エキザルベ軟膏 やけど 虫刺され 効果 副作用



エキザルベ軟膏には、ステロイド系抗炎症薬に、混合死菌浮遊液が加わり、軽度のやけど・アトピー性皮膚炎・虫刺され・湿疹等、皮膚の炎症を抑制する淡黄色した油性軟膏剤です。


抗炎症薬としては即効性があり、また傷ついた皮膚の再生を促す肉芽形成促作用と、混合死菌浮遊液と呼ばれる、感染を防ぐ局所感染防御作用により、炎症を抑制しながら皮膚の復生を図ります。


ご存知の方は多いと思いますが、ステロイド薬は、副腎皮質ホルモン剤ですので、強度な抗炎症作用を持っていますが、使用する事で副作用を発する危険性のある事も事実です。


ステロイド剤を使用中は、ステロイド成分が一時的に身体の免疫力を下げてしまう可能性がある為、エキザルベ軟膏を使用するには、医師の処方箋が必要になってきますので、市販薬を扱っている通常の調剤薬局や、ドラッグストアでは購入できない塗り薬です。


また、エキザルベ軟膏は、各種ステロイド系の外用抗炎症薬で、5段階の薬効基準の最も薬効が弱いⅤ類で、老若男女に処方可能となっていますが、使用に当たっては、医師や薬剤師に症状の経過等を報告しながら治療する事をお勧め致します。

スポンサーリンク

やけどにどのように働く?

やけどにも、医療機関を受診しなければいけないレベルから、軽いやけどの症状と様々ありますが、エキザルベ軟膏の使用に当たり、医師の診断でやけど重症度2度以上の場合、使用は控えるようになっています。


エキザルベ軟膏は、やけどを治療する働きとして、炎症を抑制する糖質コルチコイドの一種である、ヒドロコルチゾン成分と、やけどで覆った皮膚の肉芽形成を促進する、混合死菌浮遊液と一緒になり、やけどの治療を優位あるものにします。


機能の働きとしては、炎症を抑制する代わりに身体の免疫力が低下してしまう副作用が生じやすくなりますが、それを補う為に、あまり聞き慣れない死菌浮遊液と言う物質が配合され、細菌の死骸が含まれた浮遊液により、低下した免疫力を高くし、感染症を患わないような働きをしています。

虫刺されにどのように働く?

エキザルベ軟膏は、虫刺されに効くとされていますが、虫刺された部位によっては、効果があまり得られない事もあります。


これは、エキザルベ軟膏の成分の事ではなく、身体には皮膚が厚い部位と、薄い部位がありますので、薬の吸収率の違いによって生じてしまいます。


虫刺されで怖いのは、刺された部位と、虫の種類とその毒素成分の反応ですが、エキザルベ軟膏は、白血球を活発にして、刺された炎症部位を消炎しながら、死菌浮遊液と言う物質が感染・化膿の防止を行い、免疫力を向上させていく働きをします。


一般に、刺された部位の皮膚の薄い(顔・首)と、厚い(手・足)部位では、エキザルベ軟膏の処方内容に違いがあるはずですので、医師や薬剤師とご相談してお使い下さい。

スポンサーリンク

副作用はある?

エキザルベ軟膏は、ステロイド薬効としては、最も作用が弱いⅤ群になっていていますが、副作用は弱いながらあります。


したがって、エキザルベ軟膏を塗る時は、処方箋で定められた用法・用量を遵守してお使い頂きたいと思います。


副作用としては、免疫力が低下しやすくなり、それに伴って皮膚系として(真菌感染・発疹・発赤・色素沈着・刺激感)、消化器系として(特に小児や胃腸が弱い方に下痢)など生じる可能性があります。


また、ステロイド剤は即効効果が有る反面、皮膚の毛細血管の拡張で生じる赤みの炎症から、再発がしやすくなる報告があるようですので、長期間の連用は避けた方がよさそうです。


重篤な副作用の発症頻度は低いとされていますが、ステロイド剤を用いると、肝臓や腎臓に負担が罹かり、黄疸や肝機能障害を起こす危険性もありますので、塗布時はご注意願いたいと思います。


エキザルベ軟膏を使用後、体調に異変を感じた際には、使用は止めて頂き、医療機関や調剤薬局の薬剤師に身体の変調を伝えてご相談して下さい。

スポンサーリンク

塗る際に気をつけることは?

エキザルベ軟膏は、ステロイド剤で即効作用があり、急に思わぬ副作用が起きる事も考えられますので、次の項目に該当される方は、診察時に医師にご相談した後に処方して頂き、塗る際にもご注意頂きたいと思います。

① 他の疾患で、医師から治療を受けられている方
② 以前にエキザルベ軟膏を長期間使用し、効果が得られなかった方
③ 授乳中や、妊婦や妊娠をしている方
④ アレルギー症状がある方(過去にもあった方)
⑤ 高齢者の方(新陳代謝機能と、免疫力機能の異常に注意が要します。)
⑥ アトピー性皮膚炎やその要因があると診断を受けた方
⑦ 現在皮膚感染症の方
⑧ 湿疹や軽度のやけど等、通常の皮膚炎ではない、帯状疱疹・単純疱疹・真菌症・凍傷などと思われる症状の方

また、用法・用量は、医師の処方箋通りに行って下さい。


保管場所は、品質管理上、直射日光が当たらず湿気のない涼しい場所へ保管し、使用期限の過ぎた商品は廃棄し、小児の手の届かない場所への保管をお願い致します。


使用中は、他のステロイド剤など、エキザルベ軟膏と同種成分が含有されている薬の使用は、基本的にお辞めください。注)含有成分によっては服薬が可能な医薬品もありますので、医師や薬剤師にご相談下さい。

まとめ

エキザルベ軟膏は、ステロイド配合薬で、合成副腎皮質ホルモン剤の一つですが、副腎皮質ホルモンは、腎臓の上辺りにある副腎より分泌されていて、その効用の一部を薬として使用しています。


人間の身体から分泌されている液を、薬として使用できる医学や化学の進化は素晴らしい事ですが、一端、ステロイド剤と言われると身を引いてしまうのも、人間のさがなのでしょうか。


現在の医学界におけるステロイド剤処方の有り方は、症状にもよりますが、短期間に限られて使用されると言われていますので、医師や薬剤師の指示に従って使われると、副作用の心配も軽減されると思います。


更に、即効性があるので、勝手に治療を途中で止められる方も多いと言われていますので、それを含め、再診して症状の回復度を確認しておく事が良いと思います。


やけどにお悩みの方にはこちらの記事もおすすめです
ドルマイシン軟膏のやけどへの効果と注意点についての解説

スポンサーリンク