スクラート胃腸薬 効果 効能



毎日不規則な生活が続いていたり食生活が乱れていたり、ストレスを感じていたり…


胃が痛くなる原因は様々ですが、そんな胃痛によく効く薬がライオン製薬から販売されているスクラート胃腸薬です。


コマーシャルでも大泉洋さんが出演していて印象に残るものですが、具体的にどのような効果がある薬なのでしょうか。


そこで今回はそんなスクラート胃腸薬について、効果や副作用を詳しく解説します。

スポンサーリンク

スクラート胃腸薬はどんな薬?

スクラート胃腸薬は顆粒タイプと錠剤タイプの両方ある薬で、特に空腹時に効果を発揮します。


確かに胃が痛い症状のある人は主に空腹時に胃痛が起こりやすいので、このようなタイプの薬はありがたいですよね。


顆粒なので胃で素早く溶けて、辛い胃の痛みを早く改善していってくれるのがスクラート胃腸薬の特徴です。


もちろん、顆粒が苦手な人でも錠剤タイプもあるので安心してくださいね。


胃痛を根本から治していくのがスクラート胃腸薬のポイントで、様々な有効成分が胃痛の原因を取り去ってくれます。


スクラート胃腸薬の詳しい効果は、次の項目で説明していきますね。

スクラート胃腸薬はどんな症状に効果的?

スクラート胃腸薬は空腹時の胃痛に特化した薬です。


食事の前になると胃が痛くなる、ストレスでいつも胃が痛くて辛い、胃が痛くて眠れない…


こんなときに、スクラート胃腸薬が効果を発揮します。


スクラート胃腸薬は、胃痛の原因である荒れた胃の粘膜を修復して保護してくれる有効成分スクラルファートを配合しています。


さらに、胃壁を荒らす強い酸性の胃酸を中和してくれる酸化マグネシウムも含まれています。


胃の神経の興奮を抑えるロードエキス配合だから、胃痛を根本から治療していってくれる効果があるのです。

スクラート胃腸薬の副作用にはどんなものがある?

スクラート胃腸薬は一般的な胃薬なので、主だった副作用はそこまで心配要りません。


しかし、牛乳を同時にたくさん飲むことで吐き気の症状が悪化する場合があります。


これは、配合されている酸化マグネシウムと牛乳の相性が悪いからなのです。


また、まれに皮膚に発疹ができたり消化器症状を引き起こすことがあります。


これらは用量用法を守らなかったり、正しく服用しなかったときに起こりやすくなります。


そのため、スクラート胃腸薬を購入したらまず添付文書をきちんと読んでから服用することをおすすめします。

スポンサーリンク

スクラート胃腸薬を飲む際に気をつけることは?

スクラート胃腸薬を飲むときに気をつけることは、飲むタイミングです。


有効成分であるスクラルファートは、空腹時の胃粘膜に作用して傷ついた胃壁を修復していく効果があるので食後に飲むのでは効果が半減してしまいます。


食事の1時間ほど前に飲むか就寝前に飲むようにして、胃が空っぽの時に薬が効くように飲むタイミングを考えましょう。


また授乳中は配合されているロードエキスが赤ちゃんの脈を早めてしまうことがあるため、スクラート胃腸薬の服用は避けます。


胃痙攣などの治療で胃痛の薬を飲んでいる人は、スクラート胃腸薬を飲んではいけません。


例えばブスコパンなどの薬を処方されて医師の治療を受けている場合は、スクラート胃腸薬を飲むことで治療の妨げになりますので服用をやめてください。


胃が痛いときのみ使用して、常用しないようにコントロールしていくことも大切です。

まとめ

胃痛によく効く胃薬、スクラート胃腸薬についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?


スクラート胃腸薬は空腹時に有効成分が傷ついた胃粘膜を修復して、荒れた胃を治していく効果のある薬です。


用量用法を守って正しく服用していれば重大な副作用は極めてまれですが、たまに皮膚や消化器症状の副作用が出る場合があります。


胃が痛いときには薬を飲むことも大切ですが、きちんと原因を特定して対処することと生活習慣を整えて胃に負担がかからないようにしていきましょう。


生活改善とスクラート胃腸薬で、胃痛知らずの健康な状態で毎日を過ごしていきたいですね!

関連記事

ソルマックの効果・効能と副作用について解説

ドルチトール錠の効果・効能と副作用についての解説

ローカスタの効果・効能と副作用について解説

食べ過ぎた後胃が気持ち悪くなる原因と対処法について解説

胸焼けと吐き気が続いてしまう際の原因と楽になる方法について解説

スポンサーリンク