分りました。


それ以来、呉茱萸湯は、胃腸障害や、慢性的な冷え症で起こる頭痛と、吐き気を伴い、心拍に同期した痛みである片頭痛や、首や肩こり等の頭部周辺に生じる、緊張した鎮痛緩和薬として、使われています。


人間の身体は、年齢を増していく事での老化現象や、寒さ・湿気などの気候環境の状態によっても、血液の循環が悪くなり、栄養バランスの乱れが、自律神経に支障を来たし、心身的なストレスが、身体に疾患を招いてしまいます。


呉茱萸湯は、市販薬・処方箋のどちらでも取り扱っている商品ですので、症状に応じて医師や薬剤師に相談され使用する事をお勧めいたします。


呉茱萸湯の“湯”は、通常は各種生薬を混ぜ合わせ、水で煮出し煎じた液を指しますが、現在においては薬の製剤が進化し、漢方薬はエキス剤と呼ばれ、顆粒粉末状に濃縮されたものも“湯”として取扱われています。

スポンサーリンク

呉茱萸湯の主な効果・効能は?

呉茱萸湯は、各社から商品として販売されており、概ね成分は同じですが、生薬種の含有量が各社によって微量ながら違いがあります。


呉茱萸湯の成分として、次の4つの生薬が含有されていて、呉茱萸は習慣性の冷えや頭痛、肩こり・嘔吐・胃内停水の改善に単独薬としても使えますが、大棗と人参の組合せにより効果を増大させます。


大棗(身体を温めて、緊張の緩和を促し、消化官である胃腸内の炎症補修や腹痛を抑える作用があります。)

人参(疲労や体力の改善、食欲不振・消化不良等や、強壮などの効能が持て、滋養強壮薬成分には欠かせない生薬です。)

生姜(身体を温め、新陳代謝を向上させ、健胃、食欲増進作用があります。)

の成分が、主に片頭痛、肩こりや、吐き気、消化官の機能低下の改善に期待がもてる生薬です。


呉茱萸湯は、医療機関でも片頭痛時に処方される事がありますが、症状によっては呉茱萸湯に加えて、西洋薬であるトリプタン製剤・NSAIDsを頓用として服用する時もあります。


呉茱萸湯の効き目が良い場合には、薬剤性頭痛を伴いがちな、西洋薬の服用を減らし、副作用が少ない漢方薬“呉茱萸湯”を用いるケースが多にしてありますので、日頃から漢方医師と接し、経過について相談しておくのが良いかと思います。


慢性的な片頭痛は、周期的に生じる心臓の拍動と伴に、痛みを反復している為、強烈な痛みと吐き気が生じ、なかなか完治は難しいとされていますが、呉茱萸湯は、身体を温め血液の循環を良くし、血管を拡張し、副交感神経を活発にする事で、症状を軽減する漢方薬です。


市販薬や処方箋(漢方医は除く)で出される漢方薬は、生薬配合量が初めから定量化されていて、自分の体質や症状にあった漢方薬であるとは限らず、できれば漢方医や、漢方薬剤師の診断を受けて、自分の体質や症状に合う呉茱萸湯の用法・用量で、服用されるのが最善です。


呉茱萸湯の含有している諸々の成分が、血液循環を活発にし、身体を温めて弱った胃腸などの消化器系機能回復を促進し、心身的なストレスを解消し、新陳代謝を向上させ頭痛・片頭痛や肩こり等の症状に効果の期待を持てます。


【効能効果】

手足の冷え、頭痛、片頭痛、吐き気や嘔吐、肩こり、みぞおちの痛みやつかえ、老人性緊張型頭痛などの諸症状


一過性の血圧上昇、呼吸運動の増加、体温の上昇、頸動脈の血流増加、鎮痛作用が、臨床的効果とされています。

肩こりに悩む方はこちらの記事もおすすめです
疎経活血湯の効果・効能と副作用について解説

スポンサーリンク

呉茱萸湯は肩こり・頭痛にも効果が期待できる?

呉茱萸湯が効果を発揮する前提は、体力的には中等度で、血液の流れに支障が生じ、冷え等がもとで、身体の頭部から肩周辺にかけての痛みや、栄養代謝が円滑に行われなくなり、筋肉の緊張がほぐれず、慢性的な頭痛や肩の痛みを伴う不快時に、効果が期待できます。


その中でも、呉茱萸湯には、片頭痛時に西洋薬で使用されるイミグラン等の、トリプタン系製剤で効き目があまり出ない方には、試してみる価値の有る成分が含有されています。


呉茱萸湯の効果が出るまでには個人差がありますので、初めは2週間を目途に継続して服用し、その後は、症状を医師や薬剤師に相談しながら継続されると事をお勧め致します。


呉茱萸湯の成分には、身体を暖めて頭痛や肩の凝りを鎮静化し、片頭痛で変調を来たす呼吸や血圧の脈を整え、新陳代謝と免疫の改善をする生薬が含有されていますので、特に冷えた消化官と、頭部周辺の鎮痛改善には、効果が期待できます。

頭痛が気になる方はこちらの記事もおすすめです
→頭痛と吐き気と寒気があるけど熱は出ない時の原因と対処法について解説

呉茱萸湯の飲み方は?

呉茱萸湯は漢方薬ですので、食前もしくは食間である空腹時に、水かお湯で分割して服薬するか、お湯に溶かしてかき混ぜてから服用して頂き、年齢や体重、症状により適宜増減してください。


呉茱萸湯は、身体が冷えた事が原因で生じる、消化管障害や頭痛・片頭痛、嘔吐時や、口の中が酸っぱい感じの時などに使用されますが、成分自体が熱性の為に、長期間の服薬は好ましくないとされています。


また、利水作用として嘔吐や、吐き気を止める成分が、逆に、むくみや浮腫を招く事がありますので、服薬の際には循環器系・糖尿病の疾患をお持ちの方は、医師や薬剤師に相談されてから、服薬を開始した方が安全です。

呉茱萸湯の副作用は?

呉茱萸湯を服薬された後に、次の症状が現われた場合は、副作用の可能性がありますので、直ちに服薬を中止し、医師や薬剤師・登録販売者に身体の変調を伝えてご相談して下さい。


皮膚系として発疹・蕁麻疹、身体の怠さ感が生じる可能性があります。


また、初めての服薬開始時のむかつき・食欲減退は、次第に慣れてきますが、頻度が多く辛い場合には、医師や薬剤師へご相談下さい。

まとめ

呉茱萸湯は、日頃より片頭痛で悩まれている方、また西洋薬で改善が見込まれない方に、一度お試し戴きたい生薬です。


市販薬でも購入できますが、当然ながら、漢方にも服薬には副作用が伴う事がありますので、服薬の際には、明記されている内容を把握され、用法・用量を守られてご使用下さい。


呉茱萸湯は、身体を温めて、頭痛・片頭痛、肩こりや、冷え症時に用いると、血流が良くなり痛みも緩和され、同時に新陳代謝も向上させる植物由来の生薬が含有されていますので、副作用も少なく新陳代謝や免疫力を増進させてくれる医薬品(第2類)です。

スポンサーリンク