首 コリコリ しこり



首のコリコリとしたしこりは、日常生活であまり気にしない場所の為に、痛みなどが伴う不快感が無い限り、知らないで放置されるケースがあります。

首のコリコリとしたしこりは、偶々入浴中に首筋を洗った時や、寝起き時の首筋のこりや、衣類を身に付ける際などに、耳の裏下や首に触れる事で初めて気が付き、頭部から頸椎のコリコリ腫れの違和感が、一瞬の心配から生じる疲労感や、不安を招いてしまいます。

首は、重たい頭を支え、血管・神経・筋肉・関節・リンパ節など、複雑な仕組みが多数ある大事な部位ですので、異変を感じたらまずはご自分で、触診をする事を、お勧め致します。

首にコリコリしたしこりは、多くの場合、この部位周辺にはリンパ節があり、リンパの腫れが原因とされていますので、症状(5mm以内)にもよりますが、経過観察で良いと思われます。

しかし、症状しだいで、首にコリコリしたしこりは、無痛であってもそれ以後に、周囲の神経を刺激して炎症を起こし、コリや痛みだけでなく、骨までにも影響を及ぼす可能性がありますので、医療機関の窓口で、症状経過を話され、専門の診察科へ受診されるのが良いかと思います。

スポンサーリンク

主な原因は?

首のコリコリやしこりは、その患部から周辺にかけて、微弱の電気が生じ、神経や筋肉を刺激し、炎症を起こさせていると言われています。

さらに、リンパは血液同様に身体中流れていていますが、耳や頸椎部分のリンパ節は、皮膚の近い付根部分にある事が、さらに症状を感じやすいとも言われています。

しこりは、腫瘤とも呼ばれていますが、首のしこりは、頭頸部の悪性疾患が原因で生じる可能性が高いと、医学データからほぼ解明されているようです。

首のしこりが1cm以上で、痛みが有れば炎症、無痛時はリンパ腫の疾患を基本として予測しますが、稀にリンパ節が腫れ炎症が軽度時や、慢性リンパ節炎時などは、リンパ腫以外でも無痛の場合があるとの事で、一概に無痛だから、リンパ腫とも言えないようです。

病気の可能性もあるの?

首のコリコリとしたしこりは、様々な条件が合い重なって、軽度の症状から重度の疾患を招いてしまう事もありますので、自己判断は避けた方が良さそうです。

重篤な病気にならない為にも、素人の判断としても、しこりの大きさ・硬さ・可動性にご注意頂きながら、安易には考えずに、医療機関を受診するのがベストと思います。

以下に病気として疑う疾患を明記しておきますので、お気付きの点がありましたら、参考にされて下さい。


①感冒やウイルスによる扁桃腺や咽頭痛、虫歯など

②アトピー性皮膚炎やアレルギー症状

③結核菌リンパ節炎

④慢性リンパ節炎

⑤悪性リンパ腫

⑥血液癌(誘発)

⑦粉瘤種

⑧皮膚の荒れや、毛穴などからの細菌侵入時

リンパ節が炎症を生じた後に、熱が生じる原因は、リンパ内に侵入した菌や、ウイルスを死滅させるために免疫器官が作用している為で、感冒と似た症状が起こります。

首にお悩みがあるの方はこちらの記事もおすすめです
首がズキズキと痛いときの原因と対策について解説
→首をポキポキ鳴らす危険性について解説!半身不随や脳梗塞のリスクが高まるってほんと?

スポンサーリンク

解消する方法は?

首のコリコリを解消する先決は、リンパ系が原因の場合は、医療機関の受診で適切な治療をされる事が一番と思います。

また、軽度の場合や予防としては、皮膚を清潔にして新陳代謝を向上させ、皮膚や血液に栄養成分が行き届く、栄養バランスの良い摂取や、適度の運動、入浴、睡眠を日々行い、心身にストレスの罹らない生活習慣をされ、免疫力を維持できる身体づくりが大事です。

最近では、首筋周辺のマッサージは、リンパ球を破壊してしまい、リンパ本来の機能が無くなってしまうと言う、情報もありますので、血流の流れを目的としたマッサージは、さする程度にされて下さい。

首のコリコリとしたしこりの症状によっては、温めたり、冷やしたりすると、その逆効果になる事もありますので、ご注意ください。

おすすめの市販薬もある?

首のコリコリを解消する市販薬として、生薬である

葛根湯

排膿散

排膿散及湯

これらはリンパの腫れを抑え、膿を出す作用がありますので、適用する可能性があると思います。

また、処方箋西洋薬である、抗生内服・軟膏剤と、生薬の併用が効果を更に増すと思われますので、医師や薬剤師にご相談下さい。

スポンサーリンク

予防する策はある?

首のコリコリとしたしこりの症状を起こす原因の一つに、血液の循環が悪くなって筋肉や、血管自体に脂などの老廃物が溜まり、コリコリとしたしこりが生じます。

そこで、血流を良くする食事や運動ストレスを生じさせない生活環境作りなどの、生活習慣の見直しや、リンパの流れを良くするのは、適度な身体を温める事が必要ですので、入浴や、軽い耳裏、首筋、鎖骨のマッサージをされるのが良いかと思います。

まとめ

しこりは、一度気になると不安がたかまり、自意識過剰にもなってしまいます。

しかし、放置しておく事も、稀に悪性リンパ腫と言った、重篤な病気を起こしてしまいます。

御自分の身体は、自分で守らないといけませんが、不安な日々を過ごすより、医療機関を受診され、適切な治療以外に安心を得る事は間違いありませんので、早期の受診をお勧め致します。


首のしこりが気になる方にはこちらの記事もおすすめです
→うなじのしこりが痛い時に考えられる原因と対策について解説

スポンサーリンク