八味地黄丸 効果 副作用



加齢とともに感じる体の衰え、何とかしたいですよね。


とくに下半身の衰えは足腰だけでなく泌尿器官にまで影響が出るので、少しでも改善したいものです。


そこでお勧めしたいのが八味地黄丸という漢方です。


昔から若返りの秘薬とも言われている八味地黄丸とはいったいどんな薬なのでしょうか?


効果や効能、副作用などをまとめました。

スポンサーリンク

八味地黄丸はどんな薬?

八味地黄丸とは体の弱った機能、特に下半身の機能を補う漢方です。


体の機能の低下を改善するということで、一般的には高齢者向けの薬と言われていますが、最近は不妊や糖尿病にも効果があると注目を集めています。

八味地黄丸の成分は

八味地黄丸は名前にもある通り、地黄を中心とした8種類の生薬を配合した漢方です。

・地黄(ジオウ)…貧血を改善

・山茱萸(サンシュユ)…滋養強壮

・山薬(サンヤク)…滋養強壮

・茯苓(ブクレイ)…体内の水分循環を向上させる

・沢瀉(タクシャ)…体内の水分循環を向上させる

・牡丹皮(ボタンピ)…血の巡りを良くする

・桂皮(ケイヒ)…体を温める

・附子(ブシ)…体を温める

八味地黄丸の効果・効能は?

上記の成分の働きから、八味地黄丸には体を温めて全身の機能低下を元に戻す効果があります。


具体的には、

・疲労感や倦怠感

・尿量減少または頻尿

・口が乾く

・手足に対して熱感と冷感を相互に感じる

つまり、加齢による足腰や泌尿器官の症状に効果的なんです。

スポンサーリンク

八味地黄丸は不妊に効果が期待できる?

八味地黄丸には加齢による体の機能の低下を改善する効果の他に、不妊にも効果が期待できると言われています。


不妊と聞くと女性に原因があると思われがちですが、実は不妊の半数は男性側に原因があるんです。


日本では10組に1組が不妊であると言われていて、そのうちの半数が男性が原因の不妊であることが分かっています。


特に最近は不妊に悩む夫婦が増えているので、男性が原因の不妊を改善できるとしたら嬉しいですよね。


八味地黄丸はすべての不妊男性に効果があるわけではありませんが、以下の3つの効果が期待できるそうです。

・精子の濃度が濃くなる

・精子の運動率が上がる

・勃起不全の改善

八味地黄丸には血行促進作用のある牡丹皮が含まれているので、血行が良くなることによって勃起不全で悩む男性には効果が期待できそうです。

八味地黄丸は糖尿病にも効果が期待できる?

体の機能の低下を改善し、男性の不妊にも効果が期待できる八味地黄丸ですが、このほかに糖尿病にも効果が期待できるんだそうです。


そもそも糖尿病とは、食べ物から消化・吸収されたブドウ糖が体内胃で使われずに結集にブドウ糖が増えてしまう病気で、主にインスリンの分泌量や働きが、肥満や運動不足、過食などによって鈍くなることが原因です。


八味地黄丸は糖尿病の症状でもある口の渇きや多尿・頻尿にも効果があることが、動物実験などから確認されています。

八味地黄丸には副作用がある?

八味地黄丸は漢方ということで副作用は起きにくいと言われていますが、まったく起こらないと言うわけではありません。


八味地黄丸を服用した際に以下の症状が出た場合には服用を中止して医師や薬剤師に相談しましょう。

・胃の不快感、食欲不振、吐き気

・動悸、のぼせ、舌の痺れ

・発疹・発赤、かゆみ

・肝機能の異常

八味地黄丸を飲む際に気をつけることは?

八味地黄丸は体力があり、暑がりでのぼせのある人にはその効果が強く出過ぎてしまうため服用はお勧めできません。


八味地黄丸に含まれている附子とは、毒があることで有名なトリカブトの塊根を弱毒したものです。


漢方として古くから親しまれていますが、多量摂取すると動悸やのぼせなどの症状が出るので、八味地黄丸を服用する際には附子を含む漢方や食品との飲み合わせ・食べ合わせに十分注意する必要があります。


また、医師の治療を受けている人は服用する前に必ず医師に相談するようにしましょう。

まとめ

若返りの秘薬とまで言われている高齢者向けの漢方・八味地黄丸ですが、その効果は近年不妊や糖尿病などにも効果が期待できると注目されています。


生活習慣病とも言われ、決して珍しくない糖尿病や、近年増えつつある男性不妊にも効果があるのは嬉しいですよね!


最近体力が落ちたなぁ。
下半身に力が入らないなぁ。


そんな人はぜひ八味地黄丸をお試しください。

関連記事

レオピンロイヤルの効果・効能や副作用について解説

温経湯の効果・効能と副作用について解説

松寿仙の効果・効能や副作用について解説

補中益気湯の下痢に対する効果・効能と副作用について解説

レディガードコーワの効果・効能と副作用についての解説

婦宝当帰膠の効果・副作用・飲み方についての解説

ツムラの女性薬ラムールQの効果・効能や副作用について解説

スポンサーリンク