エスタロンモカ 効果 副作用


エスタロンモカ錠はどんなお薬?

人間の3大欲求は食欲、性欲、睡眠欲といわれています。


その中でも体調を崩したり、疲れがたまったりしてきたら私たちはまず、休息、睡眠をとります。


風邪の引き始めは、食べて早く寝て治そうとします。


睡眠欲は体にとって大事なものです。


しかし、時として私たちの生活ではこの睡眠が起きて欲しくない場合があります。


例えば、夜の受験勉強や仕事で忙しい時、お仕事でトラックやタクシーを運転している方など眠気と戦わなくてはいけない時があります。


ほんの少し仮眠したら集中力があがるといわれています。実際はなかなか仮眠をする暇はありません。


そんな眠気と戦わなくてはいけない時におすすめなのが「エスタロンモカ」です。


眠気、だるさに効く無水カフェインと倦怠感を取り除くビタミンB1が含まれています。

スポンサーリンク

エスタロンモカ錠はどんなときに効果的?

先ほど述べましたが、エスタロンモカ錠は眠気や眠気からくる倦怠感に効果があります。


カフェインが大脳皮質に影響を与え、眠気を取り除き、ビタミンB1が眠気からでるだるさや倦怠感を除去してくれます。


1回1錠で1日3回までです。


このエスタロンモカ錠は1錠でコーヒー3杯から4杯分のカフェインが入っています。


1錠でコーヒー4杯と意識していただけると幸いです。


カフェインに体が対応できないこともあるので、ここぞ?!というときに使う救世主としてご利用ください。

スポンサーリンク

エスタロンモカの副作用にはどんなものものがある?

エスタロンモカに限らず、お薬である以上使用法の規定は守りましょう。


特にカフェインは私たちの身近にあるもので抵抗なく飲んだりしています。しかし、カフェインは摂取しすぎると、興奮状態になります。


それが原因で、動悸やめまい、胃の不快感などが起こることがあります。


急なカフェインで、胃に刺激を与えすぎて吐き気が起こることもあります。


普段からカフェインに免疫が低い方は特に服用を気をつけてください。


他に胃酸過多の方、心臓病や胃潰瘍の診断を受けた方は服用は避けてください。


加えて、エスタロンモカ錠を飲んだときは、コーヒーやコーラなどカフェインを含んだ食品を控えましょう。

スポンサーリンク

エスタロンモカ錠を飲む際に気をつけることは?

まず、エスタロンモカ錠は必ず、次の服用までに4時間以上空けてください。


なるべく、どうしても?!というときに使ってください。


日常でコーヒーを飲みながら、仕事をする方は多いと思います。


エスタロンモカ錠を服用したときは普段の習慣を見直しながらうまく利用してください。


そして、もし飲んだときに興奮状態や体に異常があった場合は服用はすぐやめてください。


眠気は病気ではなく、人間の生理現象です。


どうしても起こってしまいますものです。


それを抑えるのですが、もし体の異常が起こったときは無理せず、服用をやめて休養してください。


カフェインはうまく使えば、味方になります。


頼り過ぎないようにうまく使っていきましょう。

まとめ

初めに述べましたが、人間の3大欲求は食欲、性欲、睡眠欲です。


この眠気を除去するエスタロンモカ錠は、睡眠欲を抑えるお薬です。


普通、お薬は体のどこかが調子が悪くなってしんどくて、悪いところを治すために飲んだり、調子が悪くなる前に予防として飲みます。


しかし、眠気は病気ではありません。


だから、飲むと眠気は飛びますが、一日のリズムが狂う可能性もあります。


たびたび、飲むよりは大事なときにしっかり飲んで集中してください。


一日の睡眠がずれると自律神経が狂う原因にもなります。


何度もお伝えしていますが、エスタロンモカ錠はうまく使えば、ここぞというときに役に立ちます。


うまく使ってベストコンディションで仕事や受験にのぞみましょう。


目を覚ましたい方にはこちらの記事もおすすめです
カフェロップの効果・効能と副作用についての解説

スポンサーリンク