カフェロップ 効果 副作用

カフェロップはどんなお薬?

眠くてたまらないことはありませんか?


冬に布団から出れずに結局、今日も朝ごはん抜きで出社とか・・・・


そして、何よりも眠気が取れずに運転しながらガムやコーヒーで眠気対策したり、仕事中パソコン相手にうとうとしたりしてどうしても仕事が集中できなくて困ったり、睡魔は時としてやっかいなものです。


そんなとき、コーヒーをブラックで飲んでも効果がなくてイライラしたりしてしまいます。


その悩みを解決するのが「カフェロップ」です。


カフェロップは眠気やだるさを除去する第三類薬品です。ちなみに第三類薬品とは一般よい薬品でも安全・健康上のリスクが比較的低いものです。第三類薬品には他にも、ビタミン剤や整腸薬などもあります。


なやましい眠気にカフェロップをうまく利用して乗り越えましょう。

スポンサーリンク

どんなときに効果的?

先ほども述べましたが、眠気やだるさを取り除きたいときに効果があります。


しかも、このカフェロップは飲みやすいドロップタイプなので、お水も必要なく、いつでも気軽に飲むことができます。


無水カフェインが入っており、2粒でコーヒー1杯分に相当します。


眠気は一日に何回か起こります。


そんなときに口にポイッと入れるだけで効果があり、しかも味はコーヒーキャンディのようで服用しやすいと人気があります。


どうしても大事な仕事を急ぐ必要があるとき、テスト勉強や受験勉強を集中したいときに役に立ちます。

スポンサーリンク

副作用にはどんなものがある?

では、副作用はあるのでしょうか?


第三類薬品とご紹介しました。安全・健康上のリスクが低いですが、お薬ですので副作用はあります。


特に起こりやすいのが、興奮状態です。


カフェインは摂取しすぎると交感神経を刺激して興奮状態になります。


例えば、心臓がドクドクしたり、手の震えやめまいなどです。


そして、胃にも刺激を与えるので胃痛や吐き気を起こすことがあります。


胃酸過多で日頃から胃もたれを起こしやすい方や心臓病や胃潰瘍の方は避けてください。


普段、コーヒーで胃が荒れやすい方も注意が必要です。


また、カフェロップを服用したときはコーヒーやコーラなどカフェインが入ったドリンクも避けてください。

スポンサーリンク

飲む際に気をつけることは?

お薬はかならず、使用上の注意を読んでください。


体に入れるものです。


お薬で体を壊しては意味がありません。


特にカフェインが入っています。


しっかり使用上の注意を読みましょう。


1回4粒です。ゆっくり口の中で溶かすか、噛み砕いてください。


1回4粒はコーヒー2杯分です。


1日3回までとなっており、4時間以上間隔をあけて飲むこととなっています。


しかし、1日コーヒー6杯のカフェインとなると、いきなり摂取するのはおすすめしません。


まずは一回分飲んで、体の反応を見ましょう。


目的は眠気を防いで集中して、何かを遂行することです。


その目的ができたら、無理に服用することは避けましょう。

まとめ

眠気との戦いは日常、常に起こっています。


一番の理想は15分ほど仮眠して頭をすっきりさせて次に向かうことです。


しかし、現実は時間がなくて寝る余裕がなかったり、仕事中や授業中に寝るわけにはいきません。


そんなときにカフェロップを上手に利用して大事なことを乗り越えましょう。


上手に利用することで日常の生活を効果的に過ごすことができるアイテムです。


今日は眠れない!という方にはこちらもおすすめです
トメルミンの効果・効能と副作用について解説

エスタロンモカ錠の効果・効能と副作用についての解説

スポンサーリンク