テルギンGドライシロップ 効果 副作用



最近では何らかのアレルギーをお持ちの人の割合が年々増加しています。代表的なものと言えば、花粉症ではないでしょうか。


花粉症は誰にでも起こる可能性があると言います。


今まで何ともなかった人が、ある年から突然症状が表れて、毎年悩まされるようになるというケースも少なくありませんね。


これも人によって症状の出る花粉の種類や時期が違うそうです。1年中花は何か咲いていますので、何の花粉がアレルギーの原因になってしまうのか不安になりますね。


アレルギーの症状がで始めると、鼻水やクシャミが出たり、咳や目のかゆみなど、風邪のような症状が続き本当につらそうですね。


そんな時にアレルギー症状を和らげてくれるお薬があれば助かりますね。

スポンサーリンク

テルギンGドライシロップの効果は?

テルギンGドライシロップは、クシャミ、鼻水、鼻づまりなどの症状を改善してくれるお薬です。


また、かゆみを抑えてくれる効果もあります。


アレルギー症状を引き起こすと言われるヒスタミンという物質の働きを抑える効果(抗ヒスタミン作用)があり、抗ヒスタミン作用を持続させる事で、アレルギー症状を軽減してくれるのです。


通常、じん麻疹、湿疹、皮膚炎などのアレルギー性皮膚疾患、アレルギー性鼻炎、かぜに伴うくしゃみ、鼻水、咳の治療として用いられています。
アレルギー症だけでなく風邪での上記のような症状にも有効的なのですね。

スポンサーリンク

テルギンGドライシロップに副作用はある?

主な副作用は、眠気、食欲不振、嘔吐、下痢、発疹などが報告されています。


このような症状があらわれたら、過信せずにかかりつけの医師または薬剤師にご相談下さい。


まれに肝機能障害やけいれんなどにつながる場合がありますので、気になる症状がでた場合は、すぐに服用をやめて医療機関を受診するようにしましょう。


副作用は、人によってあらわれる症状は違う事もあります。この症状に限らず(またこのお薬に限らず)気になる症状がでた場合は医療機関を受診するなどして、注意をするようにしてくださいね。

テルギンGドライシロップを飲む際に気をつけることは?

本剤に含まれている成分に対して、今まで既往歴があるとか、他の病気などで医師の受診、治療や投薬受けているという場合には、あらかじめかかりつけの医師の診断を受けるようにしましょう。


妊娠中、授乳中の方は、お薬の服用は必要最小限にとどめる事が好ましいと思いますので、主治医の指示を仰いで下さい。


また、小さなお子様への使用は、原則医療機関での受診を最優先にされる事をおすすめします。他のお薬と併用される時は、薬剤師に相談されたほうが良いと思います。特に鎮痛剤等との併用は注意が必要になります。


本剤は、眠気があらわれることがありますので、車の運転や危険を伴う機械の操作などは避けてください。


また、アルコールを含む飲食物は、眠気などが強くなることがありますので、なるべく摂取しないようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

お薬は、症状や人によって効き目が違ってきます。アレルギーや風邪などでも症状が軽い場合は、薬剤師に相談の上お薬を選ぶようにしましょう。


ひどい時は、ご自分にあうお薬と出会うためにも医療機関を受診されるといいと思います。


また、過去のお薬でのアレルギーなどは、きちんとご自分で記録しておくことも大切ですね。とくに小さいお子さまの場合は、症状の軽い重いにかかわらず、ますは医療機関を受診する事を最優先として、気をつけてあげたいですね。


アレルギー症状はあらわれだすと、集中力が落ちたり、時に危険な事もあるかもしれません。


我慢し過ぎずに、つらい時はお薬に頼り、時には体を休めてあげる事も必要だと思います。


そんな時に頼られるお薬であって欲しいと思います。


鼻水にお悩みの方にはこちらの記事もおすすめです
→鼻水がズルズルで辛い時の対策にていて解説

スポンサーリンク