リポスミン 効果 副作用

リポスミンという薬、ご存知の方はどれだけいらっしゃるでしょうか。


また販売している皇漢堂製薬という会社も、なかなか知っている方はいないでしょう。


実は皇漢堂製薬は、ジェネリック医薬品OTC医薬品を中心として製造開発している製薬会社なのです。


同じような種類の薬と比べて、ドラッグストアなどでは比較的安価で購入できるということもあり、オススメしたいところなのですが…


どうやら効果もあれば、副作用もあるということで、気になる症状が出やすいとの声もあるのです。


そこで今回は、そんなリポスミンについて効果や副作用を徹底解説していきます。

スポンサーリンク

どんな薬?

リポスミンはドラッグストアなどで気軽に購入できる睡眠改善薬で、他の同系統の薬に比べて値段が安いところが魅力的な薬です。


配合されている成分としてはジフェンヒドラミン塩酸塩という、わかりやすく言えば抗ヒスタミン薬の副作用による眠気を応用して睡眠改善に活かされた薬というわけです。


風邪薬やアレルギーの薬を飲むと、眠気が出てきてしまいますよね。


あの作用を一時的な不眠症状に利用しちゃいましょう!といった感じで開発されました。


ただ他のメジャーな睡眠改善薬に押され気味で、あまり店頭に並んでいるところを見たことがありません…。



が、どこかには必ず置いてあるはずですので、隅っこの方を探してみてください(笑)

どんな症状に効果的?

リポスミンは「なんだか今日に限って眠れない!」「明日大事な用事があるのに、気になってなかなか眠れない!」などといった一時的な不眠に効果のある睡眠改善薬です。


本当に単発的に眠れないという場合にのみ使用できる薬ですので、最近ずっと眠れなくて…などという方は使用できません。


というか重症な不眠症状には効果が正直ありませんので、専門医に診てもらって睡眠薬などを処方してもらった方が早いです。


あくまで今日はすぐ寝たい!というときにポンと飲んで、ウトウトしているうちに寝ていた…というのを期待して作られた薬なので、作用としては軽い方なのです。

スポンサーリンク

副作用にはどんなものがある?

副作用は、様々な服用した人の口コミなどを見ていると翌朝起きたときの頭の重さを訴える場合が多いようです。


確かに、抗ヒスタミン薬を飲んだ後も頭がぼーっとしたり体がだるくなったりしますからね。


リポスミンは同じ作用の薬なので、どうしてもこのような眠れるけどスッキリ起きられないという副作用が出てしまうのです。


また睡眠改善薬とはいってもやはり抗ヒスタミン薬の副作用を利用したものなので、催眠効果としてはそこまで強いものではありません。


そのため飲んでみたのはいいけれど、あまり効果は感じられなかったという人も意外と多いのです。


逆に気休め程度に飲んでみよう!と軽く考えて飲んだ方が、細かいことを考えずに済むので眠りやすいのかもしれません。

スポンサーリンク

飲む際に気をつけることは?

リポスミンを飲む際に気をつけたいことは、まず自分の睡眠の状態を把握するということです。


リポスミンは一時的な不眠症状に効果がある薬なので、毎日のように眠れない不眠症の人は使うことができません。


金銭的な面でも早く改善するためにも、このような場合はリポスミンを頼りにするのではなく医師に相談するようにしましょう。


また抗ヒスタミン薬が主成分のため、風邪薬やアレルギーの薬とは一緒のタイミングで飲むことはできません。


成分が重複して副作用が起こりやすくなるので、注意するようにしましょう。


薬に頼りすぎないようにして、必要最低限の服用にとどめることが大切になります。

まとめ

睡眠改善薬のリポスミンについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?


他の睡眠改善薬に比べて安く購入できる場合が多いのですが、この場合はあまりに安易に使い過ぎてしまう場合もありますので気をつけていきましょう。


効果としては一時的に不眠を感じる時に飲めば、穏やかな効き目を発揮します。


しかし、一方で朝に頭が重く感じたり痛くなったりする副作用が出たという人も多いようです。


効果と副作用、必要性をしっかり理解した上で正しく服用していってくださいね。

関連記事

イララックの効果・効能と副作用について解説

ドリエルの効果・効能と副作用について解説

ドリーミオの効果・効能と副作用について解説

不眠症におけるチェック方法、原因、改善方法についてまとめ

不眠症の辛い症状とその原因と対策について解説

スポンサーリンク