背中 ゾクゾク 原因 病気



背中周辺に掛け、また頸椎辺りから急にゾクゾクとした震えのような、寒気を伴ったガクガクとした症状を経験された方は多いと思います。


その際、普段より体温が高めで、一般に言われる風邪の症状があるならば、風邪薬や近場の内科を受診して治療をすれば良いのですが、逆に熱も平熱に近く、飲食も普通に摂取し、風邪の症状も生じないと、不安になってより心配になってしまいます。


個人差もありますが、ゾクゾクとする頻度が増す時は、他の病気を招いている前兆の可能性もありますので、気になる時は風邪と決めつけずに、医師や薬剤師に相談してみてみる事も大事な治療の第一歩です。

スポンサーリンク

背中がゾクゾクして落ち着かないときに考えられる原因・病気は?

原因1

季節性もありますが、病原体である細菌やウイルスなどの感染で生じるインフルエンザや、女性に多い尿路感染での膀胱炎や、腎盂腎炎を起こしている事が考えられます。

いずれも、悪さを及ぼす菌が体内に侵入する事で、急に背中がゾクゾクとし始め、稀に寒気を伴う高熱や、関節痛、怠さが身体全体に広がり、呼吸器・泌尿器障害を招く事があります。

また、呼吸器・泌尿器障害以外にも、隠れ脳梗塞や微量の脳内出血があると、体温を調節する脳視床下部に異常を起こし、初めの感覚としては、背中にゾクゾクとした落ち着かない感じと、寒さを感じますが、体内では意識障害や運動麻痺を起こしやすくなり、徐々に熱発から体温中枢機能が低下して、高熱が出てしまいます。

原因2

主に女性ホルモンに関連しますが、生理時の黄体ホルモンの働きが弱まると、体温は人によっては生理前後で1℃以上あるとされていて、女性の身体はかなりのストレスが重荷となっていて、体温に乗じて精神神経面でも過敏に反応する為に、背中にゾクゾクとした寒気を感じやすくなります。

さらに、年齢と伴に卵巣機能低下で生じるエストロゲンホルモンの分泌が抑制されると、自律神経失調症になりやすく、体温調節が難しくなる事で、背中でゾクゾクとした寒気に加えて、発汗やほてりが生じ、倦怠感や頭痛を伴い、更年期障害とされる事があります。

原因3

身体的にストレスを溜め込みがちな方や、栄養のバランスに乱れがある方、不眠が継続されている方は、特に背中にゾクゾクとした感じを覚え、落ち着きがなくなるといった集中力が欠けて、精神がやや不安定に陥る傾向があるとされています。

栄養バランスが崩れると、血液の循環が悪くなり、各臓器に栄養や酸素が供給されにくくなりますので、背中の筋肉も意識に反して緊張し、ゾクゾクした感じと固さを増してしまい、体表面の体温は低下し、背中周辺の部位等にも悪い影響を及ぼしてしまいます。

スポンサーリンク

背中がゾクゾクする時の対策は?

対策1

背中がゾクゾクする時は、一般的に風邪の症状が、前後で起きて無いかの確認を行い、あれば風邪薬や医療機関での治療になりますが、風邪に似た症状が様々ありますので、ゾクゾクとする感じが継続する場合は、自己判断せずに医療機関の受診をお勧めいたします。

対策2

背中がゾクゾクする時は、室内間の移動時、外気温と内気温の変化によって、神経や筋肉の収縮、血管血流の流れの差異により、中枢神経が近い背中部分にゾクゾクとした感じが伝達されてしまいますので、気温の寒暖に注意する事が大事です。

気温の寒い冬場の季節だけではなく、冷房が効き過ぎた夏の暑い時期にも、体内の温度調整機能である中枢神経に異常をきたす恐れもありますので、環境に対応できる衣類を持参されるのも一つです。

対策3

背中がゾクゾクする時の一つに、精神的なストレスが関わって、自律神経の一つである、交感神経の高揚にあるとされています。

精神的ストレスは、主に筋膜に溜まるとされているので、ストレッチ体操から軽い歩行運動、水泳など身体に負荷の掛らない軽運動を、定期的に行う事で筋膜を発散させ、ストレスを解消させる事も対策の一つです。

また、交感神経を抑制させて副交感神経を優位にするには、入浴やシャワーで頸椎部分に軽い刺激を与えると良いとされていますので、入浴も食事や睡眠と同様に、精神面を安定させるには良い事なので、入浴の際には、適温(41℃前後)にして、一日の疲労回復を定期的に行ってみて下さい。

スポンサーリンク

予防するために日常的に気をつけることは?

背中がゾクゾクする事は、あまり気にしない方が多いと思いますが、意外に精神的なストレスや、その影響に近い自律神経系の障害が原因となっている事が多いようです。


健康に自信がある方でも、生活上異常をきたす事もあり、病気を発症してしまいます。


その為に、日頃から生活習慣病にならない為にも、バランスの良い栄養摂取・運動・睡眠・衛生面に留意されて、新陳代謝を活発にして全身の筋肉が緊張しないようにリラックスした状態が保たれるように気をつけたいものです。

まとめ

背中のゾクゾクとする症状は、個々人それぞれの原因があると思いますが、放置しておくと、風邪の症状では治まらない病気になってしまいます。


その症状の度合いにもよりますが、長期的に継続する場合や、同時期に他の部位にも異常が診られたら、自己判断は禁物ですので、医療機関や近くの調剤薬剤師に相談される事をお勧め致します。


ゾクゾクした寒気にお悩みの方にはこちらの記事もおすすめです
→頭痛と吐き気と寒気があるけど熱は出ない時の原因と対処法について解説

腹痛と吐き気と寒気があるけど熱は出ないときの原因と対処法についての解説

スポンサーリンク