ニノキュア 効果 副作用




夏場、半袖やノースリーブを着ると気になってしまうのが、二の腕のブツブツですよね。


ローションやクリームを塗ってもなかなか改善されない二の腕のブツブツのせいで、せっかく開放的な気分になれる夏も楽しくありません。


そんな気になる二の腕のブツブツには、CMでもお馴染みのニノキュアが効果的ですよ♪


名前は聞いたことあるけど、どんな薬か詳しく知らないという人のために、ニノキュアの効果や効能、副作用についてまとめました!!

スポンサーリンク

ニノキュアはどんな薬?

ニノキュアは小林製薬から販売されていて、二の腕のブツブツをスベスベにしてくれるクリームタイプの皮膚軟化薬です。


一般医薬品の最大量である20%もの尿素を配合しているのが最大の特徴です。


第3類医薬品に分類され、薬局やドラッグストアで購入することが出来ます。

ニノキュアの成分は?

ニノキュアの主な成分は3つ!

・尿素…古い角質を除去して皮膚を滑らかにする

・トコフェロール酢酸エステル…血行促進、皮膚の代謝をUPさせる

・グリチルリチン酸モノアンモニウム…皮膚の炎症を抑える

以上3つの成分が、二の腕に出来たブツブツをスベスベにしてくれます。

ニノキュアはどんな症状に効果的?

ニノキュアは、

・サメ肌(毛孔性苔癬)

・ひじ、かかと、くるぶしの角化症

・手指のあれ

・老人の乾皮症

に効果のある薬です。



毛孔性苔癬とは、肌の代謝異常のせいで古い角質が毛穴に溜まってしまうことで、皮膚の表面が盛り上がってしまう症状のことです。


古い角質が毛穴に溜まることで、毛穴周辺が赤く炎症してしまうこともあり、乾燥でさらに症状が悪化することもあります。


ニノキュアは、尿素で溜まっている古い角質を取り除き、トコフェロール酢酸エステルで肌の代謝を正常に戻し、グリチルリチン酸モノアンモニウムで赤くなった炎症を抑えます。

ニノキュアは顔にも使える?

毛孔性苔癬は顔周りにもできやすい症状ですが、ニノキュアを顔に使用することは残念ながらできません。


その理由は、ニノキュアの特徴である20%も配合された尿素にあります。


尿素は角質を剥して肌を柔らかくする、いわゆるピーリングの働きがあります。


元から皮膚が薄い顔にニノキュアを使うと、さらに皮膚を薄くしてしまい、乾燥肌になってしまうこともあるんです。


また、20%もの尿素を含んでいることから、皮膚の薄い部分に塗ると肌がピリピリとしみたり刺激を感じることもあります。


そういった理由から、ニノキュアは顔に使用することが出来ません。

スポンサーリンク

ニノキュアは背中やおしりにも使える?

顔に使用することが出来ないニノキュアですが、背中やおしりに使用することは出来ます!


ニノキュアを使用しても大丈夫な部位は以下の通り。

・二の腕

・背中

・肩

・おしり

・ふくらはぎ

ひじ、ひざ、かかとの皮膚が厚くなり硬くなる角化症にも使用できます。

ニノキュアには副作用はある?

ニノキュアは副作用の起こりにい薬ではありますが、100%副作用が起こらないわけではありません。


ニノキュアの副作用は以下の通りです。

〈皮膚にみられる症状〉
・発疹・発赤
・かゆみ
・刺激感
・かさぶたのように皮膚が剥がれる


刺激感や皮膚が剥がれる症状は主に尿素の副作用と言われています。


上記のような症状が起こった場合には、すぐに使用を中止して医師や薬剤師に相談しましょう。

ニノキュアを塗る際に気をつけることは?

ニノキュアを塗るときには、

・目の周り、粘膜

・引っかき傷のような傷口、ひび割れ部分

・ただれや腫れなどの炎症している部分

には塗らないようにしましょう。



上記の部位に使用すると、副作用が起こりやすくなる可能性があるので要注意です。


また、尿素が20%も配合されているので、刺激に弱い敏感肌の人も使用する際には注意するようにしましょう。


ニノキュアを使用していて何か異常が見られた時には、すぐに使用を中止して医師や薬剤師に相談しましょう。

まとめ

気になるブツブツ肌に、尿素がたっぷり20%も配合されたニノキュアは効果的です!


まずは2週間使用してみることをおすすめします。


きっと、尿素の力を実感できることでしょう。


しかし、尿素が多く配合されているので、皮膚の薄い顔への使用は避けてくださいね!


正しい使い方で、開放的な夏に思いっきり半袖やノースリーブを楽しみましょう♪

関連記事

→手のひび割れが起こる原因と効果的な薬やクリームについての解説

→指のひび割れの原因と効果的な薬・クリームについて解説

アットノンはほくろや色素沈着、ニキビ跡にも効き目があるか解説

デリケアエムズの効果・効能と副作用について解説

ドルマイシン軟膏のニキビへの効果と注意点について解説

スポンサーリンク