カタセ錠 効果 副作用



体の栄養素の中で気になるものはなんですか?


ビタミンCの方もいれば、コラーゲンやアミノ酸、食物繊維など気になり、食事に取り入れてバランスよくとお考えの方もいらっしゃいます。



カルシウムはどうでしょう?


お子様からご年配の方まで気にされている方は多いです。


カルシウムときいてイメージされるのは、骨の強化ですね。


多い方が牛乳などを毎日飲んでカルシウムを補っていることです。



しかし、年齢とともに補わなければならないカルシウムも増えてきます。


骨へのリスクもあがってきます。


そんなときにおすすめが「カタセ錠」です。

スポンサーリンク

カタセ錠の成分は?

カタセ錠には沈降炭酸カルシウムが含まれています。


6錠に含まれている成分量はカルシウムとしては720mg含まれています。


一日に必要なカルシウムは約650mgです。


6錠で一日分のカルシウムとは心強いです。



ほかにもカルシウムの吸収を良くするためのリジン、ロイシンなどのアミノ酸を含むヨクイニンや食物中のたんぱく質を胃内で消化してアミノ酸を生成する消化酵素モルシンも含まれています。


そして、抗酸化作用があるビタミンEも含まれています。


カルシウムだけでなく、カルシウムの吸収を考えたカタセ錠です。

カタセ錠の主な効果・効能は?

ではカタセ錠は体にとって大事な栄養素を取りながら、かつカルシウムを効率よく補うことです。


先ほどもありましたが、アミノ酸も含まれています。


疲れやすい、虚弱体質でお悩みの方、食事などだけでなく栄養バランスの補給にと考えている方に効果があります。



もちろん、カルシウムもしっかり入っていますので骨粗しょう症にお悩みの方や、骨粗しょう症予防にカルシウムを効率よく体に吸収したいとお考えの方におすすめです。


妊婦さんはもしくは授乳中の方もカルシウムを子供に栄養として取られます。


カタセ錠はそんな体質上カルシウムが減りやすい環境にある方におすすめです。


ほかにも女性は特に40代超えると、骨密度が減ります。


男性より骨粗しょう症になる確率が増えます。


毎日魚や牛乳というわけにはいかないですね。


そんなときにおすすめします。

カタセ錠はアトピーに効果が期待できる?

カタセ錠はアトピーに効果があるのでしょうか?


残念ながら、カタセ錠自体にそのような改善効は記載がありません。


虚弱体質を変えたくてお飲みになることはおすすめしますが、アトピーは虚弱体質などと関係はありません。

メカニズムが違います。


アトピーでお悩みの方は、皮膚の炎症や体質などによっても治療法がかわりますので、しっかり専門医に受診してください。

スポンサーリンク

カタセ錠の副作用は?

カタセ錠は、医師の治療を受けている方は、飲む際は医師へのご相談をおすすめします。


服用中、体の増強気味や動悸なども感じましたら、服用はおやめください。


医師への受診をしましょう。


服用を持続しても改善効果が見られないときも服用はおやめください。

カタセ錠を飲む際に気をつけることは?

5歳未満の方は服用しないでください。


5歳以上から1日2回服用できます。


年齢に応じて服用する量が変わりますので、用法用量をお守りください。



そして、こちらは錠剤です。


お子様が錠剤を苦手な場合は、無理して服用させないでください。


お子様が服用する際は、親の管理の下に服用してください。


成人は、1回3錠です。


1日6錠で一日分のカルシウムが補えます。


勝手に量を決めないでしっかり用法をお守りください。


即効性はありませんので、すぐの期待はやめましょう。

まとめ

カルシウムは年齢とともに非常に摂取しづらく、しかし体に大事な成分になります。


元気な足腰の維持や骨折など防ぐために、カルシウムは大切な成分です。


食事で毎日補うことが出来ればいいのですが、実際は難しいです。



もちろん、疲れやすかったりする体質も改善できてカルシウムも吸収できるなら心強いお薬です。


食事とうまくバランスと取りながらカタセ錠を取り入れて元気な毎日を過ごしましょう。

関連記事

ヨクイニン錠の効果・効能や副作用について解説

→うどの栄養価やからだへの効果効能についての解説

ツムラの女性薬ラムールQの効果・効能や副作用について解説

→生姜ココアがどんな症状に効果が出るのか解説

命の母aの効果・効能や副作用について解説

スポンサーリンク