ウィズワン 効果 副作用

ウィズワンはどんな薬?

ウィズワンは、植物性便秘薬で、良く言われる便秘薬の服薬方法の難しさを軽減し、初めて便秘薬を服薬される人向けの、生薬と乳酸菌配合便秘治療薬です。


さらには、今まで数種類の便秘薬を服用されても効果が得られなかったり、その便秘が原因で、何らかの支障が起きて胃腸の調子が悪くなり、肌荒れ・吹出物・膨満感など腹部周辺の不快感を持たれる方にも使用し易い、便秘治療薬です。


特徴として、ウィズワンに含まれる有効成分である植物繊維プランタゴ・オバタ(3000mg)は、便の水分を吸収し柔らかくする働きと伴に、便の量を同時に膨張し増す作用と、生薬であるセンノシド(83.53mg)とカスカラサグラダ(53.6mg)と言う成分が、腸内のぜん動運動を促進して、便通を良くしてくれます。


このように、ウィズワンの2つの含有成分の作用効果によって、大腸が直に膨張しながら刺激されるので、他の便秘薬と比較すると、お腹が痛くなりにくいと言う特徴があります。


ウィズワンは、シリーズ商品(4つの風味)としてゼリア新薬から発売されている市販薬で、チョコレート風味である“新ウィズワン”と、ピーチ風味の“ウィズワンアルファ”、グレープフルーツ風味の“ウィズワンエル”、ヨーグルト風味の“ウィズワンプラス”があり、個々に服薬しやすいスティック細粒・顆粒タイプの第2類医薬品(ドラッグストア・調剤薬局で購入)に属する便秘薬です。

スポンサーリンク

ウィズワンはどんな症状に効果的?

便秘持ちの方をはじめ、便秘症状が継続して、お腹にガスが溜まりハリや、ポッコリとした膨満感で腹部に不快な症状と、肌の荒れや吹出物で皮膚にトラブルが起きて、精神的に憂鬱な日々を過ごされている方に向けて”自然に近いお通じを”とのコンセプトで商品化された便秘薬です。


新ウィズワンは便秘症状が出始めて日が浅い方、ウィズワンプラスは、便秘によって肌が荒れたり吹出物が気になる方、ウィズワンエルは、乳酸菌を含有しており整腸作用を促したい方、ウィズワンプラスは、膨満感やハリがあってガスだまりを除去したい方向けと、その時の症状によって効果がある商品を選択できます。


【効果】便秘や、便秘で生じる肌のトラブル、腹部の膨満感や腸内異常発酵等の諸症状緩和

ウィズワンを飲むタイミングは?

ウィズワンを飲むタイミングは、添付されている服薬用法用量によると、食後に服薬して下さいと明記されていて、症状等の個人差はありますが、服薬後6〜12時間後に作用があらわれるとされています。


ウィズワンには4種類のタイプがありますが、何れにしても便秘の改善が最優先で、それを取り除く事で自然に近い生体環境が生まれます。


まずは、排便反射が一番あるとされている早朝時に合わせた服薬をされ、その後にご自分なりの飲む時間や量をコントロールされる事が、効果的な結果を得られる事と思います。

スポンサーリンク

ウィズワンの副作用にはどんなものがあるか?

ウィズワンを服薬する時は、定められた用法・用量を遵守している限り、便秘薬としての安全性は高いと言えますが、第2類医薬品指定の薬ですから、稀に副作用が生じる場合があります。


ウィズワンを服用した場合に、皮膚系部分として発疹・発赤、かゆみが生じる可能性と、消化器系として、はげしい腹痛や吐き気・嘔吐があると明記されていますので、アレルギー症状を起こした事のある方や、既に腹痛や胃腸に異常がある方は、ご注意頂きたいと思います。


またウィズワンを服用後、体調に異変を感じた際には、服用は止めて頂き、医療機関や購入された店舗の薬剤師に身体の変調を伝えてご相談して下さい。

ウィズワンを飲む際に気をつけることは

ウィズワンは、既往症が無い方には急に副作用が起きる薬ではありませんが、医薬品である事から次の項目に該当される方は、服薬時にご注意頂きたいと思います。

①既往症で医師から治療を受けられている方

②本剤の長期間の服用をされ、効果が得られない方

③授乳中や、妊婦や妊娠をしている方

④アレルギー症状がある方(過去にもあった方)

⑤吐き気や嘔吐、腹痛の症状が既に出ている方

などの諸症状がある方は、初めに医師や薬剤師と十分なご相談をされて、服薬を開始した方が良い場合がありますので、その都度状況に応じてお決めになって下さい。


また、ウィズワンは、年齢で服薬量を明記しています。


3歳未満の方の服用はしない事と明記されており、15歳以上の方は便通の具合や状態に応じて、1回の服薬量3/4~1包、11歳~15歳未満の方は1/2~2/3包、3歳~11歳未満の方は1/4~1/3包を、1日1~3回食後に服薬して下さい。


ウィズワンを服薬する時は、口に入れて噛まずに、多めの水・ぬるま湯で服用して頂き、制酸剤・牛乳・ジュース類や他の飲食材と一緒に飲む事や、服薬する前後のアルコール類の飲酒はしないように定められた用法用量の服薬をなさって下さい。


なお、高齢者や小児童が服用する際は、薬が咽や食道気管等に付着して詰まらない様、口内を潤してから飲まれるよう気を付けて頂き、特に初回の服薬時は最少量で試され、通便や体調の具合をみながら増量・減量をおこなって下さい。


また、ウィズワンを服用後、個人差はありますが含有成分であるセンノシドの影響で、排尿色が黄褐色や、赤色になる事がありますが、ご心配はいりません。


ウィズワンの保管場所は、品質管理上、直射日光が当たらず湿気のない涼しい場所へ保管し、小児の手の届かない場所への保管をお願い致します。


また、誤用の原因を防ぐためにも、他の容器に移し替える事は控えるように保管なさってください。

まとめ

ウィズワンは、副作用が少なくお腹の不快感や痛みを取ってくれ、腸に直接作用する便秘薬で、更にその症状に合わせた4タイプ構成で、顆粒にも風味が付いている飲みやすい薬です


服薬に関する用法・容量は明記されていますが、服薬当初はその効果が得られない事が多いと思いますが、その際には、購入先の薬剤師や、医療機関にご相談頂き、ご自分に合った服薬法を見つけ出すとともに、食事内容など生活習慣の改善も考慮に入れ、服薬されると効果がより得るかと思います。

関連記事

イチジク浣腸の効果・効能と副作用についての解説

カイベールCの効果・効能と副作用について解説

サクロンQの効き目と副作用について解説

大草丸の効果・効能と副作用について解説

大草丸の効果・効能と副作用について解説

スポンサーリンク